■ 眉 毛 の 秘 密 ■

シェパード親子と暮らす犬訓練士の、気まぐれ日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

セルの闘病記録 「1・病気の兆候」

sell4
 ・・・ 犬の「甲状腺機能低下症」という病気の闘病記録です ・・・


 セルが最後に教えてくれた事、順に書いていこうと思います。


 最初に体調に変化があったのは4月の中頃。
元気も食欲もあってお腹の調子も問題なし・・・なのに、いつもと何かが違う感じ。何だろう?

 普段のセルは、家でボーッとしてたりゴロゴロ昼寝をしていても、何と言うかとても力強い・動じない気配(呼吸だったり足運びだったり精神的な強さだったり・・・いろいろ)があるのですが、それが薄らいだ感じ。
sell5 運動がてら訓練で動かしても何となく力強さに欠けました・・・が、作業に対する意欲的な姿勢は以前と変わらず、10歳でも喜んで1m障害を飛んで見せます(競技は引退してるので時々しかやりませんでしたが。画像は以前の競技会での障害飛越の様子です)。
具合が悪いと言える要素は何もなかったので、セルも随分老けたな~・・・と思いつつ、いつもどおりの日々を過ごしていました。

 そんな感じで、最近何だかイマイチだなと思い始めて2週間。
歩行時のチカラの無さが前よりやや増してきた感じ(少し貧血気味かな?)がする中、他の犬の訓練で吠える練習をしていると、車内で待ってるセルはいつも決まって吠えてしまうのに、何故か声がせず。
諦めて大人しく寝てるのかと思いきや、早く自分も出して(訓練して)よ~とウズウズする素振りは見せていました。
セルも動かしてやろうと車から出し、訓練科目をやりながら遊んでいましたが、その時初めてはっきりとした異変に気付きました。

 「吠えない」のです。
正確に言うと、「吠えれない」。

sell6 吠えろの命令には喜んで応じようとし、前脚をピョンピョン跳ね上げて吠える仕草をしますが声が出ない。声が出そうになるとむせてしまう。
今までのセルではありえない事です。
(画像は防衛競技中の禁足咆哮の様子)

 喉か、気管か、肺か・・・そこら辺の異常の可能性大なので病院へ行くと、何やら喉に炎症がおきてデキモノがあるかのように腫れているとの事。
それと、やはり僅かに貧血気味で「チカラの無さ」はこちらが原因。
 喉の炎症の影響で貧血が起きてる確証はないが、可能性はありとの事なので炎症を抑えるお薬を処方してもらい経過を見ることとなりました。

<つづく>

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

  1. 2007/08/13(月) 23:40:42|
  2. 犬の健康と病気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<気温、館林で40度!? | ホーム | 雪遊びの画像でも・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mayugeshepherd.blog96.fc2.com/tb.php/8-6bceea6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。