■ 眉 毛 の 秘 密 ■

シェパード親子と暮らす犬訓練士の、気まぐれ日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

7月、セーファ君親戚集合!【1】

9月も終わりに近付いていますが、、、、夏の出来事の記事がまだ全然アップできてないので順に書いていきたいと思います。
090923-2
まずは7月。
お預かり訓練中のセーファ君が、予定訓練期間も残り一ヶ月を切る頃。  うちのグランドに、セーファ君の同胎犬ミエルちゃんと叔父犬に当たるQ太郎君が遊びに来ることに!(^^)
そんな出来事もあって、セーファ君関連はいろいろ書きたい事が盛りだくさんなので、回を分けます。
とりあえず今回は 【1】 として、しつけ関連の話題です。

写真右、Q太郎君 →

セーファ君はQ太郎君の飼い主さんであるHEROさんのおうちで産まれました。
HEROさんは私が訓練士になる以前からの友達で、そんな繋がりもあってセーファ君をお預かりさせていただいております。  ・・・が、HEROさんが他の訓練所ではなくうちを推薦して下さったのは、知り合いだからというだけではない、と教えてくれました。 
それはやはり、狼犬という特殊な犬種なので何十頭もの沢山の頭数を同時に扱っている所よりも、ある程度少数できめ細かく、家庭的しつけにも対応してくれる方が良いから・・・とのことでした。
・・・そうやって言われて見ると確かに、うちは一般的な訓練所とはちょっぴり違うのかも?

訓練は当然、リードを付けて一つずつ教えていきますが、訓練以外の遊び時間では他の犬や人も交えてノーリードで思いっきり遊ばせ、犬達が自由にしている中、飼い主同士がお菓子つまみながらお茶したりが当たり前。
・・・そういう中でも犬達の行動には常に注意を払い、
◆犬同士の年齢・性別・去勢の有無に関係なくケンカせず穏便に振舞えること
◆初対面の人でも男性女性問わず普通に接すること
◆置いてある食べ物や荷物に勝手に手を出してはいけないこと
◆机や椅子・植木・訓練道具などへのマーキングはしてはいけないこと
そして◆呼ばれたらどこで何をしててもすぐに戻ってくること
・・・などをしつけています。 
090923-6 
 ← 遊びに夢中で白目まで出ちゃうセーファ君(笑)
  でも、こんな時でも呼びに応じるように日々訓練。

普通訓練所というと、ケンカを避けるために預かり犬はよその子とは一切遊ばせない・・・というのは一般的ですし、訓練はするけどしつけはしません、しつけは家で自分でやってください・・・っていうのも当たり前。
うちみたいに毎日自由時間を与えて、毎日泥だんごになるほど
遊ばせちゃうような所はあんまり無い・・・というか特殊かもしれません(^^;) 
 
私自身も、家庭で必要なしつけは飼い主がやるのが当然と思っています。
ただ、生後4~5ヶ月のうちから預かるとなると、まだ家庭でのしつけも中途半端であろう月齢ですから、その時期から訓練をさせて頂くからには帰宅してから「困った!」という事態にならないよう、身に付けさせておいて損は無いしつけ(笑)に関しては(ハウスや無駄吠えをさせないなども)一通り教育することにしています。

さて、セーファ君の場合。

少しですが狼の混じった犬という事で、狼犬でよくあるシャイで他人が触れない犬にならないか?という心配が有りましたが幸いとてもフレンドリーでその辺は特別意識しなくても色んな人との接触を絶やさない事で馴致できていました。
090923-1
他の犬に対しては、お預かりし始めた当初、自由時間に犬同士遊ばせた際にマウンティングがかなり見られました。
これは、自分の強さの誇示というよりは、周りの犬達の中での自分の地位(順位)が分らないので自分の存在をアピールする・・・というような行動ですが、叱らず放っておくと強さ誇示の為のマウントもするようになってしまうのでかなり厳しく叱りました。
この行動は他の犬種でもよく見られますが、してはいけないと理解するまで、セーファ君は若干しつこかったです(笑)。

そして狼犬の特徴として「食に対して貪欲」というのがありますが、セーファ君も例にもれず食欲旺盛!
この特徴は、盗み食いや人間からの食べ物の強奪を覚えてしまうと厄介ですが、利用の仕方次第ではしつけや訓練に大変有利に働く特性と言えます。
セーファ君の場合、最初からがっつき癖を抑制する為に餌の時の「待て(いわゆる、おあずけ)」を徹底しました。 それにより、テーブルの上の物には手を出してはいけないことは素直に理解してくれました。
また、訓練の時に褒美として餌を使用し、常にアイコンタクトを取る事を教えたので歩行中飼い主に注意を払う習慣をつけることで、拾い食いを回避出来るようにしました。

090923-7呼び戻しの練習は基礎は餌を使用しましたが、その後の応用編(いつでもどこでも、遊んでる最中でも呼ばれたら戻る)はリングリードを使ったりして強制もしました。

その他、いろいろな訓練をしてみて、体力的にも精神的にも非常にタフで、訓練士的視点からみて、訓練していてとても楽しいと感じられました(^^)

 ← セーファ君の同胎犬、ミエルちゃん

で、話が戻りますが。。。
このような訓練のしかたや、しつけを行う必要性など、HEROさんも同じような考えをお持ちで・・・それと平行してよく話題になるのは、「狼犬は、決して訓練が入らない犬ではない」ということ。
確かに、個体によってはシャイが強く馴致が難しい場合が有りますが、必ず訓練は入ります。
ただ、それにはその犬の特性を十分理解しその個体に合った対処をするのが必要不可欠。
ですから『訓練が入る=一般の飼い主さんが何の知識も無く問題なく飼える』と誤解されては困るのですが、最初から訓練は入らないとか、必要ないとかって言うのはやっぱり違うと思います。 

。。。セーファ君親戚集合!【2】へつづく。。。

 ▼ 息抜きにどうぞ   『 セーファ君を探せ! ・ 1 』   さて、どこでしょう?

090923-3 


 ▼    『 セーファ君を探せ! ・ 2 』
 
090923-4


▼  おまけ(笑)
 
090923-5

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:犬イベント・オフ会など - ジャンル:ペット

  1. 2009/09/24(木) 02:01:55|
  2. 犬達の訓練状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<セーファ君親戚集合!【2】 | ホーム | 大物になりそう!?>>

コメント

餌に対する執着はほんとに凄いですよね(^^;)

無駄に騒いだら叱られるということと、静かに待てなければ餌は貰えない(=静かに待てたら貰える)というのを学習させられれば騒がなくなるのですが・・・。
お預かり中はとにかく騒いだら叱り、他の犬が餌を貰っているのを横目に見つつ我慢我慢我慢・・・・・・という、セーファ君にとっては地獄の様な(爆)方法で静かにしなければ、というのを教えました。
てんてんさんちでは、叱られてもへっちゃら!という状態になってしまって騒いでしまうのだと思うので、別の作戦で騒がないようにさせたいですね。

ちょっと、新しい作戦(練習方法)を考えますので、作戦がまとまったら改めて連絡入れます。
  1. 2009/09/28(月) 21:52:15 |
  2. URL |
  3. Kei@管理人 #iR/dOgdI
  4. [ 編集]

わ~い、シェパまみれのセーファ!

ずばり、帰ってから、マウントのマの字もしませんし、餌のマテは完璧です。
宅配便が来ようと、宗教が来ようと吠えません。

…ただし、餌は狂ってしまいましたv-12
そして、太りましたv-16
ごめんなさい。ごめんなさい。

お写真の楽しそうなセーファを見ると、懐かしいです。
大きな犬・・・・何処に消えたの??
話ではレトリーバーやウンチしたまま拾わない飼い主のシェパとか居るらしいのですが、見掛けません。
仕方ないので、私が幼少時にセーファ釣りに使った縄で犬釣りしてます。
でも、何故か私もセーファも痩せませんv-11
  1. 2009/09/28(月) 12:50:24 |
  2. URL |
  3. てんてん #y.9Dhe3U
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mayugeshepherd.blog96.fc2.com/tb.php/71-d406775f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。