■ 眉 毛 の 秘 密 ■

シェパード親子と暮らす犬訓練士の、気まぐれ日記です。

お疲れ様、グレイ

glay1我が家で生まれ、幼少時代は一番の暴れん坊だったグレイ。

いつの間にやら最長老となり、昨年末16歳の生涯を終えました。
度を越えた猪突猛進型、そのくせ度を越えた臆病者・・・ときて
日常管理では、10歳を超えて老いによる落ち着きが出るまで
何かと手を焼いたこともありましたが。。。
でも、今になってみれば一切の病気知らずで元気に過ごし、
亡くなる2日前まで食欲も普通で、排泄も最後の最後までしっかりしてて
家族の手を煩わず事がありませんでした。
何だか、別れを惜しまずサッパリと天国へ行ってしまった感じですが、
きっと天国のチャッピーや兄弟達の元へ 一目散に駆け寄って行ったんだと思います。
グレイ、16年間お疲れ様。

gray2ところで。
グレイが16年間病気知らずで元気に過ごした理由・・・
特定の疾患を持たない『雑種』であったことも一つだと思いますが、
後天的理由としてはやはり食事内容が大きかったのではと感じています。

グレイは、母犬チャッピーの代からそうなんですが、
人間の食事を作る際に出る野菜の皮や残り物などを煮た
『犬ごはん』をフードと一緒にほぼ毎日食べていました。
gohan必ず肉か魚を入れて一緒に煮ていたので、犬達は
野菜の芯だろうと大喜びで食べていました。
本格的な犬用の手作り食と違って、
ほんとに余り物のごった煮って感じでしたが
その分フードを食べるトータル量は少なかった訳で。
最近犬の食事でも原材料の質や添加物等がよく話題になりますが
安全という面では手作り食に勝るものは無いな、と思います。

・・・で、グレイが居なくなってからは 残り物で作った煮餌をアーチとジュニアに与えています。
毎日違うし、いろんな物が入ってるのでお腹の弱い犬だと下痢させてしまうかもしれませんが、 アーチとジュニアも小さい頃からいろんな物を食べてて胃腸はとても丈夫なので、全く体調を崩しません。
。。。むしろ、好調??(笑)

そんな訳で、スーパーの肉類タイムサービスとかでは
ついつい犬用にと余計にお肉を買い込んでしまうのであります。 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2009/03/11(水) 22:21:36|
  2. 犬の健康と病気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<デノちゃん | ホーム | ナナちゃん訓練記>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mayugeshepherd.blog96.fc2.com/tb.php/51-ee53ca43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)