■ 眉 毛 の 秘 密 ■

シェパード親子と暮らす犬訓練士の、気まぐれ日記です。

2008年 IPO-R・国際救助犬試験

11月末、箱根で行われた国際救助犬試験にアーチとチャレンジしてきました。

iro081127_10.jpg

iro081127_9.jpg 廃校になった学校を利用しての試験。

 外のグランドが服従及び熟練作業に、校舎の一階全てと階段、二階の一部分までが瓦礫捜索シュミレーション会場として使用されました。

写真右はグランドの熟練作業会場。

試験は数日間に渡っての開催でしたが、公開練習の日は雨に降られてしまい大変でした;

08iro1

 入り口付近の廊下と、奥に見えるのは吹き抜けになっている中庭。 指導手は廊下のしか行き来する事ができず、中庭や両側の教室、階段、階段の先の二階の一部は犬のみ投入しての捜索となります。

iro081127_5.jpg

 

 

 

中庭にはタイヤやハシゴが置かれていて、犬の進路を妨害しています。 そして、足場はタイル貼りな上に苔が生えていてツルツル! 案の定、アーチさんもすッ転びました(笑)

iro081127_6.jpg

 

iro081127_2.jpg

  階段部分。

  手前からは、蛍光灯と中庭の太陽光で明るいですが・・・

 

iro081127_3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

   階段の奥は薄暗く、足場の悪さを再現する為にネットが張られたりしていました。

 

 階段の先はこんな感じ ▼ 

iro081127_8.jpg

 

iro081127_4.jpg

 

  長い廊下の両側の教室やトイレ、物置(?)、中庭、おまけに二階の一部も捜索範囲・・・と、かなりの広範囲。

  難易度の高い捜索作業となり、なんとA段階を受験した犬全て合格点に達する事ができませんでした(涙)。 

  アーチは被災者の発見告知(ココに居る!と吠えて知らせる動作)がスムーズでなく、姿をはっきり確認するまでなかなか吠え始めない慎重派。 指導手の自分も経験不足で、限られた制限時間内に十分な納得行く捜索が出来ず。 本番は結局被災者を発見できませんでした。 

 ただ、海外から来てくださったIROの審査員に犬の能力(自主的に捜索する意欲・積極性・フットワークの良さ、瓦礫に対する練度、服従性など)がとても高いと褒めていただきました。 ・・・って、結局指導手がダメじゃん!って事なんですが(↓)、これに懲りずにまた挑戦したいと思います。

 犬の能力を活かす訓練は、とても面白く楽しいのです♪

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ドッグスポーツ・警察犬・救助犬など訓練関係 - ジャンル:ペット

  1. 2009/01/19(月) 01:32:44|
  2. 競技会・練習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<生後半年経過 | ホーム | 2008年 横須賀アジリティー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mayugeshepherd.blog96.fc2.com/tb.php/46-c73f36af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)