■ 眉 毛 の 秘 密 ■

シェパード親子と暮らす犬訓練士の、気まぐれ日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

追及練習会

11月 15日
追及訓練の合同練習があり、アーチ&ジュニアを連れて行ってきました。
(▼ジュニアの追及の様子)
081115-1

アーチとジュニア、SCHH3のコース(600~800歩、印跡1時間後に開始)をそれぞれ2回ずつやらせてもらいました。
一回目は本番に近い形で、確実に判っている修正必要箇所のみ印跡時に若干の仕掛け(?)をしてもらいました。 二回目は、一回目の問題点を踏まえて部分的に印跡時の細工を追加しました。

アーチの場合、コーナーを曲がった直後~30歩ぐらいの間が必ず犬のスピードが上がってしまうという癖があり、特に第一コーナーを曲がってすぐが最も顕著なので、物品を一個余分に使用し第一コーナーを曲がって20歩ぐらいの所に置いてもらいました。
・・・で、追及作業を開始すると案の定、第一コーナーを曲がった途端に加速。 物品に気付き一瞬ニオイを嗅ぐも、そのまま何も無かったように先へ進もうとしたのでここはしっかりコマンド&ショックで物品の指示を徹底させました。
その後は若干速度の変化があったものの、最初のコーナーほどの大きな加速は無く最後まで無難に追及しました。 第四コース~最終コーナー~最終物品はものすごく集中してブレもなく良い作業でした。 終盤に見せる集中力と安定したスピードで最初からやってくれたらV評価確実なんだけどなぁ。。。  あとは、物品のポイントがどれも真っ直ぐでないので、この部分はきちんと直さなきゃいけない所です(2回目は物品の横15cmぐらい左に餌を置いて物品へのポイントを真っ直ぐにするようにし、成功でした)。

081115-2 

ジャッジで作業を審査してくださった土居先生の感想では、作業前半に不安定で後半から良くなるのは、前半は犬が指導手からのプレッシャーを感じているから、との事。 後半、ゴールが近くなるのを犬が分っているので第4コースあたりからすごく自信たっぷりになるし、指導手も後半に行くにつれ犬に与えるプレッシャーが無くなってくるので、その分犬がのびのび作業に集中できているようです。

   ▲  ジュニアの 『物品発見!』 の様子。  ・・・でも、お尻が何だか往生際が悪い感じ(笑)。

 

081115-4で、ジュニアの追及作業も、作業させた時に表面に出てくる症状は多少の違いはありますが、土井先生の審査結果はアーチと同じ。 前半やはり指導手の気配を犬が気にしていて、後半それがなくなるとぐっと良くなる・・・というもの。
ジュニアの場合、スピードは安定していて、乱れ(心の動揺!?)は左右に鼻を振ったりコーナーをちゃんと取りきれず1mほどオーバーしてしまったり・・・という所に現れます。 まだ3歳で経験も浅いですから、今後も地道に練習を重ねて良くしていこうと思います。

081115-3

 

 

 

 

     ↑

練習会参加の、M訓練士のご愛犬デモさん。
ジュニアとちょうど一年違いのお兄さんです。  ハンサムに撮れた写真をペタリ。
(ジュニアの写真撮影していただきありがとうございましたm( _ _ )m)



081115-5今回の練習会、皆さんそれぞれ練習方法が違うわけですが、それぞれの犬に合った方法についてや、同じ血筋の犬の同じ癖についてなどなど・・・いろいろ意見交換もできてとても有意義だったと思います。 追及訓練の練習は一人で黙々とやることが殆どですからね; 次回はいつやるか未定ですが、また参加したいです。

 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ドッグスポーツ・警察犬・救助犬など訓練関係 - ジャンル:ペット

  1. 2008/11/24(月) 00:37:09|
  2. 競技会・練習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2008年 横須賀アジリティー | ホーム | 今頃ですが・・・霧が峰にて。(笑)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mayugeshepherd.blog96.fc2.com/tb.php/43-33e198fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。