■ 眉 毛 の 秘 密 ■

シェパード親子と暮らす犬訓練士の、気まぐれ日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SVJショー観戦

Img_3442.jpg 神奈川・平塚で行われたSVJのショーを見学に行ってきました。
ドイツSVから、ショーも訓練も見れるヨハン・マイヤー審査員をお招きしての展覧会。

ベビー、パピー、幼犬、若犬、、、・・・と、犬の年齢で区切られた各クラスが、若い順から牝とオスとそれぞれ分けて審査されます。
Img_3429.jpg

パピー達はまだショーマナーも教育課程なので、助手の方がリンク内に入って誘導しながら最も良い歩様を披露。
遊び盛りの子犬達、前後の犬に「あそぼ!」アピールしちゃう時もあったりして可愛らしかったです。
Img_3437.jpgImg_3443.jpg

少し大きくなると、まだまだ子犬ですが立派なショードッグ。
Img_3449.jpgImg_3464.jpg
Img_3465.jpg


そして、9~12か月のクラス・牡組にLG東京・三谷訓練士のゲルト君が登場!
Img_3502.jpg Img_3471.jpg

10ヶ月ですが、大きさも筋肉量も成犬で通用しそうなほどガッチリ逞しいゲルト君。
リードが切れるんじゃないかと思うほどグイグイと引っ張り、パワフルさ満点。
前の犬がゲルト君を気にして振り返って近づいてきても、全く気にせず黙々と歩き、芯の強さ・稟性の良さも際立っていました(^^)
Img_3483.jpg

最初はグイグイ引っ張り過ぎでしたが、少し慣れると素晴らしい歩様に!
Img_3470.jpg

体のバランスや角度はジャーマン・シェパードとして全て正しいものである、との評価でした(*^_^*)

一部の、無知な展覧会マニアが偉そうにシェパードを語り、
「訓練犬なんかシェパードじゃない」と一括りにしてバカにすることがあります。 ネット上でも多いですね。
そういう人を見かけたら相手にせず、「シェパードの事、何も知らないんだね」 と心の中でバカにしてやりましょう。
(※まともに相手をすると疲れるだけなので、おすすめしません。)

ドイツSVの審査ではショータイプも訓練タイプも平等な審査、そして正しいものは正しい・良いものは良いと評価するのです。
Img_3493.jpg

お昼休みの前に、今後、ショーでも必須となるBH試験と防衛テストのデモも行われました。
ここでは、三谷訓練士が今年のWUSV代表になったパンテーラちゃんと模範演技を披露。
Img_3505.jpgショードッグのサンプル犬での防衛も。
Img_3515.jpg
長い間、日本はショーと訓練は別世界・・・が当たり前のS犬界でした。
早くドイツのように 『ショーのシェパード達も訓練が出来ているのが当たり前』 になって欲しいです。


審査がすすみ成犬組。
ここで、成犬牝の出場数が多くハンドラー不足とのことで会場にいたオーナーさんや見学していた訓練士が数名、ショー体験を兼ねてハンドラーとして犬を引くことになりました。
訓練所さんのご厚意で、私も飛び入り参加させていただきました。
  Img_3538.jpg  Img_3543.jpg
S犬のショーハンドラーは初めてではないですが・・・十年以上ご無沙汰してました(笑)
Img_3539.jpgImg_3550.jpg
私の引いたビーネちゃん、銃声テストでちょっぴり反応してしまいました。
そのことが引っかかっただけで、他の点はとても良い評価だったらしく惜しかった~。
やることは訓練競技会と全然違いますが、その犬の良い所を見せる・アピールする・・・というのはショーも競技も一緒です。
楽しかったですv

ショーの最後は、一番迫力満点な成犬牡組。
Img_3560.jpg始めはゼッケン順に入場しますが、その後個体審査をし、
Img_3578.jpg犬の正面と背後からも歩様をチェックしたりして
Img_3579.jpgバランス・構成・足運び・色素・メンタル面・・・などなど総合的に見て
Img_3572.jpg良い犬がピックアップされ、走る順番が入れ替わります。
▼最上位に選出され、先頭を走る犬。
Img_3568.jpgImg_3583.jpg

こちら、第二席。        そして、ゲルト君以外にも、訓練犬で出場された方がいらっしゃいました(^^)
Img_3562.jpg   Img_3581.jpg
・・・終了後に、LG東京メンバー三谷さん・四家さん&その他お仲間数名で、マイヤーさんと記念撮影。
Img_3596.jpg
<プチ・インフォメーション>
11月 3日、LG東京でBH試験(SVJ)と訓練セミナーを開催します。
場所は当ドッグスクールフィールド(埼玉県比企郡川島町)にて。
益田先生に試験委員&セミナー講師で来ていただきます。
セミナー内容は、防衛訓練=ヘルパーが居ないとできない・・・と思っている方が多いので、ハンドラーが自主トレメニューとして行うべき訓練や、防衛ヘルパーとの練習を始める前にハンドラーが当然やっておくべき訓練について。
また、防衛訓練と関係なく犬と指導手の関係強化のためにどのような練習メニューが良いか等、実技を交えて教えて頂く予定です。
グループ・派閥問わず誰でも参加可能です、興味のある方はぜひどうぞ!
(シュッツクラブHPはこちら

ショーレポートは以上です。
最後に、成犬牡一席犬の雄姿をもう一度。
Img_3580.jpg 


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/10/27(月) 22:18:16|
  2. 眉毛小僧ライフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<LG東京 | ホーム | HOSS君の門出>>

コメント

コメントありがとうございます

>Windyママさん
私が好きなタイプは、『スタンダードに合致していて健康で、優しく逞しい、稟性の良いシェパード』です。 作業意欲・運動性能が高ければ尚良い。
日本のS犬界は、何故か展覧会犬ファンは訓練犬を嫌い、訓練犬ファンは展覧会犬を嫌う・・・という風潮があるように思います。
ショー系・訓練系など関係無く、ショーでも訓練でも、評価SG以上を取れる犬は模範的な良いシェパードです。

>タロウママさん
写真、どれを乗せようか迷いましたが・・・せっかく沢山撮ってきたので多めに載せましたv

>M先生
通訳その他、お疲れ様でしたm(_ _)m
丁寧な講評を分かり易くお話してくださって、勉強になりました。
ショーでも訓練でも、『その犬の個体に対する評価』というのが、ブレずに判定できる方が審査員だと安心なのですが・・・他団体ではまだまだ、他の犬と比べてしまい評価にブレが生じる審査が多い気がします。訓練でも。
(完全な作業をした二頭を比較して、「こっちの犬が良かったから、あっちの犬はマイナス0.5点でVはあげない」、、、みたいな。)
  1. 2014/10/29(水) 00:47:03 |
  2. URL |
  3. Kei@管理人 #-
  4. [ 編集]

三谷さんへ

繁殖OKで良かったですね。評価が一つ下がるだけですから成犬でもぜひ出場してください。Vなら一つ下がってもSGです!!
  1. 2014/10/28(火) 22:41:43 |
  2. URL |
  3. M #mQop/nM.
  4. [ 編集]

こんにちは。また、のぞきにきました。見にいきたかったです。行かれなくて残念に思ってましたが、こちらで沢山の写真をみることができ、とても嬉しいです。ありがとうございます^ - ^
  1. 2014/10/28(火) 18:55:34 |
  2. URL |
  3. タロウママ #-
  4. [ 編集]

お久しぶりです、、

展覧会お疲れ様でした。
日本に本物のドイツシェパードを増やすため、展覧会系も訓練系も頑張らねばなりませんねv-10
ドイツシェパードの繁殖に力を注いでいるkeiさんの活躍、応援しています。
  1. 2014/10/28(火) 10:22:05 |
  2. URL |
  3. Windyママ #1SSxy6CM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mayugeshepherd.blog96.fc2.com/tb.php/322-e2e30149
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。