■ 眉 毛 の 秘 密 ■

シェパード親子と暮らす犬訓練士の、気まぐれ日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2013年 夏の旅【5】

 Dscf8681.jpg----- 知床岬クルーズ -----

宿で朝食を済ませたらウトロの港へ。
知床岬は自然保護区域で一般車両は立ち入り禁止になっている為、観光客は海から見る事しかできません。
(ごく一部の、港に近い滝は遊歩道が整備されていますが、ヒグマ出没が日常茶飯事で気軽には行けません。)
そんな、日本の中の超秘境スポットを海から見に行くのが知床岬クルーズです。 
 
Dscf8770.jpg岬クルーズでお世話になったのは
知床クルーザー観光船ドルフィン』 さんです。
スタッフの対応が丁寧で、若いお兄さんがガイドをして下さいましたが、案内も上手で楽しかったですv

往路は、岬の先端までに点在する滝や番屋、野生動物出没スポットを丁寧に解説しながら進みました。

Dscf8691.jpgDscf8731.jpg
 Dscf8701.jpgDscf8719.jpg Dscf8749.jpg

途中、他ではあまり見られない野鳥を見ることができました。
私は船の陸側に居たので、私のカメラは滝や断崖絶壁など景色の撮影を担当。
鳥や動物は小野寺さんがしっかりと写真に収めてくれました(^^)
▼ケイマフリ

Dsc_9466.jpg 
▼エトロフウミスズメ・・・と思われます。
Dsc_9587.jpg 
▼断崖絶壁の上に、オジロワシを二羽確認。
Dsc_9535.jpg 
 Dsc_9581.jpg
岬の中腹・ルシャ湾と呼ばれる場所はヒグマの出没多発地帯。
昨年(2012年)に続き野生のヒグマに会えるのか・・・!?と、ドキドキしながら陸地に目を凝らしていたら、双眼鏡で陸地を眺めながら解説しているガイドさんがいち早くヒグマを発見!
初めは物陰に隠れるように移動していましたが、次第にはっきりと全身が見えるぐらいまで海側に来て、観光客の全視線を浴びながらも悠々と歩いていきました。
海を挟んでいるとはいえ、檻もガラスも無い状態での野生のヒグマ。貴重な体験ができました。
Dsc_9571.jpg 

Dscf8762.jpg船は、岬の最先端・知床岬灯台の所でいったん停止。
スタッフの方が乗客それぞれのマイカメラで記念撮影をしてくれ、復路は速度を上げて一気に港まで戻りました。 

▼行き交う漁船の方もノリが良く、こちらの乗客に応じて手を振ってくれました\(^▽^)/
Dscf8767.jpg 



世界遺産に、ちょっとだけ触れたような・・・そんな気分になれる往復約3時間の小旅行でしたv
Dscf8775s.jpg


ウトロ港で昼食を済ませたら、知床峠を越え羅臼方面へ。 

羅臼側も、岬の先端までは行かれませんが、途中までは道路があるので行き止まりまで行ってみました。 
▼途中にある、海の中にある温泉 『セセキ温泉』。 
 Dsc_9752.jpgDsc_9751.jpg
 この温泉、なんと満潮時には水没してしまうらしいです(笑)。
Dscf8776.jpg
▼ここが羅臼側の行き止まり。
Dscf8778.jpg
徒歩で山の中に入る事は可能ですが、入口に「まともな登山道は整備されておらずヒグマもいっぱいいるので、山に自信の無い方はご遠慮ください。全て自己責任で。」という注意書きの看板あり。
これを読んだ上で立ち入っていく人って、居るんだろうか・・・?

羅臼側は西日が山に隠れてしまうので、日が傾き始めると暗くなるのが早かったです。 
 
▼夜は『らうす第一ホテル』に宿泊。
Dscf8784.jpg
お風呂は源泉かけ流しの温泉、食事は海の幸・山の幸づくしの豪華メニュー。

▼ホテルのお夕飯。 
Dscf8791.jpg 

旅も残りあと一日。
残り時間が限られてきたので、就寝前に翌日のルートと立ち寄りスポットを打ち合わせ。
家に帰るまでが旅。 最終日も、とことん旅を満喫します!
Dsc_9744.jpg

<つづく>

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/09/06(土) 07:56:43|
  2. 犬と北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2013年 夏の旅【6】 | ホーム | 2013年 夏の旅【4】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mayugeshepherd.blog96.fc2.com/tb.php/316-efd87335
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。