■ 眉 毛 の 秘 密 ■

シェパード親子と暮らす犬訓練士の、気まぐれ日記です。

自主トレ

ジュニアが真っ先に克服しなければならない課題、それは。。。

080831-4 防衛訓練で、ヘルパーさんの片袖を捕らえている時に興奮しすぎてしまい、捕らえてから放す命令があるまでずっとヒーヒー声がでてしまう点。

 これまでもいろいろな方法で直そうとしてきたのですが、明確な問題解決にならず。

 8月23日で3歳になったジュニ坊、そろそろ本気でお子ちゃまを卒業しなきゃイカン!! ・・・てな訳で、長雨で動きのある訓練が出来ない間を利用し、徹底的に『片袖の保持』の練習をすることにしました。 過去何度かトライしてきたけど、なかなか上手く行かなかった。 3歳になったし、行動も精神的にもすこし大人になってきたから、今度こそ!!という意気込みでレッツ・トライ!

  *  *  *

 最初は、防衛訓練の雰囲気や遊びの雰囲気を全く出さず、グランドの真ん中でひとりポツンと停座で待機。 少々待たせて片袖を持っていくと案の定目がキラキラしてテンション↑。

 気持ちの動揺から修正して平静に戻ったところで袖を持たせ、そのまま動かずじーっと待機。 指導手は周りでウロウロしたり、袖をちょっと引っ張ってみたり。 この辺りは素直にやってのけたので褒めてやり、ご褒美で袖をゆすったりして引っ張り合いの状態に・・・すると一気にテンション↑↑↑(やっぱり・苦笑)

 興奮したところですかさず叱り、再び停座での保持へ。 もう一度同じように繰り返すと、今度は叱られた後に袖を落としてしまい、再度持たせる指示をしても迷って躊躇したり拒否したり。 それでもやらなきゃダメだ!と強制的に持たせて、また繰り返し・・・。

 こんなような練習を集中的に繰り返し、保持中にわざと煽ってもだいぶ我慢していられるようになりました。 でも、「我慢している」ようではまだまだ・・・ってことなんだろうなー。 何があっても動揺せず、自然と平静を保っていられるようにならなくてはね。 実際はヘルパーさん相手なのだし、その状況でどこまでやれるようになるだろうか???・・・悟りを開けるのはいつになるやら。

  *  *  *

 

  引っ張られても、慌てない、騒がない、声を出さない。

080831-3

  小学校の避難訓練の、「押さない・かけない・走らない」みたいだ(笑)。

 

 

  がんばれジュニ坊、心を無にするのだ~! 

080831-2

          ・・・って、目が点になってますが?   ( ・ ・ )

 

 

  ジュニア  「 ま、まだっすか~???   疲れてきたんすけど・・・ 」    

080831-1 
  やっぱり、心が無になってないゾ。


        : 

        :
 
        :


        ・・・そして、試練は続く。。。


080831-5

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ドッグスポーツ・警察犬・救助犬など訓練関係 - ジャンル:ペット

  1. 2008/09/04(木) 00:00:55|
  2. 競技会・練習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<子犬達、ぐんぐん成長中 | ホーム | 子犬誕生 \(^▽^)/>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mayugeshepherd.blog96.fc2.com/tb.php/29-86ff0b87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)