■ 眉 毛 の 秘 密 ■

シェパード親子と暮らす犬訓練士の、気まぐれ日記です。

防衛訓練セミナー

20120929-4夏の出来事、順に書いていきます。
まずは6月の防衛訓練セミナーから。

・・・えっと、初めに書いておきますが
受講料を払っている出席者の皆様に配慮し、ここではセミナーで披露された具体的な練習方法などの話はナシですので、それを踏まえてお読み下さいませ(^^;)


JKC本部IPO競技会の翌日、 本番の防衛ヘルパーを務めて下さったデジターさんによる防衛訓練セミナーが行われ、 出席・参加してきました。
審査員を務めて下さったSV審査員のイゴールさんも同席し、 実技の合間に解説やアドバイスをしてくださいました。

▼デジターさん
20120929-3 

スロバキアから来てくださったお二方による、スロバキア流防衛訓練のセミナー。

ひしひしと感じたのは、『防衛』という課題の根底の、認識の違い。
彼らの頭には実働犬としての防衛犬のイメージが常に存在していてるように見えました。
そのイメージを持ちながら、防衛作業に対する意欲を引き出し、防衛の何たるかを教え、競技犬として必要な要素を構築し、防衛訓練犬として育てていく・・・そんな感じ?

日本の警察にも実働犬は存在しているけれど・・・様々な犯罪があるとはいえ、 向こうの銃社会と比べれたら、たぶん日本はものすごく平和でユルイ国だと思う。(スペイン行った時、検問の警察官?が普通に連射式のゴッツイ自動小銃持ってて、私も姉も「怖いね~」と、平和ボケ日本人であることを自覚しました・笑)
実働犬に対しても、そんなにシビアなイメージは無いと思うし、 ましてやIPO競技を楽しんでいる人たちは、愛好家も訓練士も防衛ヘルパーもみんな最初からスポーツドッグとしての防衛犬をイメージしながら育てて、訓練しているはず。 
他の国の方々と接して初めて気付く、認識の違い。
今後の競技観戦では、そういうものが訓練結果にどう影響しているのかも観察していこうと思います。
20120929-1

 さて、セミナー開始後まもなく。
デジターさん・イゴールさんのお二人も防衛訓練に対する認識の差を強く感じたようで、お二人とも口をそろえて
  「防衛作業は、対人作業でなくてはならない」  と仰いました。
そして、何故対人作業である必要があるのかを サンプル犬への実技指導の中で解説してくれました。
また、デジターさんのヘルパーテクニックにより、限られた短時間にもかかわらず、「『対人作業』にすることによって、より効果的な作業にすることができる」というのを実践・証明して下さいました。

・・・でも、日ごろお願いしているヘルパーさんに口頭でこの手法を説明して実践してもらうのは至難の業かも。。。(苦笑)


今回のセミナーで最も好感が持てた点は、
お二方とも、防衛作業のセミナーであっても決して服従面を疎かにしなかったところ。
禁足咆哮から追捕へ移動する所や、その後の伏臥の態度・安定性にも非常にこだわっていて、丁寧で的確な指導をして下さいました。
また、初歩の犬であっても、禁足を命じられる前の態度や袖を獲得した後の落ち着き・服従への切り替えを重視しながらの防衛指導で、ハンドラーの皆さんは大変納得のいく満足な練習ができたのではないかと思います。

練習の失敗でありがちなのが、禁足~咬捕・中止~監視に関わる問題点を集中指導するあまり、途中の服従が少々雑でも「じゃぁ次、遠距離行きましょう」とかってなってしまうパターン。
犬は咬捕や監視・格闘シーンなどのオイシイ所ばかりを経験して大満足で練習を終える。。。と、いざ本番で服従コントロールされた時にイライラが生じ、良い結果に繋がらない(T_T)

これは常日ごろのから気を付けなければいけない点ではありますが、、、
たった一日の限られた時間の中でのセミナーであっても、
部分的な、目先の成果だけを求めるのではなく
終始一貫して作業全体のルールを踏まえた上での実技指導であったのは、さすがだなと思いました。
競技会後でお疲れの中、大変有意義な実技指導をしていただき、ありがとうございました。


。。。最後に
とても残念で悲しい事をお伝えしなければなりませんが、、、
犬界新聞等で既にご存知の方が多いと思いますが
このセミナーで講師を務めて下さったヘルパーのデジターさんが、帰国後間もなく急逝されました。
とても為になる訓練セミナーをしてくださいましたし、IPO本部大会でも後半の遠距離アタックを受ける第二ヘルパーとして、参加者・見学者・審査員、全員が納得のいく見事な仕事ぶりを発揮して下さいました。
優秀な人材を失って、本当に残念です。
在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。
20120929-2

20120624j7

※写真は、本部IPO競技会の時のものです。 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ドッグスポーツ・警察犬・救助犬など訓練関係 - ジャンル:ペット

  1. 2012/09/29(土) 23:35:58|
  2. 研究室
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<子犬の巣立ち【2】 | ホーム | 北海道から帰宅。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mayugeshepherd.blog96.fc2.com/tb.php/253-6ea77c5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)