■ 眉 毛 の 秘 密 ■

シェパード親子と暮らす犬訓練士の、気まぐれ日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アーチのオビ3

2011st-3本日の記事は昨年末のJKC東日本ST連合競技会での
アーチのオビディエンス3のレポート。
またまた賞味期限切れの過去記事ですいません・・・(^^;)

写真はいつものアレパパさん撮影です。
オビディエンス課目を熟知しておられるので、さすが良いとこ撮りって感じ?!(笑)

さて、11月末にオビディエンス2に合格したばかりのアーチ。
この大会では、オビ3の練習を始めてから約一か月で競技チャレンジという無謀な挑戦となりました(笑)。
練習の様子は12月12日の日記をどうぞご覧ください。

競技本番、最初の課題である据座と休止はハンドラーが隠れて見えなくなる時間が長くなったり、犬の元へ戻る際に犬の背後に一時停止したり・・・と、これまでのオビ1・2よりかなり難しくなります。
201112st-1 

2011st-2 





何が難しいかっていうと、まさに『重箱の隅をつつく』ような減点のし方をするところ・・・でしょうか。
その場を動かずに待っていても、少しでも声を出したり、キョロキョロしたら減点。 注意力不足も減点だし、足を崩すのももちろん減点。
さすがのアーチも、僅かな足踏み動作が減点されてしまい満点ならず、でした。

脚側行進は毎度の事ですが鼻を鳴らすのと、速歩の際の飛び跳ねが指摘されました。 それと、左屈折で一度モタついてしまった箇所があり、けっこう減点されてしまいました。
この課題では、他のペアの競技と採点を見学して、明らかな体符や補助・誘導行為があってもそれに対する減点がかなりゆるかった点がちょっと気になりました。 他のハンドラーさんも、体符や誘導無しで「犬が自ら意欲的に従う動作」にこだわって訓練をされている方は、同じように感じていたようです。
2011st-5
脚側の失敗でややリズムが狂ってしまったせいか、行進中の三姿勢の課題で一つ失敗。
立止と伏臥を伴う招呼は概ね良好、高得点でしたv
2011st-4 

2011st-10 そして、オビディエンス3からの新しい課題『方向変換を伴う送り出し』。
最初の目標物への到達はスムーズでしたが、方向変換(右)の指示を出した後、何となく右方向へ走ってみたものの・・・四つのコーンを認識できず、そのため目標が定まらず到達できませんでした。
完全な練習不足だから仕方ないけれど、それは抜きにしても「本番に通用する練習」を考えていかないとなー…と思いました。

続いて『方向変換を伴う持来』。
三つの物品(ダンベル)の選択持来です。
この課題は、短い練習期間にも拘らずアーチはよく理解し、真面目に課題実行してくれたと思います。

。。。が!
ここでも、本番特有の罠というか・・・。
2011st-6最初の発進~目標物への到達~指示されたダンベルを咥え上げる、ここまではパーフェクトでした。
そのまま持来実行すれば満点だったと思いますが、アーチはここでダンベルを落としてしまいました。
すかさず「持って来い!」という補助の命令をかけましたが、隣のダンベルを持来してしまった為0点。

ダンベルを落としたのには、アーチならではの理由があります。
この『選択持来』で使用されるダンベルは予め用意された本番用の物で、
小型犬から大型犬用まで幾つかの大きさが用意されていますが、最も大きい物で450gと決まっています。
アーチの使い慣れた650gよりはだいぶ小さめ。
副審が設置する置き持来の為、ハンドラーは触れられません。
・・・そして『選択持来』の後に控えている課題に『木片による物品選別』があります。

201112st-12先読みが得意なアーチさん。
小さいサイズのダンベルに「あれ?」と思いつつ咥え上げ、
咥えてみてからそのダンベルにハンドラーの触れた形跡が無いことを確信。
その瞬間に頭の思考回路が『木片による選別』に切り替わってしまい
「しまった!この物品は不正解のやつだ!」と、反射的にダンベルをポロリ。
すかさず発せられた「持って来い!」という補助声符に対しても、
「え?だって、コレ違うよ???」と言わんばかりに一度では応じず。
恐らく“最初に咥えたダンベルは正解ではない”という自らの主張を貫きたかったのでしょう、二度目の「持って来い!」で 仕方なく 隣の中央のダンベルを持来してきたのでありました。
頭の良さも、ここまで来ると苦笑いですね。。。(-_-;)

上記の失敗での動揺が、直後の『金属ダンベルの障害飛越持来』にも若干影響し 得意科目ながらも満点ならず。 
続く課題、『木片による物品選別』になると自信たっぷりに正解を持来し、パーフェクトでした(笑)。

▼障害の高さは70cmですが・・・エアー1m飛越になってるね~(笑) 
201112st-7
▼木片を咥えています
2011st-8
最終課題の『遠隔による6回の姿勢変更』は
素早く確実で安定した動作、とても良い出来でした。

2011st-9以上、点数配分の大きい課題を二つミスして共に0点となってしまった為に
オビディエンス3は合格ならず(T_T)

でも、ハンドラー的にはとっても楽しかったです。
覚えたての新しい課題、しかもかなり複雑な難題に対して
アーチなりに頭をフル回転させて頑張っていた・・・というのがよーく伝わってきましたし(笑)。

また機会があれば挑戦したいですが、
次回のオビ3チャレンジは当分先になりそう。

なぜかと言えば、、、

アーチさん、この度めでたく ご懐妊! なのです(^^)

エコー検診で受胎確認済み、出産予定は4月中旬です。
なので、アーチの訓練はしばらくお休みして子育てに専念してもらいます。
本人はたぶん、子育てしながらも訓練していたいんだろうと思いますが 私が「それは無理~」って感じで(^^;)

果たしてアーチみたいな賢い子は生まれるか?
パピー誕生楽しみです~♪ 

2011st-11
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ドッグスポーツ・警察犬・救助犬など訓練関係 - ジャンル:ペット

  1. 2012/03/17(土) 14:01:57|
  2. 競技会・練習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<初歩犬の防衛訓練課程 | ホーム | 救助犬試験おまけ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mayugeshepherd.blog96.fc2.com/tb.php/217-5bcc1192
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。