■ 眉 毛 の 秘 密 ■

シェパード親子と暮らす犬訓練士の、気まぐれ日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アーチのオビトレ

20111212-5先月、JKCオビディエンス2に合格したアーチ。
今月の競技会ではオビ3に初挑戦です。

オビ3は、とにかく遠隔操作の課目が多い。
オビ2の課目の遠隔操作の回数が増えたものだけでなく、新たに覚えなければいけない遠隔操作(犬を単純に前方に前進させるだけでなく、前進させた先から更に左右へ移動させたり、指示した方向のダンベルを持来させる・・・といった作業)も加わります。

JKCオビディエンスの練習を始めてからまだたったの二か月(笑)なので、これでオビ3に挑戦というのは少々無謀かもしれませんが・・・しかし、アーチはこれまで他の競技や試験科目をいろいろ経験しています。
今まで覚えた課目を応用すれば、オビ3もきっと攻略できるはず。。。!?

・・・ってことで、今日の日記はオビ3攻略編です。

恐らく、オビ3に出場する犬達が最も苦戦するのは、課題6の『方向転換を伴う送り出し、伏臥及び招呼』。
何せ、四つのコーンが置かれた枠の中に入ることができなければ、前進・停止・伏臥がどんなに良くても0点になってしまうのです。。。(涙)
確実に枠の中に進ませるためにはどうしたら良いか?
オビ2の時は、ロープで枠を作ってその中に入りなさいという練習をしてみたのですが、アーチはどうも、向かって右側の二つのコーンに対する意識が強くて、ロープで作った枠線はあまり意識している様子が見られませんでした。その為、伏臥位置が毎度右寄りになってしまい・・・うっかりすると枠から出てしまうこともしばしば(汗)。
そこで。
ここは思い切って練習方法を変えてみよう!と、新たな練習方法で学んでもらう事にしました。
新しい練習方法・・・といっても、もう日にちが無い(笑)ので、一から教えるのでは競技会までに完成させられません。
前進~右or左という動作は他の競技(国際救助犬の熟練作業、テーブルを使用した遠隔方向変換)で習得済み。ですので、問題は四つのコーンで作られた枠の中心をどうやって捉えさせるか?です。

20111212-3アーチは右側の二つのコーンへの意識が強いので、これを踏まえ、防衛作業のパトロールを応用して教えてみる事にしました。 
まずは四角い枠の正面から進入し、右側の二つのコーンの奥の方をぐるっと回るように練習。 「回れ」という命令で奥のコーンを回ったら褒めてご褒美。
次の段階は、枠に入ってちょうど良い位置に到達したら伏臥を命令、実行できたら「回れ」。
本当はもっと良い練習方法があるのかもしれませんが、今のところアーチにはこの方法が一番しっくりくるかなー・・・と(^^;)

【画像右】
グランドにはこのようにセッティングしてみました。
中央のグリーンのコーンから、左右どちらにも振れるようにし、両方同じ回数練習。


続く課目7『方向転換を伴う持来』も、オビ3で新たに加わる課目です。
最初は、直進した先のコーンから「右(or左)」の命令でダンベルに向かわせてみましたが、アーチの様子を見ると何やら納得いってない表情。
アーチがこれまで教わってきた命令は、「右」と言ったら90度右方向の真横を意味します。
だから、右と言われて右前方へ行けと要求されるのはアーチ的に「違うじゃん!」みたいな気持ちなのです(たぶん)。
アーちゃん、確かにアナタの言うとおり(笑)。
それに、課目6の『前進(送り出し)~方向転換』と同じ命令じゃ、混乱するよね~。

という訳で、考えてみる。
これまでアーチが学んだ訓練で何か応用出来そうな命令はないか?
右前方を意味するコマンドは??

   ・
   ・
   ・ 

で、閃いたのはアジリティーで使用する右・左のコマンド=ヒールandディス。
アジは走りながらだけど、停止状態からでも進行方向を意識しつつ右(=右前方)という認識は変わらないはず。
もうかれこれ三年ぐらいアジはやっていないアーチだけど(笑)、覚えてるだろうか?

20111212-4試しに、まずはそのまんま、アジのバーを設置してやってみました。
 【画像左】

そしたらアーチはちゃんと覚えていてくれて、命令に対し納得の表情で右前方・左前方の方向へ走ってくれました(^^)
良い手応えだったので早速段階を進め、バーの先にダンベルを設置して飛越持来を数回。その後はバーを無くして規定通りダンベルのみ三つ並べて練習。
まだ、一声符で確実に成功。。。というほどの完成度は無いですが、この調子でどうにか競技会までに完成させたいと思います。

ところで、オビ2の時に見事失敗してしまった『木片の自臭選別』ですが。。。
オビ3になって新たに難しい課目の練習をし始めたのが良い効果をもたらし、殆ど失敗しなくなりました。
他の作業で頭を使っている為か、これまで覚えた課目は難しく考えずストレートに従えば良い・・・みたいな感じで、いい意味で頭を使わず、リラックスして作業出来ている感じです。

これまでいろんな競技・試験にチャレンジしてきたアーチですが。。。
今度のオビ3はこれまでの学習内容をフル活用した総集編になりそうです。
本番、どうなることやら・・・???

20111212-6

▼おまけ▼

救助犬の瓦礫用に集めた廃材の中から適当なのを発掘して。。。
20111212-1

シェルケル氏のセミナーでやっていた、あの“脳トレ器具(?)”を作ってみました(笑)
20111212-2

若い犬達に早速試してまーす(*^m^*)

これで「おつむ」を鍛えたら、アーちゃんみたいな賢い犬になれるかな!? 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ドッグスポーツ・警察犬・救助犬など訓練関係 - ジャンル:ペット

  1. 2011/12/12(月) 22:51:46|
  2. 犬達の訓練状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<6年ぶりの再会 | ホーム | 元・くまごろう君>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mayugeshepherd.blog96.fc2.com/tb.php/205-98e3e83a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。