■ 眉 毛 の 秘 密 ■

シェパード親子と暮らす犬訓練士の、気まぐれ日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

子犬の動画で、訓練の研究

携帯で撮ったものなので画像粗いですが、FC2動画でUPしてみました。
生後一週間の頃のジャイ子ちゃんです。

この動画。。。実はちょっとした実験を試みています。
訓練の研究に興味のある方は下記の実験内容も読んでみて下さい(^^)


[広告 ] VPS


実験の内容は、
「母犬から少し離れた場所にいる子犬が、どうやって親の元までたどり着くか?」・・・という単純なものですが、どのへんが研究課題なのかと言うと・・・

犬の生後一週間は、まだ目も開かず耳の穴も塞がっています。
母犬を探すのは主に嗅覚(ニオイ)です。
(他、体温や振動も感知して反応しますが)
そして、当然のことながら生後一週間の子犬は母犬を探すこと以外を知らないので、
ニオイや体温を感じたまま、純粋に行動します。

つまり。
犬が、真っサラな頭で鼻だけを頼りに行動するとどんな動きをするかが分かるのです。
動画の撮影時間が短いので分かりにくいかもしれませんが、子犬は親の元へえ辿り着くまでに左右にそれぞれ頭(鼻)を振りながらゆっくり前進します。
その前進の仕方は、一方に鼻を振ったら概ね90~180度その方向に回転して周辺を探り、アテが無ければ(明確なニオイを感知しなければ)反対方向へ向き直りつつ再び90~180度回転しつつ周辺を探索。
向き直る間にほんの少し前進し、少しでも何かニオイや体温を感じた方へ移動します。

私は、このことは犬の足跡追及の訓練に大いに関係があると思っています。
追及訓練を失敗してしまうのは、犬に好き勝手させすぎたり、逆にハンドラーが介入しすぎて自信や自主性を失わせてしまったりして、犬の意識が作業から外れてしまうケースが殆どだと思います。
子犬の純粋な行動をじっくり観察すると、どこまで犬に任せた捜索をして良いのか、どの場面・どのタイミングでハンドラーが介入すべきかが見えてきます。
(失敗経験があまり無い優秀なハンドラーさんはピンとこないかもしれませんが^^;)

動画の最後で母犬の足元に辿り着き、「ムフーッ。」と一息つくジャイ子ちゃん(笑)。
実験協力お疲れ様でした~。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ジャーマンシェパード - ジャンル:ペット

  1. 2011/04/02(土) 00:10:28|
  2. 子犬育成日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<子犬動画・三件 | ホーム | 離乳食開始>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mayugeshepherd.blog96.fc2.com/tb.php/146-597bbe7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。