■ 眉 毛 の 秘 密 ■

シェパード親子と暮らす犬訓練士の、気まぐれ日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

防災訓練の救助犬部隊に参加

arch5 狭山市の防災訓練、災害救助犬訓練をやっている訓練所が毎年参加していますが、今年はアーチも参加する事になり行ってきました。
アーチの他、同じ練習仲間のラブラドール2頭とアイリッシュ・セッターが一頭、4頭の災害救助犬部隊です。

 場所は市内の中学校の校庭。
消防関係の人と自衛隊関係の人が中心でしたが、その他に捜索~復旧作業の為のあらゆる専門家・・・倒木撤去の為の造園業者、水道・ガス業者、アマチュア無線の人達、炊き出しのおばちゃん達など・・・が参加していました。我々救助犬も、ジャパンケンネルクラブという犬の専門家としての参加です。

 最初は、ベニヤ板で作られた倒壊家屋の屋根を模したものが3つ並んでおり、その中に取り残された人を探す作業。
一頭ずつ手前の屋根から順に捜索しましたが、4頭とも一つ目の屋根には反応を見せず、2つ目で吠えて遭難者の存在を知らせました。周囲にはいろんな作業員の人達が居て、隣では倒木を伐採するチェーンソーの音(・・・かなりの騒音です;)がしたり、実に騒々しい中での捜索作業でしたが4頭とも乱れる事無く捜索をする事ができました。

 2回目は自衛隊の方々との捜索~救出作業。
まず壁の向こうに生存者が居るかどうかを救助犬が捜索し、その後に自衛隊員が小型スコープで内部を確認、壁面に穴を空け中の人を救出するというものでした。
 壁面の捜索経験はあまり無い4頭でしたが、アーチともう1頭の子は壁面のドアの隙間から人の存在を感じ明確に反応し吠えました。もう2頭は何かを感じて気にしているものの、壁越しに吠えるには至らなかった為、少し人に接近した形で発見させました。
 ・・・余談ですが、こういう「訓練」の場合、明確に反応しなかったからと言って発見できないまま「はい、終わり。」としてしまうのはあまり良くありません。少し難易度を下げて発見させ、成功させてやるのが大切です。犬にはっきりと結果を出させてやれば、次に繋がる訓練となり、更にこうした経験を繰り返すことで難易度の高いケースにも対応できるようになるからです・・・

 その他、消防車による放水、はしご車の出動、ヘリコプターの出動など大掛かりな訓練も行なわれ、昼頃に訓練終了。参加した関係者に炊き出し班によるご飯とみそ汁が配られ、それを食べて解散となりました。


学校の裏で何か虫に刺された自分、
帰宅後に確認したら足が腫れ上がって酷い事に(泣)。
蚊やブヨではない感じなので、たぶんハチに刺されたんだな~;
暑いのを我慢してジャージの上に作業服を着ていたけど、その上から刺されるなんて運悪すぎ。
・・・まぁ、刺されたのが犬でなくて良かったけど(T_T)


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ドッグスポーツ・警察犬・救助犬など訓練関係 - ジャンル:ペット

  1. 2007/08/26(日) 11:05:45|
  2. 競技会・練習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<台風襲来前の追及 | ホーム | ジュニア、2歳に!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mayugeshepherd.blog96.fc2.com/tb.php/14-ae33595f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。