■ 眉 毛 の 秘 密 ■

シェパード親子と暮らす犬訓練士の、気まぐれ日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

BH試験

DSCF3529s.jpg11月初旬、SV審査員・益田先生によるBH試験が関東で行われました。

今後、IPOワールドチャンピオンシップやWUSV世界選手権の選考競技会(予選競技会)へ出場するにはBHが必須の訓練資格となります。
 
BH試験は、日本語では『同伴犬テスト』と言って、人に飼われる犬として基本的なしつけができているか、また、性格に重大な問題が無いかどうかを確かめるテストです。
競技を目指す犬の為の試験ではなく、一般家庭のペットとして飼われる犬も含め、人と暮らす犬全てを対象にしたテストです。
 
(詳しくはWUSV日本支部のHPをご覧下さい→http://www.wusv-jp.com/)


・・・でこの日、ジュニアも受験してきました。 


最初に申告と耳番号又はマイクロチップの確認を行い、その場にいる人達の合間をすり抜けつつ歩き受験するにあったって問題無い犬であることを確認。
DSCF3528.jpg


そして、順番にAセクションと呼ばれる服従訓練のテスト。
 脚側行進などするペアと、休止をするペア、2ペア一組で順に行います。
DSCF3534.jpg
・・・ジュニア、この科目で失敗があり、かなーり危うかったですが・・・何とか合格点をいただきました(大汗;)。


DSCF3538.jpg服従の後は、Bセクションと呼ばれる日常の行動に問題が無いかを見るテスト。
このBセクションは必ず一般歩行者などが行き交う道路で行わなければならないという決まりがあるそうで、受験者一行は河川敷グランドから土手を上がり一般道へ。それなりに交通量のある道路脇の歩道を、普通にお散歩する感じで歩きました。歩行者、ジョギングの人、自転車、自動車、すれ違う他の犬、それらに対し過剰に怯えたり攻撃的になるなどの問題が無い事を確認。
更に、グランドの隅のポールに犬を係留しハンドラーが離れ、ハンドラー不在の時の犬の態度も審査。
 

この日受験した犬達は全員、Bセクションも問題なしで晴れてBH合格となりました。ヽ(^o^)丿

BH試験はヨーロッパではかなり浸透しているそうですが、、、
街なかで過剰に威嚇してくる犬とかに出会うと、つくづく日本でももっと普及してほしいなと思います。 


 

 

 


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ジャーマンシェパード - ジャンル:ペット

  1. 2010/11/20(土) 23:38:57|
  2. 競技会・練習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<道産子兄弟 | ホーム | WUSV2010閉会式>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mayugeshepherd.blog96.fc2.com/tb.php/134-e69436b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。