■ 眉 毛 の 秘 密 ■

シェパード親子と暮らす犬訓練士の、気まぐれ日記です。

WUSV2010閉会式

大変長らくお待たせしました、閉会式と表彰式のレポートです。 

日曜日の競技終了後、少しの休憩時間を挟んで閉会式が始まります。
閉会式では、選手全員がチームごと(国ごと)に犬と一緒にスタジアムに入るので、
最終組のシーズン犬の競技終了後、私たち日本チームも準備をし、控えの通路へ。

開会式の時にもすごーく長時間待たされましたが、ここでもやっぱり異常に長い待ち時間。
時々スタジアムから拍手が聞こえてきたりするものの、控えの通路にいる私たちからは何がどーなってるのかサッパリ分かりませんでした(笑)
画像は、姉が撮影してくれたビデオから抜き取りました。

さんざん待ちくたびれて、ようやく入場。
日本チームの入場シーン。
1106-1 


観客の前を、トラックを約半周して入場。
そのあと、それぞれのチームごと指定された位置に着席(?)しました。
選手全員で「WUSV」の文字を形作るように位置指定されてたみたいで、
日本チームは「U」の左上の端っこだったんですが。。。
1106-7 
↑ これって、もっと上空から見ないと、、、
観客席の高さからでは不規則に並んでるようにしか見えないのでは?と思ってしまった(笑)


いよいよ表彰が始まると、まず追及・服従・防衛それぞれの単種目優勝者の表彰。

追及チャンピオンは、見事100点を出したハリーさん。
訓練熱心でチームリーダーの益田先生とは大変親交の深い、スロベニアの方です。
1106-4 
今大会のような、厳しい条件の追及フィールドで満点・・・特別賞を出してもいいんじゃないか?ぐらいに思ってしまう自分(笑)。


服従チャンピオンは地元スペインのダニエルさん。
なんと100点!!
服従科目での満点、憧れます(*^-^*)
1106-5 


防衛種目は、総合優勝のロニーさんが98点で単種目でも優勝。
そして、単種目の表彰に続いてチーム戦の表彰式。
三頭以上の出場のある国で、成績の良い上位三頭の総合得点の合計で順位が決まります。
今年の一位は、フィンランドチームでした。 
  1106-8
今回は競技初日からフィンランドチームが高得点を出していて、注目されていた気がします。
私も注目して見ていましたが、感じたことは、
選手と犬はもちろん、客席から応援する関係者の皆さんまでもがスタジアムという環境に慣れているという点。
もちろん勝因はそれだけでなく、選手それぞれの日々の努力あってこそですが、
日本もスタジアムやサッカー場で練習試合とかできるようになればいいのにな~とつくづく思いました。


続いて上位10位に入った方々が順に表彰されました。
スペインに来て、私たち日本チームとずっと行動を共にしていた韓国・訓練部長が10位に入賞!
訓練部長、おめでとうございました!
1106-2


時々来日されているので、日本でもヘルパー及び訓練指導でお世話になった方も多いフィンランドのトミーさんも8位に入賞!
1106-3 


そして総合優勝のロニーさんと、二位のシャロンさん、三位のクレメントさん。
ロニーさんは追及・服従・防衛の三種目全てでV評価を得て291点の高得点、しかも優勝4回目(@o@)
ここ数年ドイツ勢が強かったので、訓練もドイツ式を勧められたりしましたが・・・私はベルギーの方の訓練法がとても好感が持てて、好きですv
・・・なので、今回一位と三位にベルギーの方が入ってとても嬉しく思いました(^^)
1106-9 
(▲クリックで拡大)

こうして大会が終了。

翌日は帰国の為に再びマドリッドまで車で長距離移動。
その翌朝、武田さんの乗る関西空港行きの飛行機が私たち成田行きより早いので、早朝にホテルを出て空港へ向かいました。
空港への道路が、早朝だというのに混んでいてびっくり。

チームリーダーの益田先生はベルギーに寄ってから帰国されるとの事で、空港でお別れとなります。
・・・が、最後に、皆がちゃんと無事に帰れるようにと、武田さんが出発する時に手続きのお手本を見せてくださり、犬連れ帰国の手順を指導してくださいました。
ベテランの南郷さん・石原さんと違って自分は初めての海外遠征でしたから、来る前はいろいろ不安だらけだったのですが、、、頼れるリーダーが居るおかげで「何かあっても益田さんがいるから大丈夫」という安心感が持てて、不安を忘れて楽しく過ごすことができました。本当にありがとうございましたm(__)m


ラストは飛行機からの景色です。

マドリッド・ブラハス空港。屋根の形が特徴的?
1106-10 

マドリッド上空。
車での長距離移動でも土の畑とオリーブ畑しか無かったですが、
上空から見てもやっぱり土色なスペインなのでした。
(来た時は夜だったので、ここまで茶色の大地だというのが飛行機からはわからなかった)
1106-12


オランダ上空、アムステルダム・スキポール到着前。
水と緑の景色を見るとなんかホッとするのは、日本の田んぼのある景色と似ているからでしょうか。
1106-12

そんな訳で、2010年世界大会・スペイン遠征レポートはここまでです。
競技の感想文(反省文?・笑)とか、気が向いたら書くかもしれませんが。。。(f^^;)

閲覧者の皆様、Web拍手・コメント頂いた皆様、
応援と励ましの御便りを下さった方々、どうもありがとうございましたv
景色とかお料理とかも載せてみましたが、見て楽しみつつ
少しでもSCHH競技を身近に感じて頂ければ幸いです。
次回の世界大会は、ジュニアと予選突破目指します!


 * おまけ *
世界大会スタジアム前のバーガーショップに貼られていたポスター。
ボクサーのIPO競技会の案内ポスターのようです。
1106-6 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ジャーマンシェパード - ジャンル:ペット

  1. 2010/11/08(月) 23:07:28|
  2. 競技会・練習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<BH試験 | ホーム | 追及と大会公式パーティー>>

コメント

コメントありがとうございます

世界選手権レポート、楽しんで頂けて良かったですv

これまで、世界選手権は協会の会報とかに結果報告とかが載ったり、
犬界新聞やジャーナルに個人的な感想文が掲載されたりはありましたけど、
競技だけでなく出発から帰国まで、日本チームがどこでどんな風に過ごしてるかとかは
関係者とごく近い人達の耳にしか伝わらなかった事なので。。。
こっそり覗いて楽しんでくれていた方は実は結構いるんではないかと(笑)。

本にする・・・までの事は今の所考えてないですが(^^;)
またこのような機会があれば、可能な限りお伝えしていこうと思います。
  1. 2010/11/20(土) 23:50:38 |
  2. URL |
  3. Kei@管理人 #hq3V5g.M
  4. [ 編集]

お疲れ様でした!

世界大会出場おめでとう&お疲れ様でした。
以前から「まかりまちがって世界大会に行くことになったら連れていってね!」なんて、
よく冗談で話していたことが現実となって、快く私も連れて行ってくれてありがとう♪
とても貴重な体験ができました!

スペインで大変お世話になった益田先生と奥様、そして日本チームの皆様のおかげで
更に楽しく記憶に残る旅になりました。
この場を借りて御礼申し上げます。
スペイン滞在前の準備段階から帰国に至るまでお世話になり、ありがとうございました!

閉会式でkeiや訓練士の皆様が裏で待ってる間、スタジアムでは。。。
訓練士の皆さんと犬達が並ぶための「WUSV」のテープがのんびりと貼られていました。
その間、前夜祭で出てきた3人の男性歌手?さん達がまた出てきて、観客席の皆さんに
音楽と歌を披露してたんです。それで、時々盛り上がってました(^^;

この経験を糧に、またこれからも訓練士としての挑戦を頑張ってね!
  1. 2010/11/15(月) 02:25:25 |
  2. URL |
  3. keiの姉より #m6pSOb.I
  4. [ 編集]

長期レポート、お疲れさまでした!
本当、すごく頼りになる方々とご一緒だったというのは良かったですよね。
今までのkeiさんの頑張りがこうやって実を結んだんだなぁとしみじみ。
アーチちゃんも本当、頑張った~。

ブログ掲載はすごくリアルタイムで楽しめて良かったです。
次は是非、一冊の本にして発行とかどうでしょう。
(文章、漫画、イラスト織り交ぜて)
是非、本で読みたいなぁなんて思っちゃいました。
  1. 2010/11/11(木) 21:44:44 |
  2. URL |
  3. HERO #ojBJu5Sc
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mayugeshepherd.blog96.fc2.com/tb.php/133-ba704af3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)