■ 眉 毛 の 秘 密 ■

シェパード親子と暮らす犬訓練士の、気まぐれ日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「謎・・・。」 な思考回路(笑)

juni5 ジュニアの訓練で今一番問題なのが、防衛。
まだ基礎中の基礎という段階ですが・・・。
何と言うか、ジュニアは防衛をやる犬の一般的な思考回路とちょっと違うようで、摩訶不思議です(これじゃ説明になってないけど・笑)。

もっと自分がジュニアを理解できるように、
防衛の様子を箇条書きで分析↓
 ■犬の意欲 ・・・ 問題なし。
 ■興奮度 ・・・ 高い、というか興奮しすぎ。
 ■ヘルパーに対する注目度 ・・・ 高い。
 ■片袖に対する注目度 ・・・ 対ヘルパー程ではないが高い。
 ■禁足の力強さ ・・・ あるほうだと思う。
 ■監視の集中力 ・・・ すごい真剣。
 ■咬捕 ・・・ 勢いは良いが捕らえ方が下手。
 ■咬捕の保持 ・・・ 不安定。
 ■咬捕の強さ ・・・ 最初の当たり方は強いが後が一定しない。
 ■中止 ・・・ 素早い。

 問題点は、禁足・監視・中止などはとても良いのだけれど、肝心の「噛み」がイマイチな点。
その原因がどうしてか、あれこれ考えてるのですが・・・

 片袖は犬にとっての獲物で、犬は獲物を獲って来る感覚で防衛作業をする・・・というのが一般的なのだけれど、ジュニアはどうやら獲物を獲ってくる行動にあまり感心が無い?・・・いや、感心があるにはあるのだけど、ジュニアの中ではそれよりもっと優先したい何かがある、そんな感じかな~。
防衛作業は好きで好きで仕方がなく夢中で大興奮するし、ヘルパーさんも片袖も好き好き~!・・・だけど、どうやら獲物を獲ってきた満足感よりも、ヘルパーさんと対峙している時のあの何とも言えない緊張感(?)にワクワクする方が楽しいみたい。
ヘルパーさん自身と遊ぶのがお目当てで、片袖は二の次・・・???

 そんなんだから、袖を捕らえた後に一応そのまま噛み続けてはいるけど、反射的に体が反応してそうしているだけで、きっと頭の中は「???(混乱状態)」なんだろう・・・。
セルに似て頭が固くて、考えて行動するのが苦手なタイプではあるのだけれど、少なくともセルは「自然と」作業の目的を理解し、達成感を得られるようになっていった気がする。
 元々持っている強い狩猟本能・防衛本能で体は反応するけど頭がついていかないジュニ坊・・・。
石頭もここまで来るとホント「どんだけ~!」って感じだ。

↓ ・・・まぁ、見るからに何も考えてなさそうですけどね。。。(爆)juni6


 うーむ。
とりあえずは、何の為の咬捕なのかをちゃんと「頭で」理解させるのが課題かなぁ。ちゃんと目標を持って噛むようになったら、ちょっとは変わるだろう・・・と期待してみる。
石頭に負けて折れないよう頑張らねば、自分!!


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:訓練日記 - ジャンル:ペット

  1. 2007/08/23(木) 01:07:08|
  2. 競技会・練習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ジュニア、2歳に!! | ホーム | 涼しかった~♪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mayugeshepherd.blog96.fc2.com/tb.php/12-c3e03423
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。