■ 眉 毛 の 秘 密 ■

シェパード親子と暮らす犬訓練士の、気まぐれ日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2016D-1in福岡【3】

D-1競技会、日曜日はオビディエンスの部と防衛作業。
眉毛チームからは、防衛には単科目=SPr3のウルル君と、IPO3総合のEdward君が出場しました。

まずは単科目のウルル君から。
30653604943_99e18ef0d0_z.jpg広い会場での興奮と、慣れない場所でのドキドキが合わさって、パトロールが挙動不審。
禁足咆哮も前半がやや不安定でした。
31346477471_02e162e119_b.jpgその後の、逃走阻止や攻撃に対する防御など、捕らえることと放すことは練習通りでしたが、服従を求められる場面で余計な声符が必要になることが多くなってしまいました。
31346479021_5fbcd409a8_b.jpg
TSBは毎度a評価を頂いておりますが、もっとどっしりした根っこの強さを鍛える必要あり。
背面護送からの奇襲や、遠距離での攻撃に対する防御はとても良いので、びしっと決められるようにしたいな~。
30653603333_22764202a3_b.jpg
31424661566_b5a190b19f_b.jpg


30653629583_9fcb2e3613_b (1)Edward君の防衛、エド君はパトロールで2番と4番を一度に回ってしまう癖があり、その辺を念入りに練習したつもりなのですが、今回もやっぱり一緒に回ってしまいました↘
ココを徹底的に直すのが直近の課題。

禁足咆哮と監視の咆哮の時にだんだん近くなって顎が片袖に触れてしまう所は、ヘルパーさんと相談の上、とりあえず今大会まではそのまま修正せずにいこう…と決めてたので、これは想定内。

側面護送での服従が乱れてしまい、良くなかったので、ココも帰宅後から早速、これまでより厳しく練習しています。
背面護送からの奇襲に対する防御が苦手で、以前は極端にブレーキをかけてしまっていましたが、今回はスムーズに片袖を捕らえることが出来ました。更に力強く捕らえられるよう、今後も強化したいです。
30653630513_fb2ce172cb_b.jpg30653634313_9092e066cc_b.jpg
今年の6月に行われたFCIの代表選考会の時から半年経ちますが、当時はパトロール後の禁足でも集中しきれなかったりしていたので、ずいぶん成長したと思います。
日々の練習でお世話になっているヘルパーさんや、協力して下さってる練習仲間達に感謝!
30653630283_2d0895ba72_b.jpg
30653633723_769aac3dbc_b.jpg


たくさん良い写真を撮って下さったTa1さん、いつもありがとうございます。今回も使わせていただきましたv
そして大会進行の要の運営スタッフの皆様、ヘルパー要員の方々、事前準備から当日の進行まで様々な場面で重要な任務を果たして下さったLG九州メンバーさん、大変お疲れ様でした。
D-1は毎年、運営と競技者が一体となって大会を作り上げている感じがとても素敵で、終わった後の後味も良く、素晴らしい大会だと思います。
気持ちの良い大会を、ありがとうございました(*^^*)

▼本日の動画はウルル君の防衛です。

<2016D-1レポート、おしまい>
スポンサーサイト
  1. 2016/12/16(金) 23:30:52|
  2. 競技会・練習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016D-1in福岡【2】

IPO3の追及が終わったら、メイン会場へ戻って服従作業。
うちのスクールからはUPr1の伊桜ちゃん、UPr3のウルル君、IPO3のEdward君3頭です。

31458207885_bb923d2e2a_b.jpg   レベル1の伊桜ちゃんは、服従も追及同様にまだ粗削り状態・・・というか未完成な部分もあって、1声符でびしっと決まらないところがちらほら。
とにかく元気いっぱいで、ピチピチの鮮度抜群(?)な感じだけはダントツだったのではないかと(笑)。

ダンベル持来の課題3つが特に、まだまだ完成には程遠いのを承知で出したので減点箇所がたくさん。
1m障害を近めから発進したら、帰りのジャンプからの着地で勢い余って指導手を通り過ぎてしまいました。・・・が、自発的に指導手の正面にちゃんと戻ってダンベルを差し出した伊桜ちゃん。受け渡しは正面で、というのがちゃんと分かってる。賢い子!
前半の作業はそこそこイイ感じに出来たと思いますが、脚側行進が、今のまま(=たびたび指導手にぶつかる)では、IPO3になってからかなり大きく減点されるとのことなので、改善していきたいと思います。
31458210965_8089e98bdb_z.jpg30649954433_784f62dcb6_b.jpg 31342531501_56470245a9_z.jpg
31087279140_2a659b9364_b.jpg


30649972653_d61255d9d6_z.jpg3歳半のウルル君は何度か本番の競技を経験していますが・・・ちょっぴり肝っ玉が小さい所があるので、今までは本番の雰囲気にのまれてしまう事が多々ありました。しかし、今回は頑張りました!
31312380172_f48b2bac6c_b.jpgようやく本番のステージに少し慣れてきたのか?

・・・ただし、慣れてきたことで緩みが出た部分も。
ダンベル持来が大好きなウルル君ですが、ダンベルを咥えると嬉しくなって、つい一瞬、自分の世界に入ってしまうんです。
競技チャレンジ初期の頃は、「とったどー!!」とでも叫んでるかのようにものすごいオーバーラン(ウィニングラン?)してしまっていた彼。
それを逐一、「余計に走るんじゃない!拾ったら真っ直ぐ戻って来なさい!」と直してきた経緯があるのです。
随分マシにはなりましたが、今回は浮かれ調子になった分、拾い上げの後一瞬遊んでしまった模様。
緩んだネジは、また締め直さないといけないですね~。
▼一瞬のお遊びモードが、Ta1さんカメラに激写されてました(笑)
31312382462_419d2c3116_b.jpg30649976723_ce4274ac91_b.jpg
▼真面目に持来したら、スピードもあるし、カッコイイのに~。
31312381722_e7829af878_b.jpg


総合のEdward君は出場順が最終グループとなり、だいぶ日も傾いた時間に服従作業となりました。
31458287915_0170fd3f05_b.jpg脚側行進の途中、場外の犬の吠え声で「防衛?」と勘違いしてしまい、休止のテントの方をかなり気にしてしまいました。
なかなか気持ちを服従作業に復帰させることができず、行進中の停座が失敗。
しかし、次の伏臥~招呼で気持ちが戻り、速歩中の立止はとてもきれいにピタッと止まることができました。

2kgダンベル持来の作業があまり得意ではないので心配していましたが、練習の成果が見られ、1声符でちゃんと作業をこなしてくれました。
練習では帰路も走って戻ってくるので、気持ちの部分がもう少し改善できれば良い作業になると思います。

板壁障害の帰路を飛ばなかったことと、前進からの伏臥で余分な声符があったことが大きな減点になってしまったので、確実に成功させられるようにしていきたいと思います。
Edward君はとても落ち着きのある犬で、服従作業でも無駄に興奮したりしないのが彼の良い所。
長所を活かした訓練で、レベルアップを目指します。
31458288995_f721ecf2c6_b.jpg31421181996_305f64dc93_b.jpg
31421180476_c303c098e3_b.jpg 


IPOの訓練、特に服従は、第三者の関わらない犬とハンドラーだけの舞台。
ここで真剣に、持てる力を全て出せるようになることは、お互いを深く理解し合ってなければ成し得ません。
阿吽の呼吸で目指す演技が披露できた時、自然と結果は付いてくる・・・そんな競技種目だと思います。
もっと確実に、もっと早く、もっと力強く、もっと魅力的に、、、どこまでも求め続けても終わりが無い。でも、だからこそ面白い(^^)
服従訓練にハマると、IPOは犬も人も心から楽しめるドッグスポーツだな~と実感します。

▼本日の動画は伊桜ちゃんのUPr1です。


<つづく>
  1. 2016/12/14(水) 23:55:41|
  2. 眉毛小僧ライフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

D-1 2016in福岡【1】

今年も行ってきました、年に一度のドッグスポーツの祭典・D-1アジアチャンピオンシップ。

開催地が九州ということで、関東からは約1000kmの道のりですけど、九州の会場はとにかく環境が良い!
広さが十分な、真っ平らな整った河川敷がメインの会場で、そこから車で10分とかからない範囲に追及会場。
メイン会場の土手を越えたところ(徒歩圏内)にホテルも。
大会2日目の日曜日は時々雨も降ってきましたが、駐車場もちゃんとアスファルトなので安心でした(^^)
(関東の河川敷会場の駐車スペースは雨が降るとぬかるんでしまう所が多く、たびたびJAFが来てるのを見かけます・・・。)


初日の追及、IPO1の追及単科目(FPr1)にエントリーしていた伊桜ちゃん。
出場順の抽選で、なんと一番を引いてしまいました。
IPO1の追及会場はメイン会場から徒歩10分ぐらいの場所で、まだ日の出前の薄暗い中を出番の早いグループの皆さんと移動。
伊桜ちゃんは一番でしたので、明るくなると同時に印跡開始。
30613226744_727a7dae3d_z.jpg
朝露で犬が全身ビショビショになりながらの追及でしたが、大きな乱れも無く最後まで完追できました。
まだまだ荒削り状態の伊桜ちゃん、全体的に元気良すぎでガツガツしている部分がマイナス点になりましたが、92点を貰えました。
終わってからも、当然もう一本あるわよね?と、やる気満々なのでした(^^;)


追及はもう1頭、IPO3総合でエントリーしたEdward君の出番があるのでIPO3の追及会場へ移動。
IPO3の追及会場はいろんな種類の草が混ざって生えていて、草丈の短い所と長い所が入り乱れている場所。
草の長い所は膝上まであるとのこと、ズボンが濡れてしまうのは困るので雨合羽をはいて装備万端で臨みました。
31435080725_8f2ee309fa_z.jpg
この大会に向けて、いろんな条件や難しいコンディションでもとにかく完追できるようにと練習を重ねてきたEdward君。
スタートからとても慎重で落ち着いた作業、草丈が長くても短くてもそれに惑わされずに安定した追跡をしてくれました。
コーナーを曲がってからやや速度が速くなることがあったのと、コーナーでの僅かな旋回がありましたが、全体的に信頼できる良い作業。94点をいただくことができました(^^)

▼Edward君の追及作業


<つづく>
  1. 2016/12/13(火) 01:47:41|
  2. 眉毛小僧ライフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。