■ 眉 毛 の 秘 密 ■

シェパード親子と暮らす犬訓練士の、気まぐれ日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

LG東京

Dscf1049.jpg
紹介するのがおそくなってしまいましたが・・・

今年8月、ジャパンシュッツフントクラブに
新しいグループ 『LG東京』 が誕生しました!

LG東京は、訓練が好きな訓練士・愛犬家の集まるグループです。

目指す訓練は、IPO規定に則った理想形。
。。。即ち、意欲的で活力があり、且つ精神的に安定して落ち着いた、信頼できる作業です。


Dscf1071.jpgIPO訓練は
追及・服従・防衛の3種目がセットになっているので
練習環境が整わなければ、仕上げるのが難しいのも事実。
特に防衛は、防衛ヘルパーを使っての練習を経ていなければ完成させられません。
・・・ですので、場所を借りたりヘルパーを呼んだりして練習環境を整える必要があります。

個人単位では費用その他の面で無理がありますから、同じ訓練を志す者同士が集まって、皆で協力しあい切磋琢磨していこう!というグループがLG東京です。

Dscf1138.jpgDscf1060.jpg


練習会は、今はまだかけだしの為不定期開催ですが、将来的に定期的に開催できればと思っています。

練習メニューも、どうしても防衛中心の練習会になりがちですが、服従・追及の練習会も模索中。
Dscf1169.jpgDscf1152_20141031021125ab5.jpg

Dscf1096.jpgDscf1079.jpg
ちなみに、防衛練習会は現在のメンバーだけでは困難な為、
第一回の練習会では防衛ヘルパーをクラブ外の熟練ヘルパーさんにお願いし、来ていただきました。
今後もこのような形での練習会になっていく予定です。
Dscf1227.jpgDscf1217.jpg
Dscf1122.jpg
今回掲載の練習風景は第一回練習会の様子。
ヘルパーは岐阜の武藤先生です。

LG東京は、同じ志の訓練者であればビジター参加も大歓迎。

第一回練習会も、会員外の訓練士さん達も多方面から参加してくださいました。

12月のD-1競技会開催に向け、
メンバー全員練習に気合い入ってます!



Dscf1216.jpgDscf1116.jpg
Dscf1095.jpg
LG東京の活動も
時々ブログで報告していきますので
どうぞよろしくお願いします(^▽^)/


※11月3日(月・祝日)
SV審査員益田先生をお招きして
BH試験と訓練セミナー(実技指導)も開催します。

興味のある方はシュッツフントクラブHPより、メールにてご連絡ください。


Dscf1088.jpg


スポンサーサイト
  1. 2014/10/31(金) 07:00:47|
  2. 競技会・練習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SVJショー観戦

Img_3442.jpg 神奈川・平塚で行われたSVJのショーを見学に行ってきました。
ドイツSVから、ショーも訓練も見れるヨハン・マイヤー審査員をお招きしての展覧会。

ベビー、パピー、幼犬、若犬、、、・・・と、犬の年齢で区切られた各クラスが、若い順から牝とオスとそれぞれ分けて審査されます。
Img_3429.jpg

パピー達はまだショーマナーも教育課程なので、助手の方がリンク内に入って誘導しながら最も良い歩様を披露。
遊び盛りの子犬達、前後の犬に「あそぼ!」アピールしちゃう時もあったりして可愛らしかったです。
Img_3437.jpgImg_3443.jpg

少し大きくなると、まだまだ子犬ですが立派なショードッグ。
Img_3449.jpgImg_3464.jpg
Img_3465.jpg


そして、9~12か月のクラス・牡組にLG東京・三谷訓練士のゲルト君が登場!
Img_3502.jpg Img_3471.jpg

10ヶ月ですが、大きさも筋肉量も成犬で通用しそうなほどガッチリ逞しいゲルト君。
リードが切れるんじゃないかと思うほどグイグイと引っ張り、パワフルさ満点。
前の犬がゲルト君を気にして振り返って近づいてきても、全く気にせず黙々と歩き、芯の強さ・稟性の良さも際立っていました(^^)
Img_3483.jpg

最初はグイグイ引っ張り過ぎでしたが、少し慣れると素晴らしい歩様に!
Img_3470.jpg

体のバランスや角度はジャーマン・シェパードとして全て正しいものである、との評価でした(*^_^*)

一部の、無知な展覧会マニアが偉そうにシェパードを語り、
「訓練犬なんかシェパードじゃない」と一括りにしてバカにすることがあります。 ネット上でも多いですね。
そういう人を見かけたら相手にせず、「シェパードの事、何も知らないんだね」 と心の中でバカにしてやりましょう。
(※まともに相手をすると疲れるだけなので、おすすめしません。)

ドイツSVの審査ではショータイプも訓練タイプも平等な審査、そして正しいものは正しい・良いものは良いと評価するのです。
Img_3493.jpg

お昼休みの前に、今後、ショーでも必須となるBH試験と防衛テストのデモも行われました。
ここでは、三谷訓練士が今年のWUSV代表になったパンテーラちゃんと模範演技を披露。
Img_3505.jpgショードッグのサンプル犬での防衛も。
Img_3515.jpg
長い間、日本はショーと訓練は別世界・・・が当たり前のS犬界でした。
早くドイツのように 『ショーのシェパード達も訓練が出来ているのが当たり前』 になって欲しいです。


審査がすすみ成犬組。
ここで、成犬牝の出場数が多くハンドラー不足とのことで会場にいたオーナーさんや見学していた訓練士が数名、ショー体験を兼ねてハンドラーとして犬を引くことになりました。
訓練所さんのご厚意で、私も飛び入り参加させていただきました。
  Img_3538.jpg  Img_3543.jpg
S犬のショーハンドラーは初めてではないですが・・・十年以上ご無沙汰してました(笑)
Img_3539.jpgImg_3550.jpg
私の引いたビーネちゃん、銃声テストでちょっぴり反応してしまいました。
そのことが引っかかっただけで、他の点はとても良い評価だったらしく惜しかった~。
やることは訓練競技会と全然違いますが、その犬の良い所を見せる・アピールする・・・というのはショーも競技も一緒です。
楽しかったですv

ショーの最後は、一番迫力満点な成犬牡組。
Img_3560.jpg始めはゼッケン順に入場しますが、その後個体審査をし、
Img_3578.jpg犬の正面と背後からも歩様をチェックしたりして
Img_3579.jpgバランス・構成・足運び・色素・メンタル面・・・などなど総合的に見て
Img_3572.jpg良い犬がピックアップされ、走る順番が入れ替わります。
▼最上位に選出され、先頭を走る犬。
Img_3568.jpgImg_3583.jpg

こちら、第二席。        そして、ゲルト君以外にも、訓練犬で出場された方がいらっしゃいました(^^)
Img_3562.jpg   Img_3581.jpg
・・・終了後に、LG東京メンバー三谷さん・四家さん&その他お仲間数名で、マイヤーさんと記念撮影。
Img_3596.jpg
<プチ・インフォメーション>
11月 3日、LG東京でBH試験(SVJ)と訓練セミナーを開催します。
場所は当ドッグスクールフィールド(埼玉県比企郡川島町)にて。
益田先生に試験委員&セミナー講師で来ていただきます。
セミナー内容は、防衛訓練=ヘルパーが居ないとできない・・・と思っている方が多いので、ハンドラーが自主トレメニューとして行うべき訓練や、防衛ヘルパーとの練習を始める前にハンドラーが当然やっておくべき訓練について。
また、防衛訓練と関係なく犬と指導手の関係強化のためにどのような練習メニューが良いか等、実技を交えて教えて頂く予定です。
グループ・派閥問わず誰でも参加可能です、興味のある方はぜひどうぞ!
(シュッツクラブHPはこちら

ショーレポートは以上です。
最後に、成犬牡一席犬の雄姿をもう一度。
Img_3580.jpg 


  1. 2014/10/27(月) 22:18:16|
  2. 眉毛小僧ライフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

HOSS君の門出

  本日、HOSS君の巣立ちの日。

Img_3407.jpg

141021_090415.jpg 
お迎えに来て下さった女性スタッフと一緒に、台湾へ。


万が一があっては困るので、検疫は前日に済ませました。
第二ターミナルの検疫所に行きたかったのに、高さ制限フリーの青空駐車場が満車だったので、しかたなく第一ターミナルの駐車場に車を停めて徒歩で第二ターミナルへ。
Img_3411.jpg





HOSSは空港内でも、検疫所でも、あわてず騒がず落ち着いた態度でとても良い子でした。
Img_3412.jpg



日本を出る前に、日本庭園風の酒々井P.A.で記念撮影。
Img_3404.jpg

ターミナルへ行く為のエレベーター。 ここから先、空港内はカート(バリケン)に載せて移動。
Img_3415.jpg

141021_090426.jpg動く歩道も初体験(笑)
141021_084623.jpg


手荷物カウンターにて、搭乗前のHOSS。(→)
甘えっこなHOSS君、私が傍を離れたら、ちょっぴり後追い泣きしていました。

これで、二月生まれの子犬達が全員巣立っていきました。
淋しい気持ちもありますが、飼い主の皆さんがそれぞれ、犬をとても大切に可愛がって下さる方達なので安心です。
そして、今後の成長もとても楽しみです。


夕方、台湾の飼い主さんから無事到着しましたとのお知らせをいただき、一安心。
新しい環境にもすぐ順応できる子ですし、何しろ人懐こいので、ストレスとかの心配は全くしていません。

到着時の写真、お迎えに来たくれた飼い主の施さんに寄り沿って、笑顔のHOSS君。
MYXJ_20141021175737s.jpg

巣立っていく前に兄弟犬達で集まった時の写真などもあるので、後日UPしたいと思います(^^)/
  1. 2014/10/21(火) 23:14:37|
  2. 子犬育成日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ダイちゃん、卒業!

P1180641.jpg 季節が巡り、当スクールでも卒業生あり・新入生あり。

ちょっと紹介が遅くなってしまいましたが、
シェパードのダイ君が7月にめでたく卒業となりました\(^▽^)/

長期の預託訓練で難しい高等訓練まで習得し、目標であった霧ヶ峰・警戒の部を始めJKC競技会でも多数入賞。
長く訓練する間にJKCのトレーニングチャンピオンのポイントもたくさん貰いました。

今年春の本部競技会でメジャーポイントも獲得、めでたくグランドチャンピオン完成となり卒業することになりました。
 ▼本部オビディエンス1で入賞、合格もしましたv
140426_163158.jpg

結果しか知らない人の中には、
「最初から良い子だったんだろう」とか、「良い犬なんだから結果を出して当たり前」とかいう事を、簡単に言う輩が居ます。
そんな人達には、全て努力あっての結果だということを分かってほしい。

実はダイちゃん、当方へ訓練に来る前にも、老舗の大手訓練所で預託で訓練を受けていた経歴があります。
・・・が、3か月以上経過しても一向に訓練が入らず、最終的に 「この犬に服従訓練は無理です、諦めて下さい」 と言われてしまい、落第生の烙印を押され帰宅したのだそうです。
しかし、訓練が入らないという事に疑問を持った飼い主さん(そりゃそうだ、生粋の訓練系シェパードなのだから)が、繁殖元を通じて当スクールを知り、犬を託してくださる事になりました。

140503_073522.jpg来た当初のダイちゃんは、なるほど・・・
呼んでも帰ってこない、脚側の命令をすると飛びのいて離れる、走り出したら止まらない、服従嫌いで服従訓練中は顔も肩も下がりっぱなし、脱走癖あり、叱ると固まって動かなくなる、防衛作業では興奮しすぎで噛み返ししまくり・片袖を振り回しまくり・・・などなど、問題だらけ。
訓練を投げ出したくなるのも分かる気がしました。

・・・ですが!!
「訓練が入らない犬」 ではないです。
その訓練者が 「訓練を入れられなかった」 だけです。

その証拠に、JKCのG.T.CH獲得はじめ、目標としていた霧ヶ峰・警戒の部でも94.6点を取れるまで成長しました。
諦めなかった飼い主さんと、日々の訓練に一生懸命付いてきたダイちゃんが頑張った結果です。

イケメンシェパなダイちゃん、長く居る間にすっかりうちのスクールの顔になっていたので居なくなると寂しいですが、犬の寿命はそう長くないですからね。
競技生活を長く続けた犬は、家に帰るころには体がボロボロ・・・というケースが少なくないです。
そういう悲惨な事にならないよう、当スクールでは犬の体のことは常に注意し健康維持も含めての訓練をしています。
ダイちゃんは元々の体質も丈夫でとても健康体でしたから、訓練を卒業する時点でもまだまだ有り余る元気♪

▼卒業おめでとう! ! 今まで勉強を頑張った分、これからはご家族の皆さんとの時間をいっぱい楽しんでね(*^_^*) 
140503_073322.jpg



・・・そして、夏が過ぎ新入生も続々。 
 Img_1656.jpgImg_3025s.jpg
Img_1749.jpgImg_2350.jpg
この子達の訓練状況は、また追って報告いたします(^^)/

  1. 2014/10/13(月) 19:24:52|
  2. 犬達の訓練状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。