■ 眉 毛 の 秘 密 ■

シェパード親子と暮らす犬訓練士の、気まぐれ日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

子犬ちゃん旅をする(2)

登別に滞在中は小野寺先生の生徒さん達に沢山可愛がっていただきましたv

▼リサ姉さんにご挨拶。
Dscf9498.jpg

▼将来の夢は訓練士、という少年とダンベル持来の特訓も(!?)
Dscf9492.jpg

Dscf9477.jpg

Dscf9476.jpg

▼ドッグウォークも体験
Dscf9519.jpg

▼初めてのオモチャにちょっぴり戸惑い
Dscf9517.jpg

車中泊の旅では、根室まで行ってきました!
▼サラブレッド銀座にて
Dscf9563.jpg

旅先でも元気いっぱい(^^)
Dscf9576.jpg

Dscf9577.jpg    Dscf9508.jpg

Dscf9583.jpg

良く寝、よく食べ、良く遊び・・・見た目にも明らかに大きくなったので
体重がどれぐらい増えたか気になります。
Dscf9708.jpg

Dscf9709.jpg

Dscf9592.jpg

・・・で、帰宅後。
生後55日に病院で体重測定したところ

ガイア君   9kg
ジーナちゃん 8kg

・・・でした。

▼旅を満喫した、帰宅後のお二人。
Dscf0014.jpg    Dscf0002.jpg
 
Dscf0024.jpg
 
Dscf0012.jpg
 
巣立ちの日ももうすぐです。 

スポンサーサイト

テーマ:ジャーマンシェパード - ジャンル:ペット

  1. 2013/09/26(木) 08:57:31|
  2. 子犬育成日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

子犬ちゃん旅をする(1)

昨年9月と今年7月の旅の記録が、まだ後回しになっていますが。。。 また北海道、行ってきちゃいました(笑)
今回はガイア君とジーナちゃんも一緒でしたので、子犬ちゃん達の成長ぶりをお届けしまーす。
詳細な旅の記録は後回しで。
Dscf9301.jpg
初めての長旅でしたが、様々な体験を重ねて二頭ともぐーーーんと成長しましたv 

出発前はリードを付けるのもまだ不慣れな状態で、歩き方も頼りない感じでした。 (生後、約40日ぐらい)
Dscf9329.jpg   Dscf9314.jpg
それが、行く先々でいろいろな体験を積むにつれ、みるみる上達。
帰宅する頃には少々の段差も難なく乗り越えるぐらいになりましたv 


Dscf9330.jpg    「海っておっきいー。」

Dscf9337.jpg

Dscf9339.jpg 

Dscf9328.jpg
▲遊び疲れて休む時は、人間の懐が一番居心地がいいようです。
教えられたわけではない、本人(犬)にとってごく自然な行動。
根底から人間を信頼している犬である証拠です。

▼一緒に旅したソラ兄さんに連れられて、岩場も散策。
Dscf9355.jpg
▼坂や段差に、最初は戸惑っていましたがだんだん慣れて昇り降りができるようになりました。 
Dscf9353.jpg

▼たくさん遊んだら、落ち葉の中でぐっすりこん。
Dscf9374.jpg
▼楽しすぎて、目を閉じるのがもったいない?
Dscf9386.jpg
 
▼表情も、逞しくなったきがします 
Dscf9372.jpg
 
Dscf9516.jpg
 
写真が沢山あるので、二回に分けて掲載します。
明日は、旅後半の分を。

テーマ:ジャーマンシェパード - ジャンル:ペット

  1. 2013/09/25(水) 15:55:41|
  2. 子犬育成日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年夏の旅(4)

【お馬さんが沢山!】
Dsc_3934.jpg
順番が前後しますが、知床を離れ船長の家へ行く途中。
「ワシとか、猛禽類いないかな~」という会話をしながらドライブしていて、
たまたまトンビか何か分からない鳥を見かけて車を停めました。
寿沸湖という湖の近くのパーキングポイントでしたが、その湖の方にも何か居るのが見えました。
「熊じゃないよね、牛かなぁ?」(私)
「あれは、馬じゃない?」(小野寺)
・・・なんて会話をしていたら。
遠くの湖畔で寝そべっていたその馬達が、一斉にこちらに向かって走ってきました!! 
 
▼こ、こんなに居たのか!というぐらい沢山の馬達が、次から次へと向かってきます。
Dsc_3936.jpg 
▼ドドドド・・・という足音も聞こえ、圧巻。
Dsc_3940.jpg
▼どうやら、半野生で飼育されている道産子(?)達のようです。  子連れも多数。
Dsc_3952.jpg
▼白い馬も居ました。
Dsc_3965.jpg 
ものすごく広大な敷地に、よく見ると柵がしてありました。
これだけ広かったら、沢山居ても草を食べつくしてしまう事も無いんだろうなー。
馬達はそのまま目の前を通り過ぎ、隣の敷地へ移動していきました。 
Dsc_3968.jpg
突如こちらに向かって走ってきたのは、車の音がしたから牧場の人が来たと思ったのかも。
せっかくのお昼寝を起こしてしまってゴメンよー。

Dscf6999.jpgさて、サロマ湖で宝探しをした後は、帰り道を模索しながら網走観光。
網走というと刑務所しか思い浮かばず、網走刑務所(資料館みたいになってるところ)に行ってみました。

歴史教育の一環で、社会科見学とかで行くのは良いかもしれないけど、観光スポットとしてはイマイチだなぁという印象。
お土産の売店もあったけど、刑務所グッズ(刑務所ネタのウケ狙いグッズ)が多くて。
売店のおばちゃんが、「何か買ってってよー。全然お客来ないのよー。」とかネガティブ発言してたのもあまり印象が良くなくて、記念撮影もせずとっとと次へ移動することにしました。

少し遅い昼食は、女満別の道の駅で。
メニューを見て、ながいもラーメンも捨てがたいけどやはり『しじみラーメン』というのが気になって、それを注文。

これが、なかなか美味しくて。
道の駅や高速のサービスエリアのラーメンって、インパクトあって印象に残る味って今まで無かったんですがこのしじみラーメンはヒットでした!
(三人で味噌、醤油、塩をそれぞれ食べた感想は、、、塩がダントツで美味しいという結果でした)


観光名所の一つ、メルヘンの丘にも立ち寄り犬達と一緒に記念撮影。
▼クリックで拡大
  Dscf6997_20130908223445094.jpg
帰りのルートは、来た道と違う北見ルートで帰ろう!
ということで、途中の道の駅にポツポツ寄りながら、高速に乗り一気に家路につきました。

知床方面は見てない所もまだ沢山あるし、何度でも楽しめそうです。

2012年夏の旅レポートはこれでおしまい。
近々、秋の旅レポートもUP予定。 お楽しみに! 


テーマ:▼o・ェ・o▼わんとの楽しいお出かけ! - ジャンル:ペット

  1. 2013/09/13(金) 07:59:34|
  2. 犬と北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年夏の旅(3)

【サロマ湖で、宝探し】

知床観光を終え、サロマ湖まで移動してここで一泊。

▼宿泊させていただいたのはこちら、『船長の家』
Dscf6942.jpg
▼漁師さん直営の宿なだけあって、内装には釣り具や船の部品が。 魚の写真なども沢山飾られていました。
Dscf6939.jpg 
船長の家と言えば、豪華で盛り沢山な海鮮料理!
・・・というのを全く知らないまま足を運んだので(笑)、お夕飯の食卓を見てビックリ!!

▼「これ、どっからどこまでですか?」って聞いたら、このテーブル全部で三人前とのこと。すごーい!!
Dscf6948.jpg 
食卓にびっしり並べられた料理だけでも驚きだったんですが、
テーブルに乗り切らない分が後から次々運ばれてきて更に驚き(笑)。
カニ、お魚、貝、海藻、他いろいろな食材が
刺身、煮物、酢の物、焼き料理、茹で料理、グラタン等々様々なお料理になって、目の前に(*^_^*)
アツアツ焼き立てのエビの塩焼きが最高に美味しかったですv

全部残さず食べたいところですが、さすがにスゴイ量なので食べきれない人が殆ど。  
・・・なので、カニはお願いすれば冷凍保存してくれ、お持ち帰りすることができます。
三人とも、最初は「残さず食べるぞ~!」と頑張っていましたが、お持ち帰り可能と聞いて一安心(笑)。

▼朝のメニューも豪華でした(^-^) 
Dscf6951.jpg
ここの宿の良いところは、お客を楽しませる企画をいくつか取り入れているところ。
食後の抽選会では、くじ引きでお土産(魚の干物や、お買い物サービス券など)が当たります。 
翌朝、宿のすぐ近くの市場で朝市があり、そこでお土産を受け取ります。あと、冷凍してもらったカニも。

▼朝市の様子。 サロマ湖名産・北海しまエビを始め、カニや貝、魚の干物や漬け魚も。Dscf6953.jpg
無料でプレゼントされたお土産だけど、市場に招待されたら当然お買い物もしちゃう訳で。
商売上手いな~って思っちゃうけど、全く嫌な気分にさせないのが
ここの宿がリピーターが多くて人気がある理由だと思います。 

ちなみに私はプレゼントで糠漬けが当たったんですが・・・帰ってから食べてみて、超ウマでしたvvv
お取り寄せして買っちゃおうかな?ってぐらい美味しかったです。

Dscf6959.jpg
船長の家に一泊した翌日は、サロマ湖畔の 
『ワッカ原生花園』 に行ってみました。

お目当ては、原生花園の花々・・・ではなく、
海岸で拾えるというメノウ石。
この原生花園、サロマ湖とオホーツク海を仕切っている、地図で見るとすごく細くなってる所にあります。左を見ればサロマ湖、右を見ればオホーツク海・・・という場所。 

かなり広いので、アスファルトで舗装された道路が作られていて、乗り合い馬車があったり、レンタル自転車があったり。
(馬車のお馬さんと記念撮影 →)
入口のビジターセンターの方に聞いたら、犬を連れていってもOKとの事だったので私達一行は迷わず犬を連れ、徒歩で海岸を目指すことにしました。

▼オホーツクの海岸ではしゃぐジュニア
Dscf6972.jpg
 
▼人間様達は、宝探しに夢中
Dscf6980.jpg 

▼タンザさんが最初に見つけた宝物は、コンブ。  足で押さえて器用に食べ始めました。
Dscf6976.jpg 「これ、美味しいの知ってる?」
 
▼そんなタンザちゃんに騙されて食べてみたジュニアでしたが、、、「うわ、なにこの食感。 しかも、しょっぱ~(*_*)」
 Dscf6974.jpg
お口に合わなかったようです。。。

▼次にタンザちゃんがみつけたのは、木の棒。
Dsc_4004.jpg    Dsc_4002.jpg
 これはジュニアも欲しがって、二人で引っ張り合って遊んでました。 

Dscf6984.jpg

Dscf6988.jpgジュニアが見つけた宝物は、これ。
漁師さんが網にくっつける、浮き(?)かな?
 
おっきなオモチャを咥えるジュニアを見てタンザさんも欲しくなった?
Dsc_4035.jpg

▼ロープの部分は噛みやすくて、引っ張りっこに最適
Dscf6985.jpg

▼いっぱい遊んで、「そろそろ帰るよ~」と声をかけた時のお二人。 「まだ遊びたい・・・」
Dscf6987.jpg

砂浜を後にしようと、原生花園の方へ歩き始めると
▼ジュニアが 「待って~~~」
Dscf6989.jpg 「これ、持って帰る!」
。。。いりません。。。

・・・で、肝心のメノウ石は拾えたのかというと、小野寺さんが見事GET!
私とレンママは残念ながら、拾えませんでした~。 いつか、リベンジしてやるぞ。

ちなみにナスカとレン君は車でお留守番でした。
レン君は足が悪いので長距離は歩かせられなかったのと、ナスカは海で水遊びしてしまいそうだったので(^^;)
二頭ともちゃんと良い子でお留守番しててくれました。

 ▼原生花園の花とジュニア
Dscf6991.jpg

(つづく)

テーマ:▼o・ェ・o▼わんとの楽しいお出かけ! - ジャンル:ペット

  1. 2013/09/12(木) 07:43:16|
  2. 犬と北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年夏の旅(2)

【世界自然遺産・知床】 

Dscf6841.jpg知床は岬全体が自然遺産になっていて、陸路で岬の先端まで行くことはできません。
代わりに、船での観光ツアーがあるのでそちらを予約していたのですが・・・天候不良で海が荒れている為、残念ながら予定変更。
それならば、車で行けるとこまで行ってみよう!ということになり、一路 『カムイワッカ湯の滝』 を目指して出発!

道の駅の、ヒグマの生態を紹介するパネル→

カムイワッカ湯の滝までの道は、途中まで舗装されていますが・・・滝に近づく為の山道は、殆ど砂利道。 悪天候の中、ドロドロの砂利道を走り車の汚れも酷いことに。
でも、途中で出会う動物たちに癒されます。

▼鹿は、とても沢山遭遇します。
Dsc_3888.jpg
禁猟区になっている為か、少々目が合うだけでは逃げない鹿さん達でした。

▼途中、走りながら見える清流。
Dscf6864.jpg

▼そして、窓の外になんとヒグマも!
Dscf6874.jpg
滅多に見れない、野生のヒグマ。
道路沿いの斜面、土砂崩れ防止のネットが張ってあるところで何やら食べている様子でした。
知床はヒグマの高密度生息域なのだそうですが、ここまで堂々と人間の前に出てくるとは~。

▼車からヒグマまでの距離は、ほんの20mぐらいでした。 すごい迫力!
Dsc_3860.jpg

▼どうやら、ここの黒い溝のような場所に居る(?)蟻を食べに来ていたみたいです。
Dsc_3858.jpg
よく、動物を見れば餌を与えたがる・・・という人が居ますが、野生動物にエサを与えるのは絶対にやってはいけない行為です。 野生の動物が 『人間=べ物GET』 と学習してしまうと、結果的に人も動物も互いに不幸な結末を迎えることになるからです。

ヒグマは特に、 エサやり厳禁!!!な動物です。
彼らがどれだけ賢く、学習能力が高いかは、過去のヒグマによる事故を検索していただければ分かります。

 
▼エサやり厳禁の指導を含めた、ヒグマとの距離の置き方を指導する看板。これは、フレペの滝遊歩道にあったもの。
Dscf6839.jpg

▼クリックででっかい写真見れます
Dsc_3864.jpg今回出会ったヒグマも、しきりに鼻を使って探索しながら蟻を食べていました。

 ニオイで蟻を見つけるって・・・
どんだけスゴイ嗅覚!?!?と思ってしまいます。

彼らが本気になれば、足跡追及なんか朝めし前。
山歩きをしていて万が一、うっかり食べ物関係のゴミなんか落としてしまい、ターゲットにされたら、、、逃げ切れないだろうな。

あ、犬のニオイは車からかなり出ていたと思いますが、無反応でした。
Dsc_3885.jpg   Dsc_3880.jpg
     
そうして、ヒグマと遭遇した感動冷めやらぬままカムイワッカ湯の滝に到着。
湯の滝、という名前の通り温泉が流れる滝。
Dscf6879.jpg
 
Dscf6885.jpg
 
Dscf6881.jpg この滝、硫黄系の温泉が流れていて
何と、立ち入り可能。
然るべき装備をしていれば、滝の中を歩いて登れるのだそうです。
この日も何名か、滝登りにチャレンジしている方がいました。
(この画像にも、その方が写っています。ちょっと見づらいですが・・・滝の上流の方で、黒い傘をさして滝の中に立っています)

しかし、立ち入り可能ではあっても、安全が保障された人工のアトラクションとかではないので、自己責任で・・・という趣旨の注意書き看板も立ててありました。

▼クリックで看板が読めます。
Dscf6878.jpg
 

▼で、車で来られるのはここまで。 ここから先は観光客は進めないよう封鎖されています。 
Dscf6886.jpg

▼帰り道は、ヒグマには遭遇しませんでしたが鹿は沢山いました。 
Dscf6877.jpg
 
▼野生の鹿は、動物園の鹿と比べると非常に綺麗で清潔に見えます。 Dscf6862.jpg 
藪の中を走るから、草木がブラシの役割をしてくれ、自然と体がきれいになるんですね。

 カムイワッカ湯の滝を見学した後は、知床五湖に行ってみました。
ウッドデッキのような作りの遊歩道と、地上遊歩道の二種類があり、地上遊歩道でないと五つ全ての湖は見れないらしい。。。のですが、この看板右下にあるように、この時は地上遊歩道がヒグマ出没の為閉鎖されておりました。
Dscf6892.jpg
 
▼ウッドデッキの『高架木道』で一湖まで行ってみました。 これは、途中にあった沼で一湖ではありません。
 Dscf6894.jpg

 ▼高架木道の眼下にも、鹿さんが。 しかも、子連れでした~。 かわいいv
Dscf6899.jpg
 
▼一湖に到着。
Dscf6902.jpg 

 ▼一湖の全景写真、一枚に納まらなかったので二枚撮ってつなげました。
Dscf6904.jpg
 天気が良かったら、もっと遠くまで見渡せて綺麗だったかな?
 
▼知床で食べたお昼のラーメン。  
Dscf6910.jpg 
 地鶏ラーメンを頼んだら、海鮮ラーメンを頼んだレンママがエビをおすそ分けしてくれました(笑)

昼食後は宿(サロマ湖方面)を目指しつつ、観光名所『オシンコシンの滝』に立ち寄りました。
駐車場から歩いてすぐ見れる滝。
▼観光バスも寄る名所(しかも安全)なだけに、悪天候でも観光客でごった返していました。
Dscf6916.jpg

Dscf6917.jpg 

▼ごった返す中、頑張ってどうにか余計な人を入れず撮影するのに成功。
Dscf6919.jpg
 
▼サムネイル写真クリックで、大きな写真で見られます。 
Dscf6922.jpg    Dscf6923.jpg

 ▼駐車場横にはちょっとしたお土産屋さんも。
Dscf6915.jpg
 
Dscf6912.jpgオシンコシンの滝からさほど離れていない場所に、もう一つ
『三段の滝』 というのがありました。 

こちらは規模が小さいせいか、観光バスは止まらずスルー。
立ち寄る観光客もまばらですいていたので
犬達も一緒に記念撮影♪ 

今回は動物ばかりで
犬達の写真がこれだけになってしまいました(^^;)
知床は世界自然遺産に登録されている場所で、犬達は車内待機が多かったので仕方ないです。

次は、サロマ湖です。

(つづく)

テーマ:▼o・ェ・o▼わんとの楽しいお出かけ! - ジャンル:ペット

  1. 2013/09/11(水) 07:51:33|
  2. 犬と北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生後35日・動画有り

生後35日頃の写真と動画を掲載します。

ここ数日、朝晩は秋の気配が感じられるようになりましたが
昼間の湿度が高いと、犬達にとってはまだ少し暑いみたいです。
子犬達には、氷枕は相変わらず大人気。

▼仲良く寄り添っているように見えますが、実は微妙に氷枕の取り合いをしています(笑)。
Dscf9290_20130910010919a78.jpg
▼500mlのペットボトルじゃ、もう小さすぎだわね~。
Dscf9289_20130910010918e17.jpg 
▼独り占め(?)できた時は、なんか幸せ~
Dscf9295.jpg    Dscf9299.jpg

行動範囲はずいぶん広がり、ヨチヨチ歩きから徐々にしっかりした足取りになってきてます。
最近ではよく走るようになりました。 まだ途中で転んじゃいますけど。(^^;) 

▼ガイア君、走る!
 Dscf9270.jpg   Dscf9280_20130910010957bea.jpg

▼物を噛む・咥える等して遊ぶ頻度も増してきました。 靴も噛みます。 Dscf9217.jpg 
まだ危機感を覚えるほどの破壊力がないので、可愛いもんです(笑)。
 
▼本日のベストショットはガイア君。 なかなか良い面構えです。
Dscf9273.jpg 

▼あまり画質がよくありませんが、遊んだり走ったりしてる様子の動画です。



テーマ:ジャーマンシェパード - ジャンル:ペット

  1. 2013/09/10(火) 07:03:22|
  2. 子犬育成日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年夏の旅(1)

Dscf6988.jpg  しばらくUPしそびれてしまっていた、犬連れの旅レポート。
まとめてどどーんとお届けします。

北海道・オホーツク方面に昨年7月と9月の2回。
そして今年もまた7月に、行ってきました!

犬連れの旅・・・とは言っても、犬専用施設を巡るとかいうのではなくて、普通に観光旅行です(笑)。
北海道グルメ、世界自然遺産の知床、野生動物との出会い、宝探し、、、などなど盛り沢山な旅の記録、数回に分けて綴っていきます。
(写真右:オホーツクの海とジュニア)


【知床目指して出発~!】

2012年夏の行き先は、絶対に一度は行きたいと思っていた知床。
メンバーは私とジュニア&ナスカ、小野寺訓練士とタンザちゃん、レンママとレン君&ダーナ君で、人間3人と犬5頭の旅になりました。
大雑把な旅のプランと、宿の予約は小野寺さんが担当してくれました~(^^)

▼私(撮影者)だけ写ってませんが、2012年夏の旅メンバー。
Dscf6774.jpg

Dscf6762.jpg
まずは高速道路で行ける所まで。

登別から知床までは、旭川・北見ルートと十勝・足寄ルートがあります。
後者は前にも阿寒湖のマリモを見に行った時に使ったのですが、その先の標津方面はまでは行けなかったので、またこちらのルートから。

 犬達はパーキングのドッグランで早速ひとっ走り。
設備自体がまだ新しいのと、利用者がさほど多くないのとで、とっても綺麗なドッグランでした。 


 
Dscf6775.jpg 高速を走っていると、 右手の山側に綺麗な笠雲が。  一つじゃなく、幾つかが不規則にポコポコできていました。
富士山とか、高い山のてっぺんに被っているイメージですが、そういう山が無い場所でも発生するんですね~。

 
ところで。
 標津方面は、誰に聞いても
「行っても何にも無いよ」 と即答されてしまうんですが・・・地図を見ると、行ってみたい気もちになるんですよね~。
だって、道が、あっちもこっちも定規で引っ張ったみたいな直線なんですもん。
海外に行けばそういう場所もいくらでもあるかもしれないけど、日本では、あるのは北海道ぐらい。なので、行ける時に行くべし!ってことでこっちのルートにしました。

▼市街地から少し離れれば、こういう北海道らしい景色が。 
 Dscf6785.jpg
▼いつもこういう場所で追及練習ができたら・・・と。(笑)Dscf6779.jpg
Dscf6786.jpg

 高速を降り、弟子屈に入った辺りで昼食時になりました。

めし処を探しながら走るも、当然、森の中や峠道にはなーんにもありません。摩周の道の駅辺りまで行けば観光客向けに食べ処があるだろう・・・って感じで走っていると、、、予想通り食事処発見!
しかも、看板には
『えぞ鹿料理』 とあるではありませんか!

これは、ここで決まりだね(^^)
ってことで店内へ。 犬達は車で待機です。

3人とも、『鹿丼』を注文しました。
ここのお店、味にこだわっていて
食材にする鹿肉は最も美味しいとされる
“生後二歳までの牝鹿” しか使わないそうです。
柔らかで上品な味、また食べたいと思う絶品でしたv

Dscf6781.jpg  
▲こちらがその鹿丼。 霜降り牛のような、“霜 ”による柔らかさではなくて、肉質そのものが柔らかでした。

Dscf6794.jpg弟子屈を抜け中標津に入ると、間もなく地図にあった 『まっすぐ道路』 に突入!

果たして、何キロ先まで見えているのか?
直線道路がどこまでも伸びているのに、終点が肉眼では確認できない・・・それぐらい、ずーっと真っ直ぐ。 このあたりの道路は、国道と違って交通量も少なくのどかなのもイイです。

コンビニとか、ガススタとかは一切無いですが(笑)、小休止する為のパーキングスペースは所々にありました。
・・・で、そのパーキングで犬達のトイレ休憩をしていると。。。

▼隣の牧草地に、でっかいトラクター出現! 牧草をかき集めています。
Dscf6816.jpg

▼農家のおじさんが・・・と思っていたら、運転手はなんと女性でした! おばちゃん、かっこいいー!
Dscf6820.jpg

▼おじさんは、こちらのトラクター(牧草ロール製造機)でした(笑)。 
Dscf6819.jpg

▼頼もしいおばちゃんの農場をバックに、記念撮影。
Dscf6817.jpg

Dscf6813.jpg長い長いまっすぐ道路をひた走っていると、雨が降り出してしまいました。
犬達の休憩を先に済ませておいてよかったー。

中標津を抜け、根室海峡の海沿いルートで羅臼方面へ。
海沿いルートでは、海の向こうにぼんやりと国後島が見えました。
・・・が、天候不良で残念ながらカメラに収めることはできず。

知床に近づくに連れ、気温も下がってきて7月だというのに上着が必要なぐらい。
宿は知床に予約していたので、雨ということもあり、羅臼周辺では殆ど観光せず(道の駅に寄っただけ)目的地に向かって一気に進みました。

泊まったところは 『夕陽の当たる家』 という宿。
ここの宿も雰囲気の良いところだったんですが、食事は更に別の宿・・・知床で人気の ホテル『北こぶし』でビュッフェスタイルのディナーを楽しめるそうで、そちらのプランを選択。 食後のお風呂も『北こぶし』で。
ディナーはありとあらゆるジャンルのメニューが勢揃いで、ほんの一口ずつ全品食べただけでもお腹いっぱいになるぐらい豪華でした~v
夕陽の当たる家に戻ってから、写真撮リ忘れたのに気づきました(+o+)
(犬達は車中泊です。)

▼知床峠には、まだ残雪が。
Dscf6822.jpg

▼知床の道の駅に併設されているビジターセンター。
Dscf6830.jpg

念願の知床入りを果たした一行、翌日はいよいよ知床観光です。

(つづく)

テーマ:▼o・ェ・o▼わんとの楽しいお出かけ! - ジャンル:ペット

  1. 2013/09/09(月) 07:00:39|
  2. 犬と北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

子犬達、夏の味覚体験

いくつかの台風が雨を運んできてくれ、ようやくほんのりと秋めいてきた今日この頃。。。

・・・なんですが、うちのフィールドの隅に作ったプチ菜園では、まだ夏の味覚が収穫できます。
中でも、犬達に大人気なのがキュウリとトマト。

Dscf9255.jpg 左:大好きなキュウリを見つめる、ジュニアおじさん。

Dscf9250.jpg キュウリをモリモリ食べるジュニアおじさんを見て、近づくジーナちゃん。

Dscf9260.jpg ジーナ 「それ、美味しいんですか?」  ジュニア 「邪魔するな~!」

          ガイア 「ん? 何だ何だ~???」    Dscf9267.jpg
子犬ちゃん達も興味津々なので
 大人げなくキュウリを独占するジュニアおじさんから半分取り上げ(笑)、子犬達にプレゼント。

「わーい!\(^▽^)/  ・・・って、なんだコレ!?!?」
Dscf9247.jpg
 
 ほれ、よーく味わってごらん?
 Dscf9248.jpg 「・・・!!」

 Dscf9254.jpg

。。。初めてのキュウリは、、、なんか、ちょっと青くさい大人の味でした。。。(ジーナちゃん・談)

テーマ:ジャーマンシェパード - ジャンル:ペット

  1. 2013/09/08(日) 09:03:41|
  2. 子犬育成日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お父さん犬Figo

 Dscf8077.jpg今日は、ガイア君とジーナちゃんのお父さん犬、フィーゴ号をご紹介しまーす。
 
▼優しく穏やかな表情が、稟性の良さを物語っています。 
Dscf8048.jpg 

日本に居る訓練系シェパードでは、滅多に見かけないガッチリ太マズル。 頼もしい!
 Dscf8050.jpg

頭部の鉢も、でっか~い!                      足も、骨太マッチョ系v
Dscf8063.jpg   Dscf8065.jpg

Dscf8054.jpg リードを持つT先生に、「指示を下さい!」と熱い眼差し。
マニアな自分は、後ろ姿も撮影(^m^) イケメンは、絵になる~v   Dscf8070.jpg
見た目や構成だけでなく、訓練性能も申し分ない理想的シェパードです。 
フィーゴ号に関する詳細(血統情報・訓練動画等)は、益田先生のHPをご覧ください♪
Dscf8075.jpg

。。。そんな才色兼備なフィーゴ父さんの血は、子犬ちゃん達にどう出るでしょうか!?

▼ガイア君は、父さん譲りの素敵ブラック・タンと、太マズル
 Dscf9265.jpgDscf8059.jpg

▼ジーナちゃんも、毛色は違えど。。。そっくり顔(笑)
 Dscf9272.jpgDscf8061.jpg
この先の成長も楽しみですv

フィーゴ号撮影に当たり、益田訓練所様&T先生には
大変お忙しい中お付き合いいただき、ありがとうございました(*^_^*)


テーマ:ジャーマンシェパード - ジャンル:ペット

  1. 2013/09/07(土) 19:48:17|
  2. 子犬育成日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生後30日

生後30日経過しました(^^)  
Dscf9209.jpg    Dscf9203.jpg
Dscf9211.jpg     
パピーワクチン接種のついでに体重測定。 
 
■ ガイア君 ・・・・・ 4.7kg
■ ジーナちゃん ・・・ 4.2kg

二頭とも、とっても発育良好です。 
自分で毛づくろいするのも、なんとなく上手になった!? →


ほんの一週間前まで、ママのお乳に吸い付いていましたが▼
Dscf9183_20130907024737a58.jpg 

Dscf9181.jpg

▼生後30日を境にはっきりと乳離れしてきた感じです。
Dscf9200.jpg
 
Dscf9218.jpg 

▼よそのおばちゃん(アーチおばさん)からも、少しずつ教育指導も受けるようになりました。
Dscf9189.jpg 
人間社会と同じく、犬社会も『世の中を学ぶ』って、とっても大切。 
 
しかし、子犬の成長は本当に早いです。
▼一週間前の二頭は、まだ洗濯カゴの中でボーッとしてヨチヨチ歩きでした。
Dscf9194.jpg

Dscf9195.jpg
 
▼それが、もうこんなにしっかりした体つきに! 
Dscf9287.jpg  

 オモチャに対する興味も出てきています。

▼ジーナちゃんのボール遊び初体験 
Dscf9219.jpg     Dscf9225.jpg
 「えいやぁっっ!!!」  ・・・と、なかなか頑張ります。
Dscf9232.jpg 
 
▼ 「ぼくだってぇぇぇ!!!」 ・・・って、それは手です、ガイア君!!  イタイです!(><;) 
Dscf9239.jpg 

Dscf9242.jpg   「ほよ?」

甘噛みをやめさせるしつけ(人の手に歯を当ててはいけないという教育)は、そろそろ始めないといけませんね。

どんなに賢い子でも、どんなに優秀な血筋でも、
根底のしつけが成ってなければ人との関係はうまくいきません。
トレーニング成功の秘訣は 「人と犬が良い関係であること」、これに尽きます。
訓練適齢期と言われる生後4~6か月になって初めてゼロから教育する・・・のではなく、
今できるしつけは今のうちに。
某氏の名台詞
 「いつやるか・・・今でしょ!」  ・・・は、まさにその通り!(笑)


テーマ:ジャーマンシェパード - ジャンル:ペット

  1. 2013/09/06(金) 23:40:35|
  2. 子犬育成日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。