■ 眉 毛 の 秘 密 ■

シェパード親子と暮らす犬訓練士の、気まぐれ日記です。

ちび太君病院へ、そして・・・

▼生後二週間、右端がちび太君です。 
0330-1
今日は辛い報告になってしまいますが。。。
結論から書きますが昨日、ちび太君とのお別れの日が来てしまいました。

生後一週間を過ぎて、少しだけ体が成長したところで
ちび太君の背骨が横に大きく湾曲しているのと、肋骨の一部がへこんでいるのに気づきました。
生後間もない子犬ですから外科的な処置が出来る訳もないので、
その時点ではミルクも良く飲んでいたのでとにかく育てることに専念していました。

ですが、生後二週間になる頃からミルクを飲み終わった後にお腹がパンパンになり苦しそうにする事が時々ありました。
飲んだミルクの量よりもっとお腹が膨らんでいて、どうやら空気を飲み込んでいる様子。
それで、骨の異常を検査すると同時に何か対策はないかと、病院で診てもらいました。
レントゲンを撮影してみた結果、やはり肋骨が大きく窪んでいました。
ひょっとして母犬に踏まれたりした???とも思いましたがそうではなく、生まれつきの異常との事でした。
『ロート胸』という骨が体の内側へ窪んでしまう症状がありますが、ちび太君の場合はその症状が肋骨に現れた状態。
その凹んだ骨に圧迫されて片方の肺はほぼ機能していなくて、その上でミルクを飲んで胃が膨れると更に呼吸がしにくくなってしまう。 呼吸が上手く出来ないと空気を飲んでしまい、更に胃が膨れて・・・という悪循環。
通常、こうした場合にはお腹の側面から直接胃に穴をあけて食べ物の注入やガス・空気を抜くといった事を出来るようにするか、あるいは鼻から胃までチューブを入れて胃に直接流し込むか・・・という処置が取られるのですが、この時のちび太君の体重は僅か500グラム。 
外科的処置ができる体ではなく、鼻から管を通そうにも、猫用の細いチューブですら入れられません。
せめてもう少し大きくなってくれれば・・・との事で、体力の続く限り頑張ってもらうしかないという事でした。

▼生後一週間の頃。ちび太君、アーチの頬の下に居ます。
0330-3
病院から帰宅後、ミルクを飲ませましたがやはり胃拡張に。
それなりに排泄物が出れば少し胃が小さくなるのですが、
次第に胃が張っている時間が長くなり翌日はとうとう一度しかミルクが飲めませんでした。 

犬の世界では通常、体の弱い子犬や異常のある子犬、その多くは生後一週間以内で死んでしまいます。
これはごく普通のことで、珍しい事ではありません。
ちび太君も、生後間もない頃から哺乳をしたから、これまで生きていたんだと思います。
そのまま、どうにかして育ててあげたかったけれど・・・人がいくら努力しても自然の摂理には敵わないのかと考えさせられました。

18日間という短い間でしたが、ちび太君と過ごした日々の思い出は宝物として、心にしまっておくことにします。
0330-2 


*************************************************

ところで
病院へ行った時、他の子達も皆、簡単な健康診断と体重測定をしてきました。

くまごろう君 ・・・ 1.7kg
ジャイ子ちゃん・・・ 1.4kg
ガンコちゃん ・・・ 1.3kg
アチ子ちゃん ・・・ 1.2kg
くろんぼちゃん・・・ 1.1g
マメ太君   ・・・ 0.9kg
ちび太君   ・・・ 0.5kg

くまごろう君とジャイ子ちゃんは哺乳瓶のミルクをがぶ飲みするのが好きで、
毎回大量に飲んでいるので大きめです。
他の子達は、母乳とは味が違うミルクはお気に召さないようで、よほど空腹にならないと飲みません。
これから離乳食を食べるようになると、この差がまた変わってくると思います。

一頭減ってしまいましたが、子犬達の成長日記は引き続き
巣立ちの日まで記録していきたいと思いますので、良かったら時々覗いてみて下さい。
 
スポンサーサイト

テーマ:ジャーマンシェパード - ジャンル:ペット

  1. 2011/03/31(木) 12:48:49|
  2. 子犬育成日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

目が開いてきました~

生後二週間経ち、子犬達の目がうっすら開いてきました(^^)
成長の遅れているちび太だけはまだですが・・・;

目が開いて一層可愛くなった画像を。。。と思っているのですがまだいいのが撮れません;
なので今日は、これまで取った保存画像を貼っておきます。


▼生後一週間
0329-3 


▼ブラックタン牝、あだ名はジャイ子ちゃん(笑)。 生後10日。
0329-5 


▼下がブラック牝、くろんぼちゃん。 上がブラックタン(?)牝、がんこちゃん。 生後10日。
0329-4 


▼ウルフ牡、マメ太くん。 生後一週間。
0329-2

▼ブラックタン牡、くまごろう君。 生後12日。
0329-6 


▼ブラックタン牡、ちび太。 生後一週間。

0329-8 


▼ウルフ牝、アチ子ちゃん。 生後一週間。
 0329-7


▼頑張るママ、アーチ。 必要な世話は欠かさず、あとは適度に放置・・・なあたりがさすがベテラン母(笑)。
0329-1

テーマ:ジャーマンシェパード - ジャンル:ペット

  1. 2011/03/29(火) 16:35:15|
  2. 子犬育成日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生後5日目の写真

生後5日目の画像です。
目が開くのには、まだあと一週間くらいかかります。
0317pup1

 
小さい牡二頭、一番ちびなブラックタン牡はちび太君、二番目にちっちゃいウルフ牡はマメ太君というあだ名に。
マメ太君は小さくても元気バリバリでガッツがあるので安心してますが、
更に小さいちび太君はやっぱり心配。

▼でっかい組と小さい組で並ぶと、こんなに大きさの差が!
 0317pup3



その、ちび太君。。。

0318-2
 

左から4番目、一生懸命背伸びをしてるのがちび太君。
他の子達にまじってお乳をゲットすべく、果敢に挑んでみるものの・・・
0317-1 



0317-2
             ↑  あっ。。。



頑張れちび太!

・・・と、再び傍に置いてやるのですが。。。



0317-3
      ↑ あっっ;
 

やはり他の子達に弾かれてしまい、完全に除け者に(T_T)

本来、こういう子犬は生き延びることが出来ず自然淘汰されてしまいます。
これが動物の世界、弱肉強食の厳しい現実。
でも、人の手で育てられる環境に生まれたのがこの子の運の強さだと思うから、
冷たく見放すことはせず大切にしたいと思います。

▼今の所、これだけの大きさの差。この先どうなるやら!?
 0318-1 


▼コチラはアチ子ちゃんと、ブラックと思われるメスの黒んぼちゃん。
0317pup2


テーマ:ジャーマンシェパード - ジャンル:ペット

  1. 2011/03/24(木) 00:11:05|
  2. 子犬育成日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

子犬誕生

3月12日生まれ、オス3頭・メス4頭の7頭兄弟です。
(クリックで拡大表示で見れる画像もあり)

▼生まれた翌日の画像
0313pup1


▼右端のでっかいお尻、今回一頭だけ生まれたウルフ色のメス=アチ子ちゃん2号。・・・でかい。
0313pup2


▼ブラックタンのメス、この子もサイズがおっきい組。 生まれたての子犬はこんな顔してます。 
0314pup
 
毛色は、ウルフが2頭(オス・メス一頭ずつ)で他はブラックタンと思われますが、どの子もブラックが強いです。
特に、メスのうち一頭はタンが消えてしまいそうな程度。 ブラックになるかもしれません。

サイズは明らかに大きいのが三頭、中ぐらいが二頭、小さい子が二頭。
小さい子のうち、ウルフ牡はとても元気で力強く母乳を飲み順調ですが、ブラックタン牡の方は全体的に力が弱く母犬のお乳に付けてやってもずり落ちてしまって満足に飲めない状態・・・でしたので、不足分は哺乳。 ちび太君というあだ名で呼ぶ事にし、特別に気を付けて育てています。

引き続き子犬の様子をUPしていきますので、お楽しみに~♪

テーマ:ジャーマンシェパード - ジャンル:ペット

  1. 2011/03/20(日) 18:39:43|
  2. 子犬育成日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大震災の影響

11日金曜午後、かつてない大震災が東日本を襲いました。

埼玉では建物の被害などはほとんど見られませんでしたが、揺れはものすごかったです。
地震当時、私はグランドで訓練をしてました。
もも・ひまちゃんのママと、レンママも一緒でした。
周囲に崩れてくるものも無く安全な場所でしたから比較的落ち着いていられましたが、
帰宅してからテレビのニュースを見て被害の甚大さに唖然としています。
我が家は幸いにも、犬も含め家族全員、家も無事です。
ご心配いただきメール・電話など下さった方々、ありがとうございました

それから、本日より計画停電を行うとの東京電力からの発表がありましたが、こちらの地域は朝一番の第一グループでしたが計画停電は行われず電気も通っています。
・・・しかし、食糧や生活必需品の品不足、ガソリン売り切れ等など。。。街はじわじわと震災パニックになっているようです。
そんな訳で、事態が落ち着き見通しがつくまで、しばらく出張訓練はお休みです。

ミニブログの方でも書きましたが、
被災地に、救助犬繋がりで日ごろ交流のある方達が続々救助に向かいました。
東北、特に福島・仙台・八戸は毎年訪れている街。
私も動ければ捜索救助に向かいたかったですが、震災パニックの中、12日の朝にアーチが出産。
哺乳の必要な子も居て、長時間家を離れられなくなってしまいました。

被災された多くの方々に心よりお見舞い申し上げるとともに、
一人でも多くの方が助かることを祈っています。

アーチの出産情報などは、また後日報告させていただきます。

テーマ:東北地方太平洋沖地震 - ジャンル:ニュース

  1. 2011/03/14(月) 17:45:00|
  2. ニュース・一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0