■ 眉 毛 の 秘 密 ■

シェパード親子と暮らす犬訓練士の、気まぐれ日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クラフト君、訓練状況

100712-2長期で預託訓練させていただいているクラフト君。
2月はブルーノ君と一緒に11日の神奈川訓練士会でIPO・1の服従と防衛に初チャレンジ、
その後もPDの桜花賞、関東訓練チャンピオン・・・などなど数回の競技会にチャレンジしました。

結果は、初挑戦のIPO単科目では
服従・防衛ともにそこそこの出来栄えでどちらもG評価をいただきましたv
この調子なら、IPO・1に合格できる日も近い!?

PD競技会では、桜花賞の2部警戒で昨年の東日本に続いて優勝!
3部で二席だったジュニアと一緒に、記念撮影。  
 
100712-3


関東訓練チャンピオンでは1部警戒に出ましたがこちらは惜しくも二席でした。
黒いガウンを頂いたので、またまた記念撮影~。
100712-4

100712-1・・・で、最近では6月27日のFCI東日本トライアルでIPO・1を受験しました。
追及と防衛はG評価で合格ラインを超えたのですが・・・一番安心していた服従で、まさかの不合格。がーん・・・↓ 
 
初受験だからと、公開練習を念入りにやりすぎてしまったのが裏目に出ました。
服従の開始前に、競技リンクに入場してから群集要員が居ないとかピストルが無いだとかでごちゃごちゃして、かれこれ10分位待たされてしまったのもあって(暑かったけど、日陰い無し(T_T)。。。)、クラフト君もさすがにイライラMAX!という感じになり、公開練習はほぼ問題なしだったのに、本番では申告の時点で既にテンション↑↑↑(苦笑)。 

100712-5
 
作業の順番が休止からだったのですが、興奮気味のクラフト君は・・・予想通り(笑)銃声を防衛のムチと思いテントに来てしまいました。
その後、脚側行進が始まっても興奮はおさまらず、行進中の停座で座らない上にハンドラーが振り返ると同時に走って来てしまい、伏臥~招呼は満点のV評価でしたがダンベル持来で正面停座にもたつき、1m障害持来では帰りに板壁を飛んでしまい・・・(><) 続く板壁持来はV、前進はSGと好評価でしたが、さすがにこれだけミスがあると合格点には届かず(泣)。
次回、7月の北海道でIPO・1に再チャレンジとなりました(^^;)

でも、点数こそ伸びなかったけれど、犬は意欲的で力強く、暑さの中でも元気の良い作業をしてくれました。
 つまり、能力を引き出すことは出来ていて、あとは持って行き方次第ということです。
クラフト君の良さを点数にも反映していけるように、引き続きがんばります!

100712-6
▲遠距離攻撃に対する防御、アタックの瞬間

※服従・防衛画像は11日の神奈川訓練士会の時のです。 
スポンサーサイト

テーマ:ドッグスポーツ・警察犬・救助犬など訓練関係 - ジャンル:ペット

  1. 2010/07/13(火) 01:29:56|
  2. 犬達の訓練状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブルーノ君、その後

100710-1ブログの更新をずいぶんお休みしてしまいましたが、ぼちぼち書き始めたいと思います。
長期預託訓練の子を中心に経過報告みたいな感じで紹介していきますが、かなーり前の話題からになってしまうので、個々の犬達それぞれ記事を分けて書いてみます。

まずは、ブルーノ君から。

今年2月の競技会、単科目ジーガーで服従単科目に、11日の神奈川訓練士会競技会でIPO・1防衛単科目にそれぞれチャレンジしてきました。

100710-3単科目の服従では、まず公開練習の日に会場を連れて歩いただけで雰囲気に飲まれているな・・・というのが見え見えでした(笑)。
それはどんな所に現れたのかというと、、、
一般家庭の飼い主さんが多い家庭犬競技会では、私が「周囲に対して威張るな!」と制御していても、つい尾を高々と上げて俺様オーラを出そうとしてしまいます。
しかし、単科目ジーガーの公開練習会場は、出場者も見学者も周囲の人間ほとんどが訓練士さん。
空気を読むブルーノ君、周囲の様子を察知して、俺様オーラは出さずに逆に「何が起こるか分からないぞ?」といった感じで常にアンテナをはっていました。
そして、予想外にピストルの音に過敏に反応し(ホームグラウンドでミニ雷管(銃声の少し音の弱いタイプ)の練習をしていて、何も問題なかったので安心してたのですが^^;)、公開練習中も他の方々の練習中に鳴る銃声に、隙あらば逃げて車に帰ろうとする始末。
当初の予定では合格点以上を目標にしていたのですが、この日の音響シャイな様子を見る限り、ひょっとしたら競技中に発砲音に拒絶反応を示して作業放棄し逃げ出すかもしれず・・・とにかく競技を最後までやり通す事が目標となりました。
100710-2
競技本番は運良く、休止ではなく脚側行進からのスタート。
最初のピストル音で「はっ!」とし、二度目の音でフラ~~~っと外に膨らむも、逃げ出すまでには至らずどうにか競技続行。その後、心の動揺のせいか(?)、行進中の作業を一つ落としてしまいました(停座で座れず立止してしまいました)。・・・が、持来や1m障害飛越持来等、自信持って出来る科目を無難にこなす事で徐々に平常心に戻ってきてくれて、前進ではとても素晴らしい良い作業を見せてくれました。パチパチパチ・・・!
・・・で、最後にペアの方とチェンジして休止となりましたが・・・銃声に耐えられないのは明らかだったので、私は、とにかく「逃げるなら、私のところに戻って来い!・・・車に帰るなよ!!」と念じていました。そして案の定、銃声で動いてしまった訳ですが、ちゃんと私の所に戻ってきてくれました。
100710-4
・・・実は私、この時、休止のテントの中で座りながらうっすら涙出ちゃいました。
訓練開始当初から、我がままで、常に自分中心!な態度で、困った時でもハンドラーに頼ることを拒んでいたプライドの高いブルーノ君が、心の底からハンドラーを頼ってくれた。。。そう感じたのです。
休止だから、ほんとはちゃんと待ってられなくちゃいけない、とは分かっているんですけど・・・(>_<)
傍に戻ってきて、その後は伏せてお行儀良くしているブルーノ君に、
私は「それでいいよ、よく頑張ったね」と声をかけてやりました。

結果、この日は休止で待てなかったこと、銃声で挙動不審になったこと、課目のミス・・・など等、大きく減点された箇所もあり合格点には一歩届きませんでしたが、確実に、ブルーノ君は大きく成長したと感じています。無謀だと思いながらもチャレンジした甲斐がありました\(^▽^)/
100710-6

・・・で、2月11日の神奈川訓練士会競技会の防衛はというと。。。
こちらはブルーノ君の得意科目なだけあって、「俺に任せろ!」と言わんばかりの自信たっぷりな作業。
防衛作業中のコントロールの効き(服従性)が心配でしたが、練習通り堪えるべき所は堪え、本来の良さを発揮してくれたと思います。IPO・1の防衛単科目でしたが、初出場で94点は立派!!

という訳で、私とブルーノ君のペアでの初競技はこんな感じでした。
競技を終えて一段落してからいったんお家に帰ったブルーノ君ですが、
今後も少しずつ訓練を進めていけたらと思います。
 
100710-5


※単科目の時の写真が無く・・・すみませんm( _ _ )m
 防衛は全て2月11日の時のです。
テントの禁足咆哮・追捕・追捕2・禁足から防御・側面護送・遠距離襲撃に対する防御・・・の順です。

テーマ:ドッグスポーツ・警察犬・救助犬など訓練関係 - ジャンル:ペット

  1. 2010/07/11(日) 01:31:09|
  2. 犬達の訓練状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。