■ 眉 毛 の 秘 密 ■

シェパード親子と暮らす犬訓練士の、気まぐれ日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

追及練習会」

091212-511月、シュッツクラブの追及練習会に参加してきました。
今年はアーチとジュニアに加え、1歳3ヶ月のデノ君も参加! 
 
091212-2今シーズン初の牧草地(・・・といっても、この時期は全面土で草は生えていません)での追及。
ジュニアは集中を切らさず、足を使わず鼻を使って追うのを最初から最後まで維持させるのが目標。 その為のコース作りをお願いして、印跡後一時間経過してからいざ出陣!
集中を切らさず、安定したペースでコーナーも大きく乱れる事無く、この日の練習としては成功だったと思います。

アーチは本番に近い設定で、コーナーの後足が速くなるポイントに僅かに餌を置くような形でコースを作っていただきました。
・・・が!! どの犬がどのコースなのか、順番があやふやになってしまってどうやら別の犬の追及コースを使用してしまった模様。 似た様な感じでしたが餌ポイントが多かったので、アーチ的には余裕綽々のまま完追。
091212-1アーチの練習で必要なのは、そういう余裕が出て軽いノリの追及になる部分をもっと慎重にさせること。 なので、この練習ではいかん!!のです。 そこで、アーチのみ2回目を決行。
2回目は、一回目より極端に難しくコースを作りました。 薄めの印跡、曲がりにくいコーナー、餌は置かずに印跡後1時間以上経過してからスタート。
一回目が簡単だったので、案の定軽いノリの追及をして第三屈折で屈折ポイントを過ぎコースを逸れてしまい、コースに復帰しようにも臭気が薄く、餌もなく、焦るアーチ。ここぞとばかりに「そらみろ!!」と責めました。 見学していた方々は「あー、あんなことやっちゃって~・・・」と思われたかもしれないけれど、本日の練習はこれで作戦通り、大成功なのです。
これから春の予選会に向け、アーチにはもっと慎重な追及を求め、確実な作業が出来るよう訓練していかねば、ね。

091212-3デノ君は、本日は初めてIPO競技本番に近い形での追及練習になりました。
牧草地での練習は昨年の冬~春の間に経験していますがその頃は本当に初歩の初歩でしたから、長い直線や直角の屈折、物品を使用して牧草地で練習するのは初めて。
でも、デノ君的に追及はすごく好きで自信持ってやれる科目らしく、地面の状態や周囲の雰囲気など、状況に左右されるというのがこれまでの練習でも殆ど無かったので、この日も特に変わった細工をすること無く、いつも通りのスタート。
コース途中に少し餌を置いてもらいましたが、黙々と安定したペースで追及してくれて、第二コースでほんの少し迷いましたが自力ですぐに正しいコースを探し出し、集中も切らす事無く最終物品まで到達。 物品のポイントはまだ怪しい感じがしますが、これは恐らく、物品が邪魔なほどコースを追うのに真剣な為だと思われます。
父犬のエンディや異母兄弟達の追及作業を見ていて、あの安定度はすごいなー・・・と感心していましたが、実際にデノ君の追及を自分でやってみて、素質の高さに感心することばかりです。
091212-4これまで訓練してきた犬達は、追及に夢中になってのめりこむほど気持ちが前へ向き、先へ、先へ、、、となるケースが多かったのですが、デノ君は夢中になるほど気持ちが下へ向くのです。下へ向く・・・つまり、深く、深く、、、という、まさに追及の理想形。
今後訓練を重ねていく中で、この素晴らしい持ち味を壊してしまわないよう気をつけながら、是非とも追及の強い犬に育てて行きたいです。 


091212-6

スポンサーサイト

テーマ:ドッグスポーツ・警察犬・救助犬など訓練関係 - ジャンル:ペット

  1. 2009/12/12(土) 01:49:24|
  2. 競技会・練習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月29日PD競技会

091205-311月最後の日曜日、PDの関東アマプロ訓練競技会へ行って来ました。
当スクール・眉毛チーム(笑)は・・・
10月に好成績だったクラフト君が再び2部警戒に、PD競技会初出場のコーダちゃんがママとアマチュア4部成年女子組に、そして眉毛小僧ジュニアは3部服従にそれぞれエントリー。

今回ジュニアは服従のみに専念して頑張るぞ!・・・という気構えだったのですが、競技前日、いつものようにグランドで皆と揉みくちゃになって遊んでいる時に足を捻ってしまったらしく、ベストの状態で臨めず(T_T)  大きなミスはありませんでしたが、普段通りの力強く元気のいい動きはさすがに出来なくて、97.6点。3部の出場犬が少なかったので、かろうじてグループ入賞・2席でした。

091205-1クラフト君は、前回の減点箇所だった『脚側停座の位置』(かぶってしまう)と、『持来の帰路が直線的でない』(左側に逸れつつ戻ってきて正面停座も大きく曲がる)のを修正する訓練をしたので、その成果をぜひ出して欲しいと期待しつつ出場。
結果は、修正した箇所は練習通り、ほぼパーフェクトに出来ましたv
・・・で、減点された箇所は脚側行進での集中力不足と、停座と伏臥からの招呼の際に正面停座がほんの少しだけ曲がった点。脚側行進では時折り浮遊臭をとっていて、でも普段は全く見られない行動なので、パパが応援に来てくれていたのが分ったんだと思います。これは仕方ないです(^^;)正面停座の「曲がり」はほんの僅かでしたが、これはまた今後の課題です。
そんな訳で服従作業は文句なしの出来だったのですが、警戒作業の方で、私の判断ミスで咬捕を一度放してしまうという大きな失敗をしてしまいました(><)  ここ最近、服従でボールを使うときも、防衛の練習でも、中止(いわゆる、「ヤメ」。)の反応が遅いのが気になっていたので、あまり興奮させずに冷静な状態を保ったまま挑戦してみたのですが・・・1歳2ヶ月のクラフト君にはまだ早かったようで、逆に戸惑ってしまいました。指導手ミスです、ごめんなさいm( _ _ )m
服従との合計点は93.7点、リザーブでした。

091205-2ママと出場したコーダちゃん、これまで出た競技会はJKCのCD1で、今回のPDは持来や障害飛越も含む科目。
競技会前の練習で、持来作業にもっと義務感を持たせるように、というのを指導していてお家でも練習してもらっていたのですが、どうもママが気持ちを上手く犬に伝える事ができていなかったようで、当日になっても持来作業の部分だけママも犬も迷ってる様子。・・・なので、出場前に会場から少し離れた場所でみっちり練習。
ママが「そうか!」と閃いたらコーダちゃんも自然と迷いがなくなり、スムーズな持来が出来るように♪。。。しかし、その後すぐ出場の出番が来てしまい、休む間がなくコーダちゃんは疲れたまま本番を迎える事になってしまいました(><)
でもでも、コーダちゃんもママも頑張ってくれて、目立ったのは僅かな指導手ミスの減点のみで持来は問題なく大成功! 98.6点という高得点を貰いました!
この日のアマ4部成年女子組は皆さんハイレベルでコーダちゃんは3席でしたが、犬が疲れていて動きがベストの状態でなかった事や、指導手ミスを考えれば、まだ伸びしろがあるという事。次に繋がる競技が出来たと思いますv 

そんな訳で眉毛チームの成績はパッとしませんでしたが(まー、こんな時もあるさ・苦笑)、この日はよく一緒に練習してる訓練士仲間の樋口先生が1部選別で優勝!!  リバー君、樋口さん、おめでと~~~\(^▽^)/

091205-4

▲眉毛チームも便乗させてもらって、一緒に記念撮影(笑)▲
(左から:クラフト君、ジュニア、リバー君、コーダちゃん)  

テーマ:ドッグスポーツ・警察犬・救助犬など訓練関係 - ジャンル:ペット

  1. 2009/12/05(土) 19:04:32|
  2. 競技会・練習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ユウリ君帰宅

*** WEB拍手をいつもありがとうございます ***

8月下旬から来ていたユウリ君が、約束していた訓練期間3ヶ月が経過し晴れて卒業、お家へ帰りました。

グランドではいつも、シェパ軍団に混じって・・・ 


ユウリ君 「何してんの~?」

091203-4


ユウリ君 「ボクも、おっじゃまっしまーっす! ムフフ(^m^)」

091203-5

アーチ 「ちょっとぉ~~・・・(><)」


・・・と、こんな具合で楽しく遊んでたので、
ユウリ君が帰宅した直後はシェパ軍団は少し気が抜けた様子。
(何日かでまた、いつもの雰囲気に戻るのですが。)

後日、ユウリ君ママから競技会の時の写真もいただきましたv

091203-1

尻尾をブンブン振って頑張るユウリ君、どの瞬間も嬉しそう(^^)

091203-3      091203-2   

そして本日シメの画像は卒業間際に撮ったユウリ君。

091203-6

沢山勉強して、ちょっぴりオトナになったかな!? 
お家に帰っても、ガキ大将に逆戻りしちゃだめですからねー(^▽^)/ 

テーマ:LAB☆LOVE☆ラブラドール - ジャンル:ペット

  1. 2009/12/05(土) 01:31:14|
  2. 犬達の訓練状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。