■ 眉 毛 の 秘 密 ■

シェパード親子と暮らす犬訓練士の、気まぐれ日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

持来強化月間・デノ君の巻

091030-2お預かり訓練中のデノ君、8月は夏休みでお家に一時帰宅しておりましたが
9月下旬より訓練再開。

夏休み前までにやっていた課目は、脚側行進・停座・伏臥・立止・招呼・70cmの障害飛越。  訓練再開後は、訓練試験の受験も視野に入れダンベル持来も始めました。 

マイペースで頑固なデノ君、持来欲は前より出てきたけれど、まだまだムラがある状態。 持来作業の基礎は強制訓練が必要と判断、特訓開始となりました。

10月半ばを過ぎ、概ねの持来の形(投げたものを持ってくる)は理解し、出来るようになりましたが・・・問題は、ダンベルのくわえ方。
近くのものを拾う時は真ん中をしっかりくわえて拾う事ができるのですが、遠くに投げたのを走って拾いに行くと、かなりの高確率で斜めにくわえてしまいます。

▼ これが、ダメなくわえ方。
091030-5
そこで、ダンベルに紐を取り付け、ダンベルに手を触れなくても、
離れたところからでも引っ張れるようにしました。

091030-1

案の定、始めは紐を軽く引くだけでダンベルをポロリ。
落としたら、すかさず「持って!!」を命令。
中途半端に軽く咥えるだけでは拾えない=持来できない、だからしっかり咥えなさい・・・と、何度も何度も繰り返し練習。

091030-3
咥え方がしっかりしてきたら、手で引っ張ったりもしてみてたり。
将来高等訓練に進める事も考えて、ダンベルを触れたり握ったりしても「ダセ」の命令が無い限り放してはいけない、というのも教えています。

 

 
091030-7



特訓の効果でしっかり咥える事ができるようになってきたデノ君。
ダンベルを咥えながら・・・何故かウットリ(?)。
口に力が入ったまま、完全に目を閉じてしまう事もしばしば・・・。

091030-8

     ・・・瞑想 ?  ・・・それとも、本気で寝てる???
091030-6
 
 
何はともあれ、少しずつ上達して良い持来作業になりつつあり、一安心です。

 
訓練最後のご褒美は、大好きな障害飛越。
091030-4



  
いつもゆったりした動作のデノ君ですが、
足のバネは素晴らしく90cmも軽々ジャンプ! 

足の短いジュニアでは1m障害を教えるのに苦労しましたが(笑)、
デノちゃんは飛び方も上手だしジュニアのような苦労はしなくて済みそうです。


 
その他、追及訓練はデノちゃん的に得意科目らしく、順調に覚えてくれています。
防衛訓練の練習は物欲にムラがあった為、足踏み状態が続いておりましたが 
このところようやくヘルパーさんとも真剣に遊びダミーをしっかり咥える事ができるようになってきました(^^)
マイペースなデノ君も、1歳を過ぎてようやく作業犬の本能が目覚めてきたような・・・?

練習内容も、いよいよ高等訓練科目に差し掛かり、益々楽しみなデノ君でしたv

スポンサーサイト

テーマ:ドッグスポーツ・警察犬・救助犬など訓練関係 - ジャンル:ペット

  1. 2009/10/30(金) 18:16:18|
  2. 犬達の訓練状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009年10月霧が峰

10月16日~18日、毎年恒例・秋の霧が峰(=日本訓練チャンピオン競技会)へ。 
091029-4

今年は私は出場しないので、仲間の応援と見学が目的。
お預かり訓練中のドルチェの飼い主さんも先輩犬シェパと出場されているので、競技前日、受付前の空いた時間にドルチェとも面会していただきました。

17~18日の競技会本番はほとんどの間、服従・警戒作業の会場で見学しておりました。 一日目はデノちゃんパパと、二日目はクラフト君ご家族と一緒に観戦。

 

大井訓練所さんの若手・平野指導手とエリザベス号。▲
大井さんは地元埼玉・・・というか、すぐご近所なのです(笑)。

▼ 同じく大井さんのヤプーラ号、こちらはベテラン遠田指導手。

091029-3 
このヤプーラ号、見た目も仕草もうちのアーチさんによく似ています。

091029-5

IPOでもV評価の防衛を見せてくれるパワフル嬢なんですが、訓練チャンピオンの課目ではヘルパーの攻撃シーンというのが無く本当の実力を披露しきれないのが残念。



▼ こちらはネットで知り合ったシェパ仲間・Sパパさんちのガイロ君。
091029-1

服従では終始余裕のある態度、警戒作業では意欲十分、
若い犬らしい元気の良い作業を見せてくれました。

091029-2

霧が峰での宿泊はいつも白樺湖畔の民宿、訓練士仲間のHさんと一緒です。
今年はいつもの民宿が、オーナーさん宅で不幸があったらしくて別のところを紹介していただいたんですが、今回泊まった宿も対応が良く食事も美味しくて、とっても良い宿でした(^^)
山の紅葉も始まっていて綺麗だったんですが、
今回宿周辺の景色とか写真に撮るのをすっかり忘れてまして。。。;

・・・なので、昔の写真をペタリ。

091029-6

▲ 2004年、1歳半のアーチと7歳のセル

一日目の夕方、アーチの娘・ビレが出場との事で楽しみにしておりましたが、生憎の雨と濃霧の為、見学者エリアからは視界が悪く見る事が出来ず残念でした(涙)。
悪天候の中出場された指導手の皆さん、寒い中本当にお疲れ様でしたm( _ _ )m

来年は、出場組で行くぞ~~~!

テーマ:ドッグスポーツ・警察犬・救助犬など訓練関係 - ジャンル:ペット

  1. 2009/10/30(金) 01:58:52|
  2. 競技会・練習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ごえもん君、2日目

091014-4お泊り訓練2日目のごえもん君。
訓練グランドに来て、昨日同様最初はサークルに入ってもらいました。
昨日一度体験しているし、飼い主さんが居なくても代わりに頼れる人(=私)が居ると分ったようで、昨日とは明らかに態度が違います。 サークル越しに挨拶に来る大型犬達はまだちょっと怖い・・・けど、昨日のように尻尾を丸めて怯える様子は無く、尻尾をピン!と立てて堂々と鼻を突き合わせ挨拶に応じています。 ごえもん君、たった一日ですごい成長です!

そして、サークルの傍に犬も人も居なくなると寂しくて鳴くのですが、昨日は座って小さくなったままクークー鳴いていたのが、正々堂々ワンワンキャンキャン大きな声で鳴きました。 その場所が安全だと認識したので、素のままの行動に出たと思われます。
怖くない、大丈夫と安心してくれたのは良いですが、この大声での「出して!こっちに来てよ!!」という催促とも言える『要求吠え』は、そのまま犬の言いなりになっては良くないのでわざと無視することに。
諦めて吠えなくなり、ひと息ついた後はサークルの外を自由に散歩しながら、途中で「呼び戻し」や「お座り」の練習をしました。 

 ▼ ウィペットのラビと一緒にお散歩、慣れると気にしなくなりツーショット写真が撮れましたv
091014-1

ごえもん君は、実は褒美(フード・おやつ)に対してとてもガツガツしたところがある食いしん坊なんですが、美味しいおやつを目の前に見せられても、おやつの方を見ずにちゃんと人の目を見て許可の指示を待っています。 アイコンタクトが、バッチリ出来ているではありませんか~!
以前出張訓練でおうちに伺った時、練習方法を飼い主さんに指導していてそれから2週間ちょっとになりますが・・・ごえもん君の様子で、おうちで熱心に練習されているのがよく分りましたv
091014-2
怖がりではあるけど、まだまだ若くて好奇心旺盛なお年頃。
広いグランドでの自由時間はとても楽しいようで、あちこちニオイを嗅ぎながら散策したり、人と一緒に走って体を動かしたり。
私以外の人にはまだ慣れないかなー・・・と思っていましたが、楽しくなっていい気分になったせいか(?)、レンママにも自分から近付いて甘えておりました。

飼い主さん以外にも頼ったり甘えたり・・・臆病な犬ほど、自宅に引きこもって心を閉ざしたままでは、こうした馴致は無理難題となってしまうので、今回まだ若い月齢のうちにお泊り訓練ができた事は本当に良かったと思います。
チワワという犬は犬種の特性上、どうしても怖がりなのは仕方が無いです。
・・・が、むやみやたらに吠えまくったり人や犬にガウガウするのを、臆病だから直すのは無理だと諦めてしまっては、酷くなるばかりになってしまいます。
どんな訓練も悩みも、諦めず真剣に犬と向き合えば必ず何らかの成果は現れますから、日々の積み重ねを大切にしたいですね。  

091014-3

  

テーマ:大好きチワワン - ジャンル:ペット

  1. 2009/10/14(水) 21:01:27|
  2. 犬達の訓練状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初めてのお泊り

091013-1連休に、最近出張訓練で伺ったおうちのチワワのごえもん君が、
一泊二日のお泊り訓練に来ました(^^)

← ごえもん君はシェパード達の頭の大きさよりも小さいサイズ。
   かわいい~v

まだ若く人生経験の少ないごえもん君は、とっても臆病。
私という人間も、ごえもん君にとっては「知らない人」で「=怖い存在」。
ですから、最初はハウスから出て来れらないぐらいビクビクしておりました。

091013-4ごえもん君にとって一番必要な訓練は、ずばり「馴致」です。
馴致とは、周囲の様々な環境・状況に対し犬が過剰反応(怯えたり過度に興奮したり)せずに普通にしていられるように、あらゆる状況に慣れさせることです。
歳をとった老犬が比較的おとなしく落ち着いているのは、体力的なものもありますがそれだけではなく、その年齢に至るまでに沢山の様々な経験をしてきているからなのです。

さて、ごえもん君。
初日はグランドに行ってまず最初はサークルに入ってもらって、今自分が居る環境がどんな所で、どういう出来事が起こるのかを知ってもらうことから始めました。
ごえもん君にとっては広いサークルに、一人ぽつんと入れられ寂しさを感じたのもつかの間、、、サークルの外にシェパードやラブラドール達大型犬が出現!しかも大勢!!!
次々サークル越しに挨拶に来る大型犬達が、最初は怖くて仕方なくてつい「来ないでよー!」って吠えてしまいます。
091013-2でも、外の大型犬達は吠えられても全く気にせずお構いなしで、ごえもん君の存在を確認したらそれぞれ散り散りになって遊びに行ってしまいました。
大型犬達がいなくなると、ほっと一安心・・・でも、また一人ぼっちで何となく寂しい!?
。。。そんな時間をしばらく過ごした後、今度は私がごえもん君にご挨拶。
慣れない環境で頼るものが何もない状況ですから、優しく声をかけられて、すぐに私に対する認識を「怖い人」→「頼れる優しい人」に改めてくれました。
私もこれで一安心です。

その後、同じようなことを何度か繰り返し、大型犬達は何もしないというのも分り周りに犬が沢山いても吠えなくなりました(^^)

 「あの~、もしかしてボクの事撮ってます~?」▼ 

091013-3

夜、家に戻ってからは服従訓練の基礎となる「ごろん」を10分ほど練習。
これは、犬を床に横向きに寝かせそのままじっとしていなさい、という練習です。
強制的に横向きに寝かせられ、更に解除の指示があるまでそのまま、動いてはだめと教えます。
練習回数を重ねていくことで、体のあちこちを触られたり、手足を握られたり、ブラッシングされたりしても、体の力を抜いてされるがままになる・・・のが出来るようになります。
ブラッシングやトリミングはじめ、耳掃除や歯磨きなど体の手入れを嫌がらずにやらせてくれる素直でおとなしい子に育てようと思ったら、小さい頃からこのような練習を地道に積み重ねるのが一番なのです。
・・・とはいえ、ごえもん君はまだ「ごろん」が初めてなので、手足を触ったりするようなことはせず、ただ寝たままじっとする練習のみを数回繰り返して終了。

こんな感じで、一日目の馴致訓練が終わったのでした。  

テーマ:大好きチワワン - ジャンル:ペット

  1. 2009/10/13(火) 23:58:48|
  2. 犬達の訓練状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

PD東日本競技会

このところ、賞味期限切れの記事(笑)が続いておりましたが
久々に旬な話題。

10月4日、PDの東日本訓練チャンピオン競技会で・・・

091009-1

クラフト君やりました~!
2部警戒、優勝カップとガウンGETです。

今回は霧が峰直前で出場頭数が少ない状況ではありましたけど、競技会初出場&一歳一ヶ月という出場犬中最年少(!)でありながらよく頑張ってくれました。

服従作業では脚側停座の位置が悪い(ややかぶる)のが減点対象になってしまいました。
・・・が、これは現段階で作業のスピードを重視している為で、まだ位置を正す練習まで進んでいないので仕方なかったと思います。今後、素早い作業を維持しつつ問題点を修正していく予定です。

警戒作業は初歩の科目なので、咬捕・中止・監視という基本の動作のみの審査です。
最初のアタックの瞬間、当たり方がややソフトな感じがしましたが、すぐに力が入り深く固いグリップを維持する事ができました。中止の反応も明確で、監視への切り替わりもスムーズでした。
この、切り替わりが明確なところが好印象だったこともあり、警戒作業はなんと満点!

PBH1の訓練試験も同時に受験していましたが、無事合格。

でもこれで満足せず、 今後も頑張って犬の良い所を伸ばしていきたいと思います "p(^-^)q゛ 

テーマ:ドッグスポーツ・警察犬・救助犬など訓練関係 - ジャンル:ペット

  1. 2009/10/09(金) 20:01:07|
  2. 競技会・練習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

卒業生、新入生

091008-7 8月。
 
3ヶ月の訓練を終えたセーファ君、自転車運動も覚えて晴れて卒業となりました\(^▽^)/
まだまだ若いセーファ君、おうちに帰ってからまたいろいろあると思いますがこれまでの訓練を活かし、上手に乗り切ってほしいと思います。 

そして、セーファ君と入れ替わりで新しく入所した新入生が2頭。

091008-1 

ラブラドールのユウリ君と、

091008-6 


シェパードのドルチェちゃんです。

 

ドルチェちゃん、昨年8月に生まれたアーチの子で、ディープ&デノ君の兄弟犬です。

新入生の2頭の近況はのちほどまたレポートします♪ 



 ▼ 歓迎セレモニー・・・  ・・・なんですが、あれれ?

091008-2

ユウリ君より数日早く入所したドルチェ、ちゃっかり歓迎する側になってるし(笑) 
(画面右、お尻の見えているのがドルチェ・↑)

 

▼ 「イヤッホ~!!」とはしゃぐユウリ君。
 
091008-3

はしゃぎすぎてハメをはずすと・・・

 

 

▼ ジュニア先生、すかさず指導。

091008-4

 

 ▼ 走り回り、転げ回り・・・そしてあっという間に泥だらけ
それでも、、、

091008-5 

「あははん♪ 楽しいな~♪」

・・・と、本人は至ってお気楽な様子なのでした。
さすが、ラブラドール。

  1. 2009/10/09(金) 00:45:12|
  2. 犬達の訓練状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009年北海道【3】

▼ 北の大地でも、のびのび~(笑)091001-1

 今年の北海道では、狼犬のカイ君に会うのも果たすべき目的の一つ。
カイ君とは、北海道にお住まいのセーファ君の同胎犬です。
子犬の頃の写真はHEROさんから見せてもらっていましたが、
成長後どんな姿になったかは見ていなくて、会いたいなーと思っていたのです。
カイ君のお住まいは帯広より更に遠い山奥(マルセップ?というところ)だそうなのですが、なんと、嬉しい事に登別までカイ君を連れて会いに来て下さいました!

091001-2

カイ君、山奥で育ってるからもっと野生児っぽいのかと思いきや・・・
誰にでもへらへら愛想ふりまき甘えるところはセーファ君と同じでした(^^)
飼い主さんがカイ君の馴致訓練を真剣に考え、あちこち犬連れてお出かけされていると仰っていました。 ドッグランへも行っているそうで、そのお陰か(?)私が連れて行ったセーファ君はじめ沢山の初対面の犬達ともすぐに仲良くなり、とってもいい子に育っているなぁと思いましたv

 

090930-9 

気温35度超えの東京を離れ、
20℃前後の登別で夏合宿を満喫中のビギーちゃん。「しあわせ~v」

091001-3 




デノちゃんは、ドッグランの端っこに生えているヨモギを食べるのに夢中!
うちのグランドの近くも生えてるけどこんなにガツガツ食べてなかったぞ? 北海道のヨモギは美味しいのか!?!?
・・・あまりにも美味しそうに食べてるので、セーファ君とカイ君も釣られてしまい、この後ジュニア達も一緒になって皆でヨモギ大試食会に(笑)。

090930-8

 

セーファ君、登別チームの皆様とは初対面ですが
さくらちゃん、ビギーちゃんラブラドール軍団に混じって 
ご覧の甘えっぷり。 
いつもシェパードになりきってるけど、
今日はラブラドールになってみた?

 

 
▼ 空飛ぶペンギン
091001-5北海道滞在最終日は旭山動物園に行ってきました。
登別は涼しい所ですが、旭川は暑かった!
(犬達を訓練所の助手の方にお願いしてお留守番させてよかった)
園内は、平日だというのに朝からすごい賑わい。
後から聞いた話では、この時期だと土日は身動き取れないほどの人ごみで、動物を見るのも制限時間つきなんだとか;。。。まぁ、TVであれだけ話題になってる有名観光スポットですから、仕方ないですけど。

 
091001-4 

しろくま館。あの豪快なダイブは見れませんでしたが、
素晴らしい泳ぎは沢山披露してくれましたv

091001-7

 

ソワソワして周囲を警戒しているオオカミ。

 

動物園自体はさほど広くなく(北海道だからもっと広いと思ってた)、
ぐるっと一周するのにさほど時間はかからなかったです。
動物の展示のしかたがやはり面白く、いろんな角度から見れるので
2週目は違う角度からじっくり見たり・・・と、とても楽しめましたv

091001-6

何故か、行く先々で動物達が私達の方を気にして目が会う事が多かったんですが、動物から見たら訓練士二人組って特殊なんでしょうかね???

ワピチという巨大なシカには、はっきりと威嚇されました(爆)。
オオカミは最も反応が顕著で、それまでぐっすり昼寝をしていた2頭が起きだし、獣舎の中を隅々まで歩き回り、鼻を使い、高台に登り・・・。 怪しい気配の正体を突き止めようという行動が見られました。(・・・怪しくてごめんよー・泣)

ライオンも昼寝していましたが、上から覗き込む私達のニオイを察知したかのようにこちらを向いてガオー!!と吠えだしました。

091001-8

 
その他の動物も、起き出さないまでも、こちらをじっと見つめて様子を伺う仕草が見られました。
カメラを構える側からは、動物達とことごとく目が合うのでなんか嬉しくなります。
オオカミ・ライオン・ヒョウの写真は、嬉しくなりすぎて
かなり夢中になってたらずこさん撮影(笑)。


・・・というわけで。
盛りだくさんの北海道、とても楽しかったです。
お世話になったらずこさん、登別チームの皆さん、本当にありがとうございました!

▼ ラストはカイ君と一緒に撮った集合写真 

090930-10

左から: デノ クラフト ビギー さくら レン アーチ ジュニア セーファ ディープ カイ 
 
 

テーマ:わんこと旅行 - ジャンル:ペット

  1. 2009/10/01(木) 22:58:52|
  2. 犬と北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。