■ 眉 毛 の 秘 密 ■

シェパード親子と暮らす犬訓練士の、気まぐれ日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

セルの闘病記録 「4・回復に続く、恐れていた事態」

090612-4 ・・・ 犬の「甲状腺機能低下症」の闘病記録 ・・・

セルの闘病記録、「3・容態の急変」からの続きです。

倒れてしまって昏睡状態になったセルですが、処方していただいた甲状腺の薬は確実に利いているのが、時間の経過と共によく分りました。
倒れてから一晩寝た後は、声をかけてもまだ目を開けるだけで顔も起こせない状態でしたが、二晩過ぎると声に応じて少しだけ頭を持ち上げてくれました。
その回復ぶりを見て「これなら、食べるかも!」と思ったので、食事を与えてみることにしました。

食事と言っても、こんな極限の病み上がり状態でしたから、とにかく食べる物で、栄養価の高い物。 貧血気味が目立ち始めた頃から食事にレバーをトッピングしていたので、冷凍してあったレバーをレンジでチンして、あとはセルの大好きなチーズを用意して・・・それを自分の口の中で噛み砕きつつ唾液と混ぜ、消化し易くして与えました。
用意したごく少量を、体は寝たまま頭だけ持ち上げた状態ながらも、ペロリと完食!
安心しました。 食べる気力があるなら、大丈夫。
まだ一度に沢山の量を食べるのは逆に負担になってしまうから、3~4時間おきに、最初は団子1つ分でしたが日ごと2個、3個と量を増やし。

090612-24日目は、体を持ち上げる補助を必要としましたが、倒れてから初めてオシッコも出ました。
セルを寝かせていた場所は外犬舎の1.5畳ほどあるスペースで、セルの老後を考えてちょうど前の年の夏にバリアフリー(・・・に近い状態)に改装した所です。 そのままお漏らししちゃっても大丈夫なようにと作った場所でしたが、こんな状態でもそのままお漏らししてしまう事は無く、ちゃんとトイレに行きたいって教えてくれて犬舎の外に出してもらうまで待っててくれました。 その実直さに改めて感心したのと同時に、意識もはっきりしてるしボケても居ないと分って更に安心。
「これなら、助かる!!!」
と、確信しました。

それから、5日目には自力で起き上がろうと全身に力を入れる仕草が見られ、
6日目にはついに立ち上がり、トイレの場所まで自分で歩いてゆくまでに回復しました。
力が入りきらなくてよろめき、倒れそうになるのを支えて補助しながら、ではありましたが。
7日目、そして8日目・・・順調に回復し、歩行も徐々に安定してきて、もう大丈夫だと信じて疑わなかったその日の晩。
最も恐れていた事態が起きてしまいました。

夜8時ごろに夜の食事を与え、寝る前の11時ごろ犬舎に様子を見に行くと、大量のよだれを垂らしながら犬舎で立ち尽くすセル。 足元には、吐いたと思われるコップ一杯分くらいの泡の混じった水がありました。 夜食べた食事は、吐いていません。
どうしたことかとすぐに外へ連れ出すと、水を飲みたがるので、様子を見る為に少し与えたところ、飲んで1分くらいしてすぐに吐いてしまいました。。。これでほぼ確定、胃捻転です。
約一ヶ月もの間貧血状態が続き、体力低下と共に昏睡状態になり・・・当然体中の筋力も衰えていたはずですから、捻転の危険は常に考えていました。
でもまさか、効く薬もはっきり判っていよいよ元気復活、というこの時になって起きるなんて! 

090612-3 立ち尽くすセルの姿を見ながら、最初の症状が出始めてから今日までを振り返り・・・。
・・・正直、絶望的でした。
長期に渡る貧血症状でジワジワと体力低下が進行し、そしていよいよ立てなくなって昏睡状態に陥るまでになってしまったのが、つい一週間前です。 薬が効いて回復傾向にあるとは言え、体はボロボロのはず。
もっとも、体型的にも体力的にも、健常であれば捻転を起こすなど考えられないセルでしたから、捻転が起きたというそれ自体が、体がボロボロである証拠であったのでしょうけど。。。

もう、助からないかもしれない・・・そんな思いが強かったですが、目の前でどんより気分悪そうにするセルに何もしないでいることなどできない。
夜間救急病院へ連絡し、夜中の1時に病院へ到着しました。

病院到着の時点で、目で見てはっきり判るほど胃が膨張していました。
なので、すぐに処置をしてくれると思いきや・・・やたらと項目の多い問診票を書かされ、他に患者は誰もいなかったけれど診察室に呼ばれるまで30分以上も経っていました(夜間救急専門という特殊な病院だからなのか、こうした症例にも慣れていて余裕なのか?)。 スタッフも技術も医療機器も万全の体制が整った病院という事で信頼はできるので、早くしてくれ!と感情的に怒鳴りそうになるのをぐっとこらえつつようやく呼ばれて診察室へ。
早速撮影したレントゲン画像は、これぞ胃捻転の典型、みたいなものでした。
撮影後、すぐにガス抜きをしてもらった後、担当の先生に、これまでの症状と経過を一通りお話しました。 先生も、やはり助かる可能性は極めて低い、と。

お医者さんの気持ちの本当のところはどうなのか分りませんが、たぶん、体力的に助かる見込みの無い患者を手術するのは一番気が重いことと思います。 手術そのものが、命を奪う結果になる可能性が高いのだから。
090612-5それでも、担当の先生は一筋の望みを賭けて手術を引き受けてくれました。
病院を出る際、処置室に居たセルにもう一度会わせてもらって、
「すぐ迎えに来るから、頑張って!」と声を掛けてきました。

  :
  :
  :

手術が終わるのは明け方で、終わったら連絡しますと言われたので、眠れないまま電話をちつづけ・・・朝7時を過ぎてようやく連絡が入りました。
手術成功の知らせです! セル、よく頑張った!!

迎えに行くと、セルはまだ麻酔でぐったりしていました。
元々体力が低下した状態であることと、貧血状態であった為、麻酔が覚めるのに通常より時間がかかるとのこと。 また、捻転の手術は術後の回復が簡単ではないので、今日からすぐかかりつけの医師に頼んで術後も診療を続けるように、との事でした。
私の計算では、捻転を起こしたと思われる時刻から手術開始まで、4~5時間は経過していました。 でも、先生によると、捻転によるダメージは一般平均より少なく、周辺臓器の損傷(捻転により血流の止まる時間が長くなると周辺臓器の壊死が始まり、損傷した臓器の摘出が必要となるケースも珍しくない)も無く、捻じれた胃を戻して固定するだけで済んだそうです。
それを聞いて、セルの持つ体の丈夫さと底知れぬ体力に、改めて驚かされました。

 夜間救急病院にお迎えに行った後、2時間ほど待機して、指示された通り今度はかかりつけの先生の元へ。
既に救急病院から連絡が入っていてたので、状況は承知していました。
こちらの先生もやはり、あれだけ深刻な状態にまでなった中で捻転を起こしたのに、それでも手術に耐えたという事に驚いておられました。
・・・が、手術のダメージはやはり大きく。。。セルの状態は深刻でした。

090612-1

胃捻転は、手術に成功しても、そこからの復帰が難しいと言います。
ましてや、セルの場合は甲状腺機能低下症の症状がかなり深刻化してしまっている状況。
そして胃捻転を起こした場合、血流が滞ることで臓器がショック症状を起こしているため、当然食事は手術後しばらくの間与えられません。 必要なもの全て点滴で補えればよいのでしょうが、困ったことに、頼みの綱である甲状腺のお薬は、注射や点滴というものが存在せず飲み薬しか無いんだとか・・・。

そんな訳で、栄養補給の点滴その他いろいろ、可能な限りの治療を施すには入院させるしかなく、、この日からセルは生涯初めての入院生活を送ることとなりました。

<つづく> 
 

スポンサーサイト

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

  1. 2009/06/12(金) 12:48:05|
  2. 犬の健康と病気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジュニアネタ(笑)。

090610-1

 

まゆ毛小僧ジュニア君、
朝、公園に追及練習に行った時の出来事。 

足跡を印跡中、ロングリードで繋留されて待っていたジュニア。
印跡が終わってジュニアの所に戻ってみると。。。


「あ!!」

090610-2

何と、リードを噛み切っているではないか!!

 

こんな事をしたのは、生まれて初めて。
ジュニアなりに、この状況から逃れようと(待ちきれなくて脱走しようと)
頭を使って行動したのか・・・???

・・・と、一瞬期待してみたけど、
リード噛んだのはたぶん、単なる暇つぶし。 


だって、噛み切ったのは。。。

 

090610-3



・・・・・。

そこ噛み切ってどうするつもりだったんですか? ジュニア君。

 

 090610-4
「エヘヘ~。 ごめんなさーい。」 

・・・暇つぶしだったかどうかは定かではないですが、
ま~どっちにしろアホって事で(笑)。



本日締めの画像は、全然関係無いですが 
シャンプーしてサラフワコートになったセーファ君。

090610-5

 ▲絡まっていたアンダーコートが取れて、すっきりサッパリv

▼グランドでは相変わらず爽快に走ってまーす。 ・・・またもやディープと(笑)。

090610-6

テーマ:ジャーマンシェパード - ジャンル:ペット

  1. 2009/06/11(木) 00:07:44|
  2. 眉毛小僧ライフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

セルの闘病記録 「3・容態の急変」

訓練の時と180度違う、家でのやる気な~い寝姿。▼

090606-1      ・・・ 犬の「甲状腺機能低下症」の闘病記録 ・・・

 もうすぐセルの命日ということで、闘病記録がまだ書き終えてなかったので続きを書きたいと思います。
セルの闘病記録、2007年8月18日掲載「2・検査の日々」 からの続きです。

   あれやこれやと検査をして他の病気の可能性を消去していくうち、
浮かび上がった甲状腺機能低下症疑惑。
その血液検査を依頼したのは結局、最初の症状が出てから一ヶ月ぐらい経過した後の事でした。
そして検査結果が出るまで更に約2週間程度かかるとの事。

090606-2 日にちが経過する毎に、ほんの僅かずつではあるけれど進行していく貧血と歩行のフラつきに不安を感じつつ、長い長い2週間を過ごしていたある日のこと。。。
 災害救助犬の試験があって福島まで出掛けた日、現地到着後もそれまでと変わらなかったセルが、私が試験を終えて車に戻るとハウスの中で少しむせていました。 「くはー」という、咳にならない咳をしている感じで、それは最初の症状であった喉の炎症が出た時と同じでした。
セルはどうやら、私が他の犬を連れ試験を受けている間、命令や呼び声に反応して犬舎に居ながら吠えてしまっていたようです。 それで、喉の炎症が再発してしまった様子。
 それでも、その時はさほど急を要する様子には見えなかったので、他の練習仲間の試験にも付き合って3時過ぎる頃・・・セルがハウスで立った状態で居ました。 少し外に出たいのかな?と思い出してやると、グラっと大きくよろめき、倒れはしないものの、その後ヨダレも垂らしはじめ、明らかにそれまでと違う状態が見て取れました。
吐き気は無く、胃拡張が起きている気配も無いので捻転では無いとの判断はつきましたが、貧血が今までにないほど酷くなっていました。

 「大変だ!!」
急いで帰り支度をし、座るのが辛そうなセルをハウスに入れず荷室の空いたスペースに載せてやり、車をすっ飛ばしました。
病院は7時までですが、どうにか間に合ってすぐに見てもらいました。
病院に着く頃はセルは意識が朦朧としている感じで、極度の貧血で唇がやや冷たく、ヨダレは異常に粘り気のある粘液状態。 歩行も、支えてやらなければ倒れてしまいそう。

090606-3 症状を見た先生は、ヨダレは喉の炎症から来るもので、フラつきは貧血が原因。
そして貧血の原因は、ほぼ間違いなく甲状腺機能の低下の影響だろう、と。
この時、外注した甲状腺の血液検査の検査結果が出るまであと数日、というところでまだ結果が出ていませんでした。 ですが、症状の悪化が顕著なのでもう検査結果を待たず薬を出します、と言って甲状腺のお薬を処方してもらいました。

 帰宅後、セルはぐったりと横たわり、当然フードを口にする余裕もありませんでした。  朝は元気にいつもの量を食べていたので、食事の心配はせず今はとにかく休ませ体力回復を待つのが大事と思い処方された薬を飲ませ、寝かせました。
090606-5 それでも、やはりこれだけ急に状態が悪化すると心配で気になって何も手につかず、1時間置きにセルの様子を見ては部屋に戻り・・・。
ゆっくり寝かせなきゃって分ってはいるけど様子を見ずには居れない自分でしたが、そんな私にはお構いなしでセルはぐっすり眠っていました。
あまりの眠りの深さに心配で声をかけると、顔も体も一切動かさずに目を開けるだけで応え、セル自身も体力温存・回復が最優先だと悟っているかのような態度でした。

 それからまる二日間、セルは眠り続けました。
朝・夕の投薬以外は顔を上げることも無く、ひたすら昏々と。
最初の一晩はもう心配で眠れなかった自分も、一晩経過後は時々声をかけた時に開けるセルの目に次第に力が戻っているのが分り、少しホッとしつつセルの回復を待ちました。

<つづく> 

090606-4

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

  1. 2009/06/06(土) 02:36:37|
  2. 犬の健康と病気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ミツバチの大群が!

▼ 木に突如実ったハチだんご。

090605-5 昨日の午前中、グランドの外に何やら虫が沢山飛んでいて何だろう?と気にしていたら・・・。 ・・・数時間後、グランド外周に生えている高さ2mほどの小さな木に茶色い塊が!
 近付いてみると、なんとミツバチでした。
ミツバチは新しい巣に引っ越す時に、こうした蜂ダンゴになると以前テレビで見た事が有ります。
 ハチ達が集まっているすぐ横(写真右奥)、グランドの隅には災害救助犬の瓦礫捜索訓練に使用する予定で頂いた廃材が。 ひょっとしたらここらへんに引っ越しを考えてるのか?  でも、ミツバチが巣を作るのはいいけど、そうするとスズメバチも引き寄せてしまう事になるので・・・それだけは勘弁!
つい最近、ミツバチ不足のニュースも見たんで殺虫剤をかけるのは気が引けるし、ハチさん達、悪いけどどこか他でいい場所を探しておくれ~。

 このところ曇りや雨で過ごし易い気温が続いてるので、犬達はますます元気いっぱいです。 

  ▼ クラフト君、ディープ、セーファ君、へいぞう君。
090605-4 

 
 ▼ こんな凄い顔で激しく遊んでますが・・・

090605-1

090605-2

 ▼ ベッタリ寄り添っちゃったり、セーファ君はディープがお気に入り。一緒にいる事が多いです。 

090605-3

▼ デノ君も訓練頑張ってますよ~

 090605-6

・・・というわけで、レポートしたい事はまだまだ盛りだくさんですが今日はこれにて(^^)/

テーマ:ジャーマンシェパード - ジャンル:ペット

  1. 2009/06/05(金) 21:59:00|
  2. 眉毛小僧ライフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

セーファ君

 5月の初め、しばらくお預かりで訓練を続けていたシェパードのナナちゃん、晴れて卒業しおうちに帰りました\(^▽^)/
そして、ナナちゃんと入れ替わりでセーファ君(▼)が5月から新しく入所しました。
090602-1 ナナちゃんの訓練状況やその後はまた改めてレポートするとして、今日はセーファ君を紹介したいと思います。

 セーファ君は4分の一くらい狼の混じったウルフドッグ。
お父さんはシェパードですが、セーファ君のとんがり三角耳やとんがりマズル、キリリとした鋭い目はお母さんから譲り受けた狼の血を感じさせます。
私自身、狼にはとても興味があり好きな動物ですので
ウルフドッグについて語りたい事は山ほどあるのですが、それはまた後日。。。

 セーファ君、初日は飼い主さんと一緒にグランドに来て
我が家のシェパ軍団とひとしきり遊び、その日から預託開始で飼い主さんのみ帰宅・・・という形でお預かり開始しました。
 初めての場所に自分だけ置いていかれて、ちょっとショックを受けちゃうかな~との心配もありましたが、いざその時になってみると、そんな心配全く無用!でした(笑)。
飼い主さんが姿を消しても、探す素振りをしたのはほんの5分ぐらいであとはケロッとして皆との遊びに戻っておりました。

  
    ▼ 紀州犬の純君と。                         皆で走って気分爽快! ▼

090602-2

090602-4 
 入所後数日間の様子を見る限り、とっても性格が良く人懐こく初対面の人にも愛想を振りまいていて、犬同士の接触も上手に対応しているしいい子ちゃんです。                           

 ・・・が、一番の問題は甘えん坊すぎていわゆる『要求吠え』が激しいこと。

090602-6 ワンワンというはっきりした『吠え』ではなく、ピーピー鼻を鳴らす要求のしかたなのですが・・・。 何か、いったん「構ってぇぇぇ~~~」というモードになると どんどん勝手に興奮してしまうようで、初めは無視して諦めさせる方法を試しましたが放っとくと興奮が高まり続け、終いには「ウォーーーン」という遠吠えに(汗)。
他の子達の世話をする最中も延々鳴き続けられては困りますので、きっちり叱って「静かにしなさい」というのを教えています。 
お預かり訓練を始めてそろそろ一ヶ月になりますが、最近は鳴きたくても、少し我慢ができるようになってきました。

  ▲ ちょうど同世代のシェパード達がいるので、絡み合っての遊びが楽しくて仕方ない様子。 

                  はしゃぎすぎを先輩犬に注意されると、仰向けになってハイ、スイマセン(笑)▼
090602-5
 訓練は例にもれず、基礎の服従訓練から始めてます。
訓練中、いたる所で何かと媚びてくる様子が見られ、元々持っている資質として、とても服従心が強いんだなぁと感じます。
  
  ▼脚側行進の練習は、集中力トレーニング
090602-3  
 物覚えも良く、訓練の進み具合は至って順調です。
脚側歩行、座れ、伏せ、待て、来い・・・の命令を概ね覚えてきているので、これからは少しずつ難易度を上げて
命令に対する反応を更に確実にしていきたいと思います。

セーファ君の訓練、追ってレポートしたいと思います(^^)/ 


090602-7

▲定番の集合写真、気が付けば黒い子ばっかり(笑) 
(クリックで拡大画像見れます)

テーマ:ジャーマンシェパード - ジャンル:ペット

  1. 2009/06/03(水) 23:42:20|
  2. 犬達の訓練状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。