■ 眉 毛 の 秘 密 ■

シェパード親子と暮らす犬訓練士の、気まぐれ日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エド君写真

FCI選考会の写真をTa1さんが撮影して下さったので、エドちゃんの勇姿をアップします(^^)
20170627215050f6c.jpg
行進中の立止からの招呼

2kgダンベル持来
20170627215054b22.jpg
20170627215053287.jpg
以前は競技本番で勢い良く作業をする事ができなかった2kg持来、今回は発進からやる気満々で元気よく持来する事ができました。エド君、えらい!

1m障害持来
20170627215052faa.jpg
体の大きいエドワード君ですが、1m障害は軽々飛べます。
足腰がしっかりしている証拠。

180cm板壁持来
20170627215056c9b.jpg
ちょっと前まで苦手意識のあったこの課目、しっかり決める事ができたのが今回何より嬉しいです。

禁足から防御
201706272151299e2.jpg

遠距離からの奇襲に対する防御
20170627215130d29.jpg
20170627215131e04.jpg
この課題も、エド君が来日した頃はまだまだ下手で、上手に捉えられないことも多々ありました。
日頃の練習で鍛えて下さっているヘルパーさんのお陰で、こんなに上達しましたv

禁足から防御
2017062721513208c.jpg

側面護送
20170627215134661.jpg
これまでの大会では、監視から護送に移る際にソワソワして腰が浮いてしまったり、座らなければならない場面でなかなか座れなかったり・・・と、やや落ち着きを欠いてしまう事が多かったエド君。その辺りも随分と成長しました。
・・・とは言え、直すべき所は沢山あります。
まだまだ伸びしろがある、と前向きに捉えて今後も練習に励んでいきます。

スポンサーサイト
  1. 2017/06/27(火) 22:30:09|
  2. 競技会・練習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

FCI代表選考会2017

今年のFCI選考会が終了しました。
私はエドワード君(Forbes von der Reichen Wiese)と出場。
これまでの大きな大会では三科目揃って成功させることがなかなか出来ず、、、でしたので、今回三科目揃って合格点を取れた事は素直に嬉しいです。
決して高い得点ではないですが、終わってみればなんと8席入賞の大健闘でした(^^)
20170626102224d0c.jpg

会場の霧ヶ峰は標高1500mの高地。
追求会場の牧草の感じ(硬さとか、茂り方とか)が平野部とは違い、そして鹿やキツネ、野ウサギなどの野生動物も沢山います。普段町中に住んでいて、平野部の河川敷などで練習するしかない犬達にとっては未知の世界。
追及科目で完追できず合格点に達しないペアが多い・・・という結果から見ても、それだけ、難しい条件と言えるのではないでしょうか。

私も、高地や牧草地での練習は殆ど出来ない身なので、こちらの会場での追及競技は毎度ハラハラものです(^^;)
とにかく最後まで完追、それだけを考えながらリードの端を握っています。
今回のエド君は第一屈折と第二屈折の所で大きく迷ってしまいましたが、自力でコースに復帰。物品の指示はとても明確な正しい動作で減点はありませんでした。

服従はダンベルの3つの課題をしっかり成功させること、そこに的を絞って練習してきました。
昨年の選考会の時点ではダンベル作業への苦手意識がまだ残っていて、補助の声符が必要になってしまいました。しかし今回は、3つとも成功!
なんと、2kgダンベル持来と板壁持来でSG評価を頂くことが出来ました(^^)
エド君自身も上手く出来た、成功した、という実感が強かったようで、嬉しくなって前進〜伏臥の後ご褒美の『ミカンちゃん』を探しに動いてしまう、、、というオチがありましたが(笑)。そこはまた、次回の課題ですね。

防衛の一番の課題は最初のパトロールを成功させること、、、だったんですが、残念ながらこの目標は達成できず。
ここ最近のエド君はとても調子が良く、パトロールの課題失敗なくこなしていました。公開練習でもパトロールを二回行い、二回とも成功。それでも油断禁物!と自分なりにしっかり呼び込んだのですが、勝手にさせないぞという気持ちが先走ってしまい、ほんの僅か、呼びのタイミングが早くなってしまいました。
ほんとに一瞬、0.1秒でも、狂えば犬との呼吸がズレてしまい、ミスにつながってしまうのです。
そして最終課題の遠距離咬捕はこの日の為に来て下さったパトリックさんが防衛ヘルパー。
じーっと沈黙したまま犬に向かい、犬が踏み切る寸前で声を発して威圧するというスタイルで、しかも190cm?の長身。朝一番のヘルパーテストでデモを行った犬も、怯んで捉え損ねたように見えました。、、、なのでエド君には、とにかく「自信持って行け!」という気持ちで送り出しました。
前後動作の減点があり高い評価は貰えませんでしたが、しっかり捉えてスッキリ放す、が成功し一安心でした。


今大会、見事優勝したのはLG東京の堀内先生&バルド!
バルド君はこんどの秋で10歳になるそうですが、迫力満点な防衛作業は全く年齢を感じさせず素晴らしかったです。
そして三席に入った勝永さん&バンブルビー、6席の四家さん&ファラダ、7席が堀内先生とカンツ。
エド君が8席ですから、なんと上位10席のうち5頭がLG東京です!
WUSV選考会の方でも三谷さん&ゲルトと高村さん&アレックスのペアが代表入りを決め、躍進めざましいLG東京。
メンバーそれぞれの強い意志(犬の為に時間的、肉体的、金銭的な労力を惜しまない)と、意識の高さ(良い犬・良い作業を求め続ける探究心)の証明であると思います。
頼もしい仲間と支え合いながら訓練を楽しむことができていることに、感謝です。
  1. 2017/06/26(月) 11:20:06|
  2. 競技会・練習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

訓練近況

Img_0065edward.jpg
慌ただしい年末年始も一段落し、関東では晴天続きの最も訓練に適した季節となりました。
この時期は、犬達の訓練・管理も暑さによるダメージを心配せずに済むので練習がはかどります(^^)

IPO専攻のEdward君は年末年始にも九州遠征をしてみっちりと追及訓練をし、今は服従面の強化中。
今までよりももっと、より一層顔を上げて、気持ちの面でも更に前向きな姿勢になるよう日々鍛えています。
防衛のパトロールは特に流れに乗ると命令が聞こえなくなる傾向にあるので、ここのところの服従強化は必須。
ここ最近の服従強化の練習をすることにより、なかなかコントロールの効きずらかった防衛中の服従も良くなってきて効果が出てきているので、服従強化はまだまだ続けていきます。

若者グループの伊桜ちゃんとディーナちゃんも、エド君の練習に便乗して年末年始は追及のお勉強をたっぷりしてきました。
二頭ともとても意欲が高く、訓練なら何でも大好き!なので助かります。
服従、防衛もジワリジワリと進めていますが、、、つい最近、伊桜ちゃんに新たな問題が浮上。
防衛で片袖に向かう、犬の勢いとスピードがあり過ぎる。。。
今はまだ若い犬用のフカフカの片袖なので良いのですが、将来的にハードな成犬用の片袖に変わった時にマズイんではないか・・・と、担当して下さってるヘルパーさんとそんな話になり。今後の練習方法を模索中であります。

12月からアイリッシュテリアのアインちゃんも仲間入りして、シェパード達に混じってお勉強中。
とても意欲の高い子で、遊びも訓練も、食べることも大好き!
そして、感心するのがテリアという狩猟犬の気質をとても明確に、強く持ち合わせているということ。
根っこの気質の弱い犬種ではIPOの防衛は難しい・・・と、よく言われますが、アインちゃんは体は小さくても、気持ちの強さは素晴らしいものがあります。
この素敵な才能を消してしまわないように、基礎の部分からじっくりと・・・という感じでまだ始まったばかりですが、良い所を良い形で出させてあげたいと思います(^^)

本日の写真はEdward君、四国・高知県の海辺での朝日です。
  1. 2017/01/31(火) 21:05:53|
  2. 眉毛小僧ライフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016D-1in福岡【3】

D-1競技会、日曜日はオビディエンスの部と防衛作業。
眉毛チームからは、防衛には単科目=SPr3のウルル君と、IPO3総合のEdward君が出場しました。

まずは単科目のウルル君から。
30653604943_99e18ef0d0_z.jpg広い会場での興奮と、慣れない場所でのドキドキが合わさって、パトロールが挙動不審。
禁足咆哮も前半がやや不安定でした。
31346477471_02e162e119_b.jpgその後の、逃走阻止や攻撃に対する防御など、捕らえることと放すことは練習通りでしたが、服従を求められる場面で余計な声符が必要になることが多くなってしまいました。
31346479021_5fbcd409a8_b.jpg
TSBは毎度a評価を頂いておりますが、もっとどっしりした根っこの強さを鍛える必要あり。
背面護送からの奇襲や、遠距離での攻撃に対する防御はとても良いので、びしっと決められるようにしたいな~。
30653603333_22764202a3_b.jpg
31424661566_b5a190b19f_b.jpg


30653629583_9fcb2e3613_b (1)Edward君の防衛、エド君はパトロールで2番と4番を一度に回ってしまう癖があり、その辺を念入りに練習したつもりなのですが、今回もやっぱり一緒に回ってしまいました↘
ココを徹底的に直すのが直近の課題。

禁足咆哮と監視の咆哮の時にだんだん近くなって顎が片袖に触れてしまう所は、ヘルパーさんと相談の上、とりあえず今大会まではそのまま修正せずにいこう…と決めてたので、これは想定内。

側面護送での服従が乱れてしまい、良くなかったので、ココも帰宅後から早速、これまでより厳しく練習しています。
背面護送からの奇襲に対する防御が苦手で、以前は極端にブレーキをかけてしまっていましたが、今回はスムーズに片袖を捕らえることが出来ました。更に力強く捕らえられるよう、今後も強化したいです。
30653630513_fb2ce172cb_b.jpg30653634313_9092e066cc_b.jpg
今年の6月に行われたFCIの代表選考会の時から半年経ちますが、当時はパトロール後の禁足でも集中しきれなかったりしていたので、ずいぶん成長したと思います。
日々の練習でお世話になっているヘルパーさんや、協力して下さってる練習仲間達に感謝!
30653630283_2d0895ba72_b.jpg
30653633723_769aac3dbc_b.jpg


たくさん良い写真を撮って下さったTa1さん、いつもありがとうございます。今回も使わせていただきましたv
そして大会進行の要の運営スタッフの皆様、ヘルパー要員の方々、事前準備から当日の進行まで様々な場面で重要な任務を果たして下さったLG九州メンバーさん、大変お疲れ様でした。
D-1は毎年、運営と競技者が一体となって大会を作り上げている感じがとても素敵で、終わった後の後味も良く、素晴らしい大会だと思います。
気持ちの良い大会を、ありがとうございました(*^^*)

▼本日の動画はウルル君の防衛です。

<2016D-1レポート、おしまい>
  1. 2016/12/16(金) 23:30:52|
  2. 競技会・練習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016D-1in福岡【2】

IPO3の追及が終わったら、メイン会場へ戻って服従作業。
うちのスクールからはUPr1の伊桜ちゃん、UPr3のウルル君、IPO3のEdward君3頭です。

31458207885_bb923d2e2a_b.jpg   レベル1の伊桜ちゃんは、服従も追及同様にまだ粗削り状態・・・というか未完成な部分もあって、1声符でびしっと決まらないところがちらほら。
とにかく元気いっぱいで、ピチピチの鮮度抜群(?)な感じだけはダントツだったのではないかと(笑)。

ダンベル持来の課題3つが特に、まだまだ完成には程遠いのを承知で出したので減点箇所がたくさん。
1m障害を近めから発進したら、帰りのジャンプからの着地で勢い余って指導手を通り過ぎてしまいました。・・・が、自発的に指導手の正面にちゃんと戻ってダンベルを差し出した伊桜ちゃん。受け渡しは正面で、というのがちゃんと分かってる。賢い子!
前半の作業はそこそこイイ感じに出来たと思いますが、脚側行進が、今のまま(=たびたび指導手にぶつかる)では、IPO3になってからかなり大きく減点されるとのことなので、改善していきたいと思います。
31458210965_8089e98bdb_z.jpg30649954433_784f62dcb6_b.jpg 31342531501_56470245a9_z.jpg
31087279140_2a659b9364_b.jpg


30649972653_d61255d9d6_z.jpg3歳半のウルル君は何度か本番の競技を経験していますが・・・ちょっぴり肝っ玉が小さい所があるので、今までは本番の雰囲気にのまれてしまう事が多々ありました。しかし、今回は頑張りました!
31312380172_f48b2bac6c_b.jpgようやく本番のステージに少し慣れてきたのか?

・・・ただし、慣れてきたことで緩みが出た部分も。
ダンベル持来が大好きなウルル君ですが、ダンベルを咥えると嬉しくなって、つい一瞬、自分の世界に入ってしまうんです。
競技チャレンジ初期の頃は、「とったどー!!」とでも叫んでるかのようにものすごいオーバーラン(ウィニングラン?)してしまっていた彼。
それを逐一、「余計に走るんじゃない!拾ったら真っ直ぐ戻って来なさい!」と直してきた経緯があるのです。
随分マシにはなりましたが、今回は浮かれ調子になった分、拾い上げの後一瞬遊んでしまった模様。
緩んだネジは、また締め直さないといけないですね~。
▼一瞬のお遊びモードが、Ta1さんカメラに激写されてました(笑)
31312382462_419d2c3116_b.jpg30649976723_ce4274ac91_b.jpg
▼真面目に持来したら、スピードもあるし、カッコイイのに~。
31312381722_e7829af878_b.jpg


総合のEdward君は出場順が最終グループとなり、だいぶ日も傾いた時間に服従作業となりました。
31458287915_0170fd3f05_b.jpg脚側行進の途中、場外の犬の吠え声で「防衛?」と勘違いしてしまい、休止のテントの方をかなり気にしてしまいました。
なかなか気持ちを服従作業に復帰させることができず、行進中の停座が失敗。
しかし、次の伏臥~招呼で気持ちが戻り、速歩中の立止はとてもきれいにピタッと止まることができました。

2kgダンベル持来の作業があまり得意ではないので心配していましたが、練習の成果が見られ、1声符でちゃんと作業をこなしてくれました。
練習では帰路も走って戻ってくるので、気持ちの部分がもう少し改善できれば良い作業になると思います。

板壁障害の帰路を飛ばなかったことと、前進からの伏臥で余分な声符があったことが大きな減点になってしまったので、確実に成功させられるようにしていきたいと思います。
Edward君はとても落ち着きのある犬で、服従作業でも無駄に興奮したりしないのが彼の良い所。
長所を活かした訓練で、レベルアップを目指します。
31458288995_f721ecf2c6_b.jpg31421181996_305f64dc93_b.jpg
31421180476_c303c098e3_b.jpg 


IPOの訓練、特に服従は、第三者の関わらない犬とハンドラーだけの舞台。
ここで真剣に、持てる力を全て出せるようになることは、お互いを深く理解し合ってなければ成し得ません。
阿吽の呼吸で目指す演技が披露できた時、自然と結果は付いてくる・・・そんな競技種目だと思います。
もっと確実に、もっと早く、もっと力強く、もっと魅力的に、、、どこまでも求め続けても終わりが無い。でも、だからこそ面白い(^^)
服従訓練にハマると、IPOは犬も人も心から楽しめるドッグスポーツだな~と実感します。

▼本日の動画は伊桜ちゃんのUPr1です。


<つづく>
  1. 2016/12/14(水) 23:55:41|
  2. 眉毛小僧ライフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

D-1 2016in福岡【1】

今年も行ってきました、年に一度のドッグスポーツの祭典・D-1アジアチャンピオンシップ。

開催地が九州ということで、関東からは約1000kmの道のりですけど、九州の会場はとにかく環境が良い!
広さが十分な、真っ平らな整った河川敷がメインの会場で、そこから車で10分とかからない範囲に追及会場。
メイン会場の土手を越えたところ(徒歩圏内)にホテルも。
大会2日目の日曜日は時々雨も降ってきましたが、駐車場もちゃんとアスファルトなので安心でした(^^)
(関東の河川敷会場の駐車スペースは雨が降るとぬかるんでしまう所が多く、たびたびJAFが来てるのを見かけます・・・。)


初日の追及、IPO1の追及単科目(FPr1)にエントリーしていた伊桜ちゃん。
出場順の抽選で、なんと一番を引いてしまいました。
IPO1の追及会場はメイン会場から徒歩10分ぐらいの場所で、まだ日の出前の薄暗い中を出番の早いグループの皆さんと移動。
伊桜ちゃんは一番でしたので、明るくなると同時に印跡開始。
30613226744_727a7dae3d_z.jpg
朝露で犬が全身ビショビショになりながらの追及でしたが、大きな乱れも無く最後まで完追できました。
まだまだ荒削り状態の伊桜ちゃん、全体的に元気良すぎでガツガツしている部分がマイナス点になりましたが、92点を貰えました。
終わってからも、当然もう一本あるわよね?と、やる気満々なのでした(^^;)


追及はもう1頭、IPO3総合でエントリーしたEdward君の出番があるのでIPO3の追及会場へ移動。
IPO3の追及会場はいろんな種類の草が混ざって生えていて、草丈の短い所と長い所が入り乱れている場所。
草の長い所は膝上まであるとのこと、ズボンが濡れてしまうのは困るので雨合羽をはいて装備万端で臨みました。
31435080725_8f2ee309fa_z.jpg
この大会に向けて、いろんな条件や難しいコンディションでもとにかく完追できるようにと練習を重ねてきたEdward君。
スタートからとても慎重で落ち着いた作業、草丈が長くても短くてもそれに惑わされずに安定した追跡をしてくれました。
コーナーを曲がってからやや速度が速くなることがあったのと、コーナーでの僅かな旋回がありましたが、全体的に信頼できる良い作業。94点をいただくことができました(^^)

▼Edward君の追及作業


<つづく>
  1. 2016/12/13(火) 01:47:41|
  2. 眉毛小僧ライフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LG東京サマーセミナー

2016-08-21.jpg
シュッツフントクラブLG東京の2016年サマーセミナーを開催、無事に終了しました。

SV審査員の益田先生をお招きし、IPO規定書に沿いながら、課目以外の冒頭の部分から丁寧に解説していただきました。
IPOの過去、現在、そして今後どうなってゆくかというお話や、規定書だけでは分からない審査基準の細かいところなどなど・・・昼休憩を挟んで午前・午後と、たっぷり時間をとったつもりでしたが、それでも少し時間をオーバーしてしまいました。

参加者の方々も、皆さん熱心にIPOに取り組んでいる方ばかり。
実際に犬を作ってみて、何度も競技に出てみて、その経験があるからこその質問・疑問は他の指導手の皆さんも感じるところなので、参加者それぞれの質疑応答も勉強になります。

犬の訓練は、ただ単純に課目を表面だけなぞる練習ばかりを繰り返しても、良くなりません。
(決められたコースを毎日ただ歩くだけの練習をいくら繰り返しても、『脚側行進』は良くならない・・・といったように。)
人間も同じで、ただ単純に規定書を読んで科目と点数を覚えるだけでは、指導手としての成長は無いと思います。
規定を深く理解する=審査員の着眼点を学び、犬の何を見る為にその作業が課せられているのかを理解する。
そういう勉強をしなければ、良くなっていくことは出来ないと思います。

シェパード犬においては、繁殖の面でもIPO訓練はとても重要です。
私も繁殖をしていますが、IPO訓練の各課題は犬の能力を測る“ものさし”だと思っています。
シェパード犬繁殖者として、良い犬の作出を目指すならばIPOは絶対に学ぶべきです。

今回セミナーに参加した皆さん(私自身も含め)、最新情報満載の益田先生ならではの貴重なお話を聞けたことで、指導手として、また一歩成長することが出来たのではないでしょうか?

サマーセミナーということで、夏真っ盛りの埼玉はとても暑かったですが、、、台風にブチ当たらなくて良かったです(^^;)
講師も受講者も犬達も、暑さにヘトヘトになりながら・・・ではありましたが、無事終了することができ
皆さんお疲れ様でした&ありがとうございましたm(_ _)m
講師の益田先生、大変有意義な時間をありがとうございました(*^_^*)

  1. 2016/08/23(火) 01:16:11|
  2. 研究室
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LG東京メンバー大活躍

アレパパさんが、写真をLG東京メンバーの分も撮って下さったので掲載します。

▼まずは代表決定のバンちゃん。
D4s_7676.jpg
バンちゃんの良い所は、指導手との関係が良く服従のパートがとてもきれいに出来ているところ。
D4s_7700.jpg
D4s_7711.jpg

▼6席で補欠のファラダちゃん。
D4s_8094.jpgD4s_8079.jpg
D4s_8111.jpgファラダちゃん、女の子でも阻止力のある追捕! カッコ良かったです(^^)
D4s_8117.jpg
D4s_8149.jpg









D4s_8161.jpg














遠距離でもしがみついて、絶対放すもんか~!と、気合十分。
D4s_8170.jpg

▼今大会、防衛ベストのアレックス君。
D4s_6152.jpgD4s_6161.jpg
捕らえてからヤメの命令まで、ガチッとしたグリップが少しも緩むことなく維持できる・・・これがとても難しいのです。
D4s_6183.jpg
防衛ベスト、アレ君の遠距離。 
D4s_6216.jpg
D4s_6218.jpg

▼ラストは堀内先生とバルド号!
D4s_6625.jpg
D4s_6621.jpg
迫力ある、観衆を惹きつける防衛作業素晴らしかったです!
D4s_6567.jpg
D4s_6584.jpg

さて、今週はFCIの選考会。
私もこれから出発します。


  1. 2016/06/23(木) 00:00:02|
  2. 競技会・練習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。